ITセレクト powered by 発注ナビ

クラウド型「シフト管理システム」の効果と選定方法|無料で始められるシフト管理システム3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

従業員の出勤日や勤務時間を管理する「シフト管理」は、業務・営業を滞りなく進めるために必要不可欠な行程です。しかし従業員ごとに予定を確認し、細かい調整をする必要があるため、現場ではかなりの時間と労力を強いられがちです。

本記事では、そんな問題を解決するIT製品「シフト管理システム」の基礎と効果、まずは“無料”で始められるお勧め製品をご紹介します。シフト管理に時間や労力が取られている人や、シフト管理システムの導入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

シフト管理システムの基礎知識

まずは、シフト管理システムの基本的な内容と、従来の管理方法の課題について説明します。

シフト管理の基本と重要性

「シフト管理システム」は、従業員の出勤日や勤務時間の割り当て/スケジュール化を軸に、その追跡、調整、管理する、いわゆる「シフト組み」に目的に特化した機能を持ちます。

IT製品の中には「勤怠管理システム」と呼ばれ、勤怠管理の1つである「シフト」の機能も包括されるものもあります。勤怠管理システムは従業員の出勤時間、退勤時間、休憩時間などの実際の勤務状況「全般」を記録し、管理する製品群です。

どちらも従業員の労働時間を追跡し、組織の人的資源を管理するという点では共通していますが、あえて分けるとシフト管理システムは、正社員、アルバイト、パートなど、多様な働き方、雇用体系、勤務体系の従業員がいる企業や業種における「効率的なシフト管理」にフォーカスし、機能を絞ったものと理解するとよいでしょう。

シフト管理システムは主に以下の機能を備えます。

  • シフトの自動作成
  • 従業員の可用性と休暇申請の管理
  • シフト交換や調整の容易化

シフト管理システムを利用することで、管理側も、従業員側も、正確かつ正しく、そして手間も低減できるシフト管理を効率的に実践できるようになります。

 

従来型シフト管理方法の課題

これまで多くの企業はタイムレコーダー/タイムカードでの出社退勤記録とともに、カレンダーや黒板、手帳などへの記入、あるいはMicrosoft Excelなどを使った手入力/アナログの方法でシフトを管理していたと思います。

そんな従来のアナログ型方法には、多くの課題がありました。

例えば、小売業/コンビニエンスストアなどでは、繁忙期や緊急時の人員配置、従業員の休暇希望といった多様な要因を考慮する必要があるため、管理が複雑になります。

 

「店長~! 私、クリスマスイブはバイト休みますね。入れていたシフトから外してください」

「えー、急に抜けられたらお店回らないよ。誰かを確保しないと……。●●さんは空いているかな。●●さんの電話番号は……」

……ベタですが、過去にはこんなやりとりが恐らくたくさんありました。

 

これらの方法は「手動」ですので、管理側も、従業員も面倒ですし、時間もかかります。何より「人的ミス」が発生しやすく、属人化が起こりやすい環境でもありました。

小売業以外でも、テレワークなど多様な働き方も普及したことで、「出社」が前提だったシフト管理手法では柔軟な対応が難しくなっています。

従業員目線でもそうです。不規則なシフトや突然の変更、不透明なシフト割り当てがあれば、「冗談じゃない」と大きなストレスを感じます。シフト割り当ての透明性を向上することで、従業員の満足度と業務の効率化を両立させなければいけません。シフト要望出しや変更依頼、出勤内容の確認など手元の「自分のスマホ」でサクッとできれば完璧です。

 

なぜシフト管理がビジネスに重要なのか

なぜシフト管理がビジネスに重要なのでしょうか。考えられる理由は以下の通りです。

・効率と生産性の向上

適切なシフト管理によって、労働力の最適な配置が可能になります。

従業員が必要なときに、必要なポジションで働くことで、業務はより円滑になり、待ち時間や過剰な労働を削減できます。

このように、シフト管理は単にスケジュールを整理するだけでなく、従業員の能力とニーズに合わせて配置することで、全体の作業効率を高める重要な役割を果たします。

結果として、従業員は自分のスキルを最大限に活かせ、高い成果を上げることが可能になります。

 

・スタッフ満足度の向上

適切なシフト管理は、従業員の生活と仕事のバランスを維持し、労働条件を向上させる要因になります。

スタッフにとって満足度の高いスケジュールを作成することで、モチベーションが高まり、「働きやすい」環境も構築できます。従業員の定着率やサービスレベルの向上につながることでしょう。

 

・顧客満足度の向上

適切なシフト管理は、顧客サービスの質を大きく左右し、顧客満足度を高める重要なポイントにもなります。

例えば、最適な数のスタッフがいれば、顧客の待ち時間は短縮され、サービスの品質を高められます。人が少なければサービスレベルはどうしても落ちます。人が多すぎても人的コストが過剰にかかってしまいます。

 

「無料」で始められるシフト管理

世の中には、無料で始められるシフト管理システムがあります。

機能に制限があったり、一定期間だけの体験版であったりと、制限はありますが、それでも無料で始められることにはメリットがあります。

シフト管理ソフトウェアの特徴

シフト管理システムは、シフト作成や管理の効率化と従業員満足度の向上を目指して設計されており、以下のような主要な特徴があります。

 

  • 自動化と効率化:シフト作成プロセスを自動化し、手動での時間割り当て作業を大幅に削減する
  • アクセシビリティと透明性:従業員はシステムを通じて自分のスケジュールを簡単に確認し、シフト交換や休暇申請などを行える
  • 柔軟性とカスタマイズ:異なるビジネスモデルや業種に応じて、様々なニーズに合わせたカスタマイズが可能
  • データ駆動の意思決定:シフト関連のデータを収集、分析し、効率的なスタッフ配置や将来のスケジューリング戦略の策定をサポートする

 

このように、シフト管理システムはビジネス運営を効果的にするための強力なツールになっています。

 

無料で始められるシフト管理システム3選

「無料プラン」が提供されるシフト管理システムもあります。特に小規模企業や個人事業主にとって、コスト削減の点で魅力的な選択肢になります。

複雑なセットアップや専門的な知識を必要とせず、ビジネスオーナーやマネージャー自身がシステムを導入し、運用を開始することもできるでしょう。

 

ジョブカン勤怠管理

特徴 勤怠管理からシフト管理までできる、初めてでも誰でも使える勤怠管理システム
無料プラン・
無料トライアル
無料プランと30日間の無料トライアルあり
(無料トライアル終了後、契約しない場合は自動的に無料プランに移行)
有料版の価格例 下記の4つの機能から選択して利用
1. 出金管理
2. シフト管理
3. 休暇、申請管理
4. 工数管理

機能が1つの場合は1ユーザーごとに月額200円(税抜)
+ 1つ追加するごとに100円(税抜)加算※月額最低利用料金は2000円(税抜)
スマホアプリ あり
無料版と有料版の違い ・登録スタッフ数10名まで
・データ保持は30日間・チャットサポート機能が利用不可・一部の印刷、データダウンロード機能の制限・ジョブカン給与計算とのAPI連携機能は有料版のみ搭載
ベンダーのWebサイト https://jobcan.ne.jp/

 

ハーモス勤怠 by IEYASU

特徴 ICカード、Slack、LINE等、様々な働き方に合わせた打刻が可能な勤怠管理システム
無料プラン・
無料トライアル
無料プランあり
(利用人数30名以下の場合)
有料版の価格例 1人あたり月額100円(税抜)〜
スマホアプリ あり
無料版と有料版の違い ・有給休暇管理などのオプション機能が利用不可
・メールサポートが利用不可
ベンダーのWebサイト https://hrmos.co/kintai/

 

Optamo for Shift

特徴 組み合わせ最適化アルゴリズムを応用した勤務シフト、タスク表をAIで自動作成できるクラウドサービス
無料プラン・
無料トライアル
最大2ヶ月の無料トライアルあり
有料版の価格例 要問い合わせ
スマホアプリ
無料版と有料版の違い 無料トライアル期間中は全ての機能が利用可能
ベンダーのWebサイト https://www.optamo.jp/

 

無料プランはなぜ無料なのか、どこまで無料で使えるのか

無料で始められるシフト管理システムは、情報のデジタル化とコスト面、業務の効率化への寄与が期待できる魅力的な選択肢です。しかし「無料」であるのはいくつかの理由があり、原則としてIT製品のほとんどは「有料」であることも理解しておきましょう。無料で利用する場合、ユーザー数や機能に制限があることが一般的です。

これらの制限はシステムによって異なるため、具体的な利用可能ユーザー数や、機能の上限について事前に調査する必要があります。

特に以下のことを確認し、調査しておきましょう

 

  1. 有料/無料で利用可能な機能の差:無料プランでは基本的なシフト管理機能が提供されることが多いですが、進んだ分析ツールや高度なカスタマイズオプションなどは有料プランでのみ利用可能な場合がある
  2. 利用形態:無料プランは主にクラウドベースで提供されることが多く、オンプレミスやスマートデバイス用アプリでは利用可能な機能が異なる場合がある
  3. データ保存期間:無料プランではデータ保存期間に制限が設けられていることがあり、長期間のデータアーカイブが必要な場合は有料プランへのアップグレードが必要になる場合がある
  4. サポート内容の手厚さ:無料プランではサポートが限定されることが多いため、より手厚いサポートが必要な場合は有料プランを検討する必要がある

無料プランと有料プラン、どちらを選ぶにせよ、現在のビジネス規模や事業内容を照らし合わせて検討することが重要です。

また、「無料プラン」の範囲内でシステムを試験的に利用し、その機能や制限を確認した上で、プランを検討するのも有効な選定方法の1つです。

 

「無料プラン」はシフト管理効率化の第一歩

無料のシフト管理ツールは、特に小規模ビジネスやスタートアップにとって有益な選択肢であり、初期投資を抑えながら、業務の効率化と従業員の満足度向上を実現します。ユーザー数や機能の制限を考慮し、自社のニーズに合わせて適切なシフト管理ツールを選択することが重要です。

また、自社に最適なIT製品やサービスをお探しの際は、ITセレクトまでご相談ください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供し、ビジネスのニーズに合わせた最適なソリューションをご提案します。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
クラウド勤怠管理システム
「チムスピ勤怠」 (チームスピリット)
チムスピ勤怠(旧チームスピリット)は、ご利用ユーザー様の4割が従業員1000名を超える大手有料企業様となっております。またグロース市場上場企業の23%が厳しい上場審査へ対応するためチムスピ勤怠をご導入いただいております。リリースより10年間、高度な機能と複雑な運用要件への対応実績を全てパッケージへ反映してきたサービスとなります。結果として大中小問わず、あらゆる企業様のどんなご要望にもお応えのできるハイエンドモデルの勤怠管理システムを、お求めやすい価格で提供できるようになりました。

これまでパッケージ型のクラウド勤怠管理システムでは叶えられなかったご要望も、チムスピ勤怠をお使いいただければきっと実現いただけます。

・会社独自の複雑な集計ルールもシステムで完結
Excelのような計算式を自由に設定して独自の集計ルールや複雑な計算も全てシステム内で完結することができるので、月次の勤怠集計作業を大きく削減します。

・細かな勤務体系の構築もパッケージのまま柔軟に設定可能
クラウドサービスでありながら、高いカスタマイズ性を備えているのがチムスピ勤怠の特徴。規模や業種を問わず、お客様毎の勤怠管理へのご要望に幅広くお応えします。

・過重労働や休暇取得などコンプライアンス管理をカンタン高度化
勤務状況をリアルタイムにモニタリングして自動アラート通知などのアクションへつなげることができ、各種労務リスクへ先手を打っていくことができます。

・日々の勤怠データを生産性向上に活用
チムスピ勤怠は蓄積された勤怠データを用いて従業員や組織の働き方を可視化する分析環境をご用意し、皆様が取り組まれている人材価値の最大化に貢献します。
2
ジンジャー経費
【ジンジャー経費】

 ■ サービス概要
「ジンジャー経費」は経費精算で起きる歩留まり、面倒を削減する経費精算システムです。
交通費や経費等の申請から承認までPCとスマートフォンで対応。
経理業務で発生する手入力工数や紙管理コストを削減し、経費管理のオペレーション効率化を実現します。

経費精算の面倒を電子化で解決
申請、承認、処理、従業員への連絡、領収書の管理をオンライン化することで郵送や確認・連絡コストをなくします。

ミスが起きないため確認作業は最小限
申請項目に対する必須設定や交通費の自動計算、ICカードの読み取りが可能です。
また、OCR機能(領収書の読み取り)が搭載されており、お持ちのスマートフォンで領収書を読み取り、申請書を作成することができます。

経費処理の自動化で時間と手間を削減
申請内容の転記作業、仕訳作業、FBデータ作成などを自動化できるため、内容確認や仕分けをする必要はありません。
3
ジンジャー勤怠
【ジンジャー勤怠】

 ■ サービス概要
「ジンジャー勤怠」は使いやすいUI/UXと法改正に対応した柔軟な打刻方法で
企業の労務リスクを低減し、働き方改革の対応を支援します。
また、労働時間の自動集計、シフト管理、各種申請、休暇管理、多彩な打刻方法、アプリ対応など、勤怠管理に関する全ての機能を追加料金なしでご利用いただけます。

「ジンジャー勤怠」は、導入が手軽かつ利便性が高いクラウド型勤怠管理システムです。
様々なデバイスから打刻ができ、有給・残業申請やシフト提出はPCだけでなくスマホアプリからも申請が可能なため、
外出が多い、PCをお持ちでないといった従業員様が多い企業にもご導入いただいております。
また、フレックスタイム制度やリモートワークなど柔軟な勤務形態に対応しており、企業の働き方改革の実現をサポートします。

法改正にしっかり対応
法律に沿った正確な勤怠管理を実現し、企業の労務リスクを低減できます。
ジンジャーは2週間に一度のペースでアップデートをしています。
法改正がある際は、法律に対応する内容を自動でアップデートするため、ご担当者様がご自身で法律を調べたり、対応のために追加費用を支払ったりする必要はございません。

誰でも使えるシンプルな画面
システム操作に慣れていない方でも、簡単に使うことができるよう、操作画面の使いやすさにこだわっています。

安心サポートでラクラク導入
システムの導入から運用まで、お客様のシステムに関するご不安やお悩みをすぐに解決できるよう、サポート担当が伴走しながら業務効率化実現をお手伝いいたします。

「まだ手作業/Excelでやっているのですか?」 従業員目線のスマホ対応「シフト管理アプリ」おすすめ5選

従業員、アルバイトやパートタイマーの人員/シフトを管理していく課題を解決するIT製品が「シフト管理システム」。シフト管理システムにより、これまで手作業やExcelなどで管理していた人員配置業務をより効率的に実践できるようになります。例えば、アルバイト従業員の要望に応えながらもお店がきちんと回るようにシフトを組みたい──といったシーンに役立ちます。この記事ではシフト管理システムとシフト管理アプリの基礎から、導入メリットと主な機能、導入検討ポイントを解説してきます。 「DX化のための業務システム、選び方がわからない」「製品が多すぎて選べない」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタ […]

thumbnail

    シフト管理システムの主な機能とメリット・デメリット|無料で始められるおすすめ製品4選

    シフト管理システムは、従業員の勤務シフトをクラウド上で一元管理できるシステムです。シフト作成・調整にシステムを導入すれば、労働基準法違反を防ぎながら従業員が希望するシフトを組めるようになるなど、シフト管理にかかる手間の削減と法令違反のリスクを回避できます。 今回はシフト管理システムで利用できる主な機能と、導入にともなうメリット・デメリット、おすすめ製品をご紹介します。 シフト管理システムの主な機能シフト管理システムのメリットとデメリット、向く業種【無料トライアルあり】【法人向け】おすすめのシフト管理システム2選【無料プランあり】【個人事業主~小規模ビジネス向け】おすすめのシフト管理システム2選 […]

    thumbnail

      カテゴリー関連記事

      関連記事をもっと見る

      この記事と同じカテゴリーの製品

      ジンジャー経費
      ジンジャー勤怠
      スタッフ派遣[TSW]

      製品をもっと見る