ITセレクト powered by 発注ナビ

給与計算システム

給与計算システムは、従業員の給与計算を正確かつ効率的に行うためのIT製品です。基本給、残業手当、控除、税金などの要素を自動で計算し、給与明細を生成します。法令順守をサポートし、最新の税法や労働基準法にも対応します。手作業によるミスを減少し、作業時間や手間を節約できます。さらに、給与関連のデータを一元管理し、従業員の給与情報へのアクセスを容易にします。これにより、人事業務を効率化し、従業員満足度を向上させます。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

給与計算の悩みを解決するシステム選びと効果的な運用法

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

給与計算はとても煩雑で労力がかかる業務です。しかも誤りがあってはなりません。従業員の信頼を損ない、企業イメージにも影響を及ぼす可能性があります。給与計算システムは、そのような課題を抱える人事部門の業務負担を大きく軽減できる有効な解決策となるでしょう。本記事では、給与計算システムの選び方から導入プロセス、効果的な運用方法までを網羅的に解説します。精確な給与計算を通じて従業員の満足度を高め、人事業務の効率化を実現したい担当者の方は、ぜひご一読ください。

何から検討すればいいのか分からない、誰に相談したらよいのか分からない……

ITセレクトのコンシェルジュにぜひ相談ください! 貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリの製品をご紹介します。

⇒簡単入力で無料相談する

給与計算システムの基礎知識

給与計算の効率化と正確性向上は、企業の人事・労務管理における重要な課題です。その解決策として多くの企業はデジタル化で導入が進んでいるIT製品が用いられているのがされているのが給与計算システムです。本記事では、その基本概念から選定方法、導入プロセス、そして運用方法までを詳しく解説します。

給与計算システムとは何か?

給与計算システムは、給与の計算、支払い、各種税金の計算、各種報告書作成など、人事・給与業務の効率化を図るITツールです。

給与計算システムの主な機能

基本機能として以下の機能を備えます。

  • 社員の基本情報管理
  • 給与計算
  • 源泉徴収票の作成

また、「労働時間の管理」や「有給休暇の管理」など、より高度な機能を持つ製品も多く存在します。

給与計算システム導入のメリット

給与計算システムの導入により、例えば以下のメリット、ビジネス成果が期待できます。

  • 給与計算の効率化と誤りの削減
  • 人事業務の負担軽減
  • コンプライアンスの強化

給与計算システムの選定方法

給与計算システムの選定基準

給与計算システムを選定する際には、システムの機能、価格、サポート体制、導入実績などを基準に考えます。

給与計算システムの機能比較

市場には多数の給与計算システムが存在します。各システムの特徴を理解し、自社のニーズに適するものを選ぶことが重要です。

例えば、多くの企業導入シーンで比較検討要件に挙がる機能は以下の通りです。

  1. 自動給与計算機能
  2. 法定控除の自動適用
  3. 給与明細の電子配付
  4. 勤怠管理機能の統合
  5. レポーティングと分析ツール

1.自動給与計算機能

自動給与計算機能は、給与計算システムの最も基本的かつ重要な機能です。従業員の勤怠データや契約条件に基づき、自動で給与を計算します。この機能により、手計算時の人的ミス(ヒューマンエラー)を削減し、計算の正確性を保つことができます。また、計算プロセスの効率化により、人事部門の業務負荷を大きく軽減します。

2.法定控除の自動適用

税法や社会保険料の計算ルールは複雑で、頻繁に変更されることがあります。これらの法定控除の最新の規定に基づいて給与計算システム自体が自動適用してくれることで、常に法令順守体制を保ちながら給与計算を行うことができます。

クラウド型製品はオンラインで機能を提供するため、この「法改正対応アップデート」を特長に据える製品が多いです。

3.給与明細の電子配布

給与明細の電子配布機能により、紙の明細書を印刷、配布する手間とコストを削減できます。また従業員へいつでもオンラインで自分の給与明細を確認できる体制も提供できます。透明性と利便性を高める目的に重要となる機能です。

4.勤怠管理機能の統合

給与計算には正確な勤怠データが不可欠です。勤怠管理機能が給与計算システムに統合されていること、あるいは「勤怠管理システムシフト管理システムERP(基幹システム)と給与計算システムをシームレスに連携する」システム構築が必要となります。これによって、勤怠データの入力、管理、給与計算までのプロセスがスムーズになり、データの一貫性が保たれます。

おすすめ参考記事:勤怠管理システムを選ぶポイントは? おすすめ39製品をタイプ別に比較
おすすめ参考記事:シフト管理システムの主な機能とメリット・デメリット|無料で始められるおすすめ製品4選
おすすめ参考記事:ERPとは? 導入メリット・デメリットと選定方法 おすすめERP製品15選

5.レポーティングと分析ツール

レポーティング機能は、給与支払いの概要、従業員別の給与分析、コスト分析などを自動化し、報告書や資料作成の行程を支援する機能です。これにより、企業、管理者が給与支払いに関する洞察を得て、経営戦略の立案や予算計画の策定に活用できます。

これら5つは、効率性、正確性、法令順守、透明性、戦略的洞察の観点で重要です。給与計算システムの選定においては、それぞれの製品で「自社に合うかどうか」の視点とともに比較検討してほしい機能です。

給与計算システム選定時の注意点

システム選定時には、自社の業務フローに合ったシステムを選ぶこと、将来的な業務拡大や変化に対応できる柔軟性を持つシステムを選ぶことなどが重要です。

特に前述した5つは、効率性、正確性、法令順守、透明性、戦略的洞察の観点から、給与計算システムの選定において特に重視してそれぞれの製品で比較検討しておくべき機能となるでしょう。

給与計算システムの導入プロセス

1.導入前の準備と計画

導入前には、現行の給与計算業務の見直しや、導入に向けたプロジェクトチームの結成、スケジュール作成などが必要です。

2.導入プロジェクトの実行と管理

導入プロジェクトでは、システムの設定、データ移行、運用テストが主なタスクになります。ユーザー研修なども忘れずに計画してしましょう。

導入後の運用とサポート

導入後には、運用開始に向けた最終調整、定期的なシステムのメンテナンス、サポート体制の確保などが課題になります。

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

「おすすめ製品をサクッと紹介してほしい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフにおまかせください。ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

給与計算システム導入後の効果的な運用方法

給与計算システムの日常的な管理

システムの日常的な管理には、適切なデータ入力、定期的なデータバックアップ、システムの最新化などが必要です。

従業員や経営層へのレポーティング

システムで得られるデータを活用し、従業員や経営層への報告フローを効率化します。これにより、労働状況の把握や経営判断の材料にすることができます

システム更新とセキュリティ対策

システムの更新は、新たな機能の追加やセキュリティ強化のために不可欠です。また、給与情報は個人のプライバシーに関わるデータであるため、セキュリティ対策も重要なポイントとなります。

定期的なシステムのアップデートや、アクセス権限の管理、データの暗号化などを行うことで、データの安全性を確保します。

給与計算システムの導入を「企業全体の人事・経営管理体制強化」の大きな一歩に

以上、給与計算システムの基本知識から選定方法、導入プロセス、そして運用方法に至るまでを詳しく解説しました。給与計算システムの導入は、単に効率的な給与計算を実現するだけではなく、自社全体の人事・経営管理を強化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する大きな一歩になります。効率的かつ正確な給与計算業務を実現することで、従業員の満足度向上や企業の競争力強化にも貢献できるでしょう。適切なシステム選定から丁寧な導入プロセス、そして効果的な運用管理まで、各ステップを慎重に進めることが、システム導入の成功につながります。給与計算システムの導入を検討する際に、この記事が一助となれば幸いです。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。