ITセレクト powered by 発注ナビ

タレントマネジメント

タレントマネジメントシステムは、従業員の能力を最適に活用するためのIT製品。採用、教育、評価、研修、キャリア開発など、人材のライフサイクル全体を管理・最適化します。これにより、個々のスキルや業績を把握し、適切な配置や育成計画を策定することができます。効果的な人材管理を通じて、従業員のエンゲージメントと生産性を向上させ、企業の競争力を強化します。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

タレントマネジメントシステムとは? 主な機能と導入メリットを徹底解説!

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

社員数がある程度以上の企業では、一人ひとりの強みやスキルを把握し、活躍を支援するのが難しくなります。その解決策として注目が集まっているのが「タレントマネジメントシステム」です。

タレントマネジメントシステムを導入すれば、企業は人材の育成や管理を効果的かつ効率的に行えます。本記事では、タレントマネジメントシステムの定義、基本機能、導入のメリットを徹底解説。あなたの会社に最適なシステム選びをお手伝いします。

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステム(TMS)は、企業が従業員の採用管理、人材マネジメント、育成、評価、維持を効率的に行うためのツールです。頭文字からTMSと呼ばれることもあります。タレントマネジメントシステムは、企業が人材を最大限に活用し、組織の目標を達成するために欠かせません。ここでは、その定義と概要、人材評価とスキル管理を行うための各種機能、企業にとっての導入メリットについて説明します。

定義と概要

タレントマネジメントシステムは、従業員のスキル、パフォーマンス、キャリア成長を効果的に管理・最適化する統合ソフトウェアです。競争が激しい現代のビジネス環境では、人材管理が企業の成功を左右します。企業はTMSの利用で、人事情報を一元化し、評価や育成の計画を実施して、全社的な生産性と競争力を高めることができます。実際、大企業の多くはタレントマネジメントシステムを使ってスキルマップや評価システムを構築し、適材適所の配置を実現しています。

タレントマネジメントシステムは、従業員のパフォーマンスを最大化し、生産性と競争力を向上させるのに役立ちます。データ分析を通じて従業員の強みや弱みを明確にし、効果的な研修プログラムやキャリアパスを提案することで、従業員のモチベーションを高め、離職防止を図ることにもつながります。

多言語対応やカスタマイズ性がある製品を選べば、企業ごとに異なるニーズにも柔軟に対応できます。経営層や人事部門は従業員の業務進ちょく状況や成果の情報を確認し、スピーディーかつ的確に意思決定を行えます。

タレントマネジメントシステムの基本機能

タレントマネジメントシステムには、企業の人材を効果的に管理するための多様な機能を備えています。ここからは、主要な機能とその効果について詳しく説明します。

スキル管理とパフォーマンス評価

タレントマネジメントシステムの基本機能として挙げられるのが「スキル評価」と「パフォーマンス評価」です。

スキル管理機能は、社員の保有スキルを可視化することで、適材適所の人材配置に役立ちます。これにより、個々の社員が持つ強みを最大限に活用できます。

パフォーマンス評価機能は、社員の成果を定量的に測定し、質の高いフィードバックを提供します。これにより、社員一人ひとりの成長とキャリア開発を促進します。評価業務の効率化により、評価制度の公平性が向上し、従業員満足度が高まります。

中には、AIを活用した分析機能や360度評価機能などにより、より客観的かつ公平な評価が実現することを掲げるサービスもあります。タレントマネジメントに求めることのレベル感に応じて、最適なシステムを選びましょう。

リクルーティングとオンボーディング

タレントマネジメントシステムによっては、リクルーティング(採用管理)やオンボーディング(人材定着支援)のための機能を備えているものもあります。

リクルーティング機能は、優秀な人材の採用を支援する機能です。具体的には、応募者情報を一元管理することで効率的な人材採用を実現します。

一方、オンボーディング機能は、新入社員のスムーズな組織適応をサポートするものです。これにより、新しい従業員が早期に戦力化し、企業のパフォーマンス向上に貢献できます。

後継者計画とキャリアパスの管理

また、ツールによっては経営者の後継者計画や、従業員のキャリアパス管理を支援するタレントアナリティクス機能を持つものもあります。

タレントアナリティクス機能は、将来的なリーダーシップの確保と従業員のモチベーション向上に役立ちます。この機能を上手に使えば、従業員のデータを基にした戦略的な人材マネジメントが可能になり、企業は長期的な成長性と安定性を確保できます。

導入のメリット

タレントマネジメントシステムの導入には多くのメリットがあります。例えば、適材適所の配置が可能になり、社員のパフォーマンスが向上し、離職率の低減につながります。TMSを活用すると、社員の能力やスキル、過去の業務履歴を一元管理できるため、適切な人材を適切なポジションに配置できます。

さらに、組織全体の生産性と効率性を高めることができます。特に大企業では、一人ひとりの従業員の情報を手作業で管理するのは時間と手間がかかりますが、TMSを導入することでその手間を大幅に削減し、迅速で正確な人材管理が実現できます。

タレントマネジメントシステム選定前の準備

タレントマネジメントシステムの選定は、組織における人材管理の向上と効率化を図る上で重要なステップです。導入前にはしっかりとした準備が必要です。ここでは、導入前に取り組むべき主要な準備作業について解説します。

組織のニーズの特定

組織のニーズを正確に理解することは、タレントマネジメントを行う効果を最大化するための第一歩です。ニーズに合ったシステムを選ぶことで、効率的かつ効果的にタレントマネジメントシステムを運用できます。例えば、営業チームのパフォーマンス向上を目指す組織では、スキル管理やパフォーマンス評価の機能が重要です。一方、技術チームの成長を重視する組織では、学習と開発の機能が求められます。

利害関係者の合意形成

利害関係者の合意形成は、システム導入プロジェクトの成功に不可欠です。スムーズな導入に向けては、組織内の異なる部門や階層が一体となって目標を目指すことが求められます。例えば、人事部門とIT部門がタレントマネジメントシステムの導入について異なる期待を持っている場合、これらを調整して共通の目標を設定することが重要です。

必要なオプションの選択

タレントマネジメントシステムは多種多様な製品があり、企業ごとに異なるニーズに応じた選択が必要です。ここでは、クラウドサービスとオンプレミス(社内設置型)システムの比較、カスタマイズ性、導入後のサポートと研修といった評価ポイントについて解説します。

クラウド型の製品は初期費用が抑えられ、従業員の増減や企業ニーズの変化に合わせてプランを拡張・縮小できるスケーラビリティを持つのが特徴です。一方、オンプレミス型製品は社内に設置したサーバでシステムを運用するため、データセキュリティとカスタマイズのしやすさに優れています。ニーズに応じて適切なシステムを選びましょう。

選定プロセスと導入のポイント

ここからは、タレントマネジメントシステム選びを成功させるための主要なポイントについて解説します。

導入前には、タレントマネジメントの目的や必要な情報を明確にし、システム選定の際に適切な判断を下すための基準を設定することが重要です。例えば、エンジニア向けやオープンソースソフトウェアの製品を検討する場合、それぞれのメリットとデメリットを十分に理解した上で選定することが求められます。

価格と投資対効果の評価

タレントマネジメントシステムの導入前には価格とROI(投資対効果)の評価が重要です。コストを事前に把握し、システムがもたらす利益を明確にすることで、投資の有効性を確保できます。料金プランやシミュレーションを行い、詳細な料金とコスト効果を検討することも重要です。

無料トライアルとデモの活用

無料トライアルやデモ版を活用し、システムの使い勝手を確認することが重要です。これにより、システムが自社に適しているかどうかを客観的に評価できます。例えば、タレントマネジメントシステムの分析機能やワークフローの操作性をテストすることで、業務への適合性を確認できます。

利用企業のレビューや評価の確認

他社のレビューや評価は製品選定に当たって重要な参考情報になります。実際に利用している企業からの口コミやフィードバックを基に、製品の性能やサポート体制を確認しましょう。

何から検討すればいいのか分からない、誰に相談したらよいのか分からない……

ITセレクトのコンシェルジュにぜひ相談ください! 貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリの製品をご紹介します。

⇒簡単入力で無料相談する

タレントマネジメントシステム導入後の成功の鍵

タレントマネジメントシステムの導入を成功させるためには、導入後の正しい運用と継続的な改善も必要です。ここからは、導入後の成功の鍵となるポイントについて解説します。

従業員の関与とトレーニング

従業員の関与と適切なトレーニングは、新たに導入するIT製品/ITシステムの効果を最大化するために重要です。実際に利用する従業員がシステムの使い方を理解し、スムーズに運用できるように研修を実施しましょう。タレントマネジメントにおいては、従業員がHR戦略に沿った運用を行うことで、一人ひとりのエンゲージメントが高まり、人材育成が促進されます。

目標の設定とフィードバック

目標設定はタレントマネジメントシステムの基本機能の一部で、効果的な目標管理とパフォーマンス評価を実現します。目標を明確に設定し、定期的なフィードバックを通じて従業員の業績を評価しましょう。これにより、従業員のパフォーマンスを最大化し、組織全体の生産性向上に貢献できます。

組織文化との適合性

タレントマネジメントシステムは自社の組織文化とマッチしていることが重要です。システムが組織の価値観や行動規範と一致することで、従業員が自然にシステムを使いこなせるようになります。

柔軟性と将来の成長に対する準備

タレントマネジメントシステムの導入はその場限りではいけません。企業の将来の成長に対する準備が整っていることも重要です。変化する業界動向に迅速に対応することで、企業の競争力を維持できます。

タレントマネジメントシステムの選び方は「自社の組織文化」を深く考慮して検討を

タレントマネジメントシステムは企業の人材管理を効率化するために必要不可欠といえるIT製品です。システムを選定する際には、まず自社、組織のニーズを明確にし、利害関係者全員の合意を形成することが重要です。さらに、TMS製品ごとに異なるさまざまなオプションを評価し、自社の要件を最もよく満たすシステムを見極めましょう。

自社に最適なTMSを見つけるために、無料トライアルやデモを活用し、実際の使用感を確認しましょう。これにより、操作性や機能の適性を実際の業務シナリオでテストすることができます。また、他企業のレビューや評価を参考にすることで、選定の際のリスクを軽減しやすくなります。

タレントマネジメントシステムの選定ポイントとして、サービス名や評判、導入事例、月額料金、問い合わせ方法なども確認しておくとよいでしょう。例えば、カオナビ、CYDAS、ミイダス、ジンジャー、SAP、COMPANYなどのサービスがあり、それぞれに特徴やメリットがあります。これらの情報を基に、自社に最適なシステムを選定し、長期的な成功を目指しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「どんな製品があるのかを知りたい」「どう選べばいいのか分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。