ITセレクト powered by 発注ナビ

製造業・小売業で在庫管理システムを導入するメリットは? おすすめ製品4選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

「在庫管理」の精度や効率に課題を抱えていませんか? その課題を解決する機能を備えるIT製品「在庫管理システム」により、さらなる効率的な運営とコスト削減が可能になります。リアルタイムでの在庫追跡が可能となり、必要な材料や製品の正確な量を把握できるようになります。過剰在庫の保持や不足による生産遅延を防ぐ成果、さらにはデータドリブン型の意思決定が可能になり、需要予測の精度向上も大いに期待できます。

本記事では、そんな在庫管理システムの基礎から、導入で得られる成果、メリットと主な機能、検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する経営管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

製造業の在庫管理における主な課題

製造業における在庫管理の課題は多岐にわたります。6つのポイントに絞って詳しく見ていきましょう。

(1)在庫管理の手法やルールにばらつきがある

異なる部門がそれぞれ異なる方法で在庫を管理してしまうと、データの一貫性や透明性が損なわれ、最適な在庫の判断が困難になります。

 

(2)部品や原材料によってリードタイムが異なる

製品に使用される部品や原材料によってリードタイム(注文から納品までの時間)が異なるため、特に供給網が複雑な場合、在庫を適切に管理することが難しくなります。リードタイムが長い材料は、計画的な発注が必須で、需要の変動に対応することが重要です。

 

(3)在庫管理業務が属人化している

在庫管理が特定の個人のスキルや経験に依存している場合、その人がいないと在庫管理が滞る可能性があります。業務の連続性が保たれずエラーや遅延が生じるなど、リスクが高まります。

 

(4)業務が複雑化し、作業時間を圧迫しやすい

在庫管理が複雑になると、それに伴い作業時間も増加します。これは労働コストの増加や作業効率の低下を招き、他の重要な業務に割くべき時間が減少する可能性があります。

 

(5)在庫不足により、製造作業に遅れが生じることがある

在庫不足は製造ラインの停止や遅延を引き起こす主要な原因です。必要な材料が不足すると、生産計画が遅れ、納期や顧客満足度に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

(6)在庫過多により、品質の劣化や原料コスト増加が起こる場合がある

在庫過多も問題です。過剰な在庫は保管スペースの占有、品質劣化(特に期限のある材料)につながります。これは保管コストの増加や廃棄物の増加に繋がり、経営に悪影響を与えます。

 

製造業で在庫管理システムを導入するメリット

製造業で在庫管理システムを導入するメリットはどこにあるのでしょうか。ポイントを挙げて解説します。

○在庫を一元管理できる

在庫管理システムを導入することで、全ての在庫情報を一元管理できます。これにより、在庫の正確な状況をリアルタイムで把握でき、部門間の情報共有もスムーズになります。また、複数の拠点にまたがる在庫の管理も効率的に行えるようになります。

 

○適正な在庫数を見極めやすい

システムによるデータ分析と予測機能を活用することで、適正な在庫数を見極めやすくなります。また需要の変動に応じた在庫調整が可能となり、在庫不足・過剰を防ぐことができます。これは資源の有効活用にもつながり、コスト削減に貢献します。

 

○在庫管理業務の標準化に寄与する

システムによって、在庫管理のプロセスが標準化されます。これにより、業務の透明性が高まり、各担当者が同じルールと方法で在庫を管理できるようになります。業務の品質が向上し、効率も向上します。

 

○作業効率の向上とコストカットが期待できる

自動化された在庫管理システムによって、手作業による在庫チェックやデータ入力の時間が削減されます。これは、作業効率の向上に直結し、長期的には人件費の削減やその他の運営コストの削減に繋がります。

 

○人的ミスを減らせる

在庫管理における人的ミスは、誤発注や在庫過剰などの問題を引き起こします。システムの導入により、これらのミスが大幅に減少します。システムを使うことで誤ったデータ入力や見落としによる問題が減少し、より正確で信頼性の高い在庫管理が実現されます。

 

製造業に向いている在庫管理システムを選ぶポイント

製造業に向いている在庫管理システムを選ぶポイントについて、例を挙げて解説していきます。

汎用型と特化型の違いを把握する

在庫管理システムには、汎用型と特化型があります。汎用型はさまざまな業界やビジネスモデルに適応できるよう設計されており、多くの基本的な機能を提供します。一方、特化型は特定の業界や業務に特化して設計されており、その分野の特有のニーズに合わせた機能が備わっています。製造業の場合、特定の生産プロセスや材料管理の要求に対応できる特化型システムが適していることが多いですが、企業の規模や業務の複雑さによっては汎用型の方が適している場合もあります。

 

初期費用、ランニングコストを製品別に比較する

在庫管理システムを選ぶ際には、初期費用だけでなく、ランニングコストも含めた総コストを考慮することが重要です。システムの購入費用、設置費用、維持管理費用、アップデート費用などが含まれます。また、クラウドベースのサービスの場合、月額や年額の使用料が発生することもあります。これらのコストを事前に把握し、予算内で最適なシステムを選択することが必要です。

 

ITセレクトは、貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリのERPシステムをご紹介しています。

⇒簡単入力で無料相談する

 

サポート体制や導入実績を確認する

サポート体制は、システム導入後の運用をスムーズにするために非常に重要です。特に製造業では、システムのトラブルや疑問点が迅速に解決できないと、生産活動に大きな影響を与える可能性があります。そのため、提供企業のサポート体制(サポートの時間帯、対応速度など)を確認することが重要です。また、同様の業界や規模の企業での導入実績があるかどうかも重要な判断基準です。

 

製造・物流業向けのおすすめ在庫管理システム4選

ここからは具体的に、製造業にオススメの在庫管理システムを4製品ピックアップし、それぞれの特徴を解説します。(製品名 abcあいうえお順)

COOOLa

特徴 豊富なカスタマイズ機能を持ち、顧客のニーズごとに適する機能を設定できる。専門スタッフによるサポートメニューも用意する
主な料金プラン 要相談
ベンダーのWebサイト https://cooola.jp/

 

インターストック

特徴 中堅企業に向け、高度な在庫数把握と管理機能を備える倉庫管理システム。倉庫管理や在庫管理に必要な機能をコンパクトにまとめて実装する
主な料金プラン 要相談
ベンダーのWebサイト https://www.inter-stock.net/

 

ロジクラ

特徴 「発送業務の効率化」を軸に小売販売業向けニーズをカバーする在庫管理システム。スマホカメラで行える検品ツールなど便利機能も搭載
主な料金プラン 無料トライアル:あり

プレミアムプラン:4万円/月

ライトプラン:1万2800円/月

ベンダーのWebサイト https://logikura.jp/

 

ロジザードZERO

特徴 EC物流に特化したクラウド型倉庫管理システム。アパレル、化粧品、ホビーなどの商材向けのテンプレートも多数
主な料金プラン 価格:応相談
ベンダーのWebサイト https://www.logizard-zero.com/

 

在庫管理システムを自社DX化の第一歩に

以上、製造業の在庫管理を見える化する「在庫管理システム」について解説してきました。システムを選定する際には自社のニーズに合っているか、ユーザビリティは優れているかといった点に着目して選びたいものです。在庫管理システムを導入することで、自社の在庫適正化を図り、効率的な出荷を図っていきましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。

 (執筆:合同会社伝心)

今すぐ資料請求できる「在庫管理システム」製品一覧

 無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
人とモノが「みえる」倉庫管理システム
MieLU
MieLU(みえる)とは、トヨタ情報システム愛知の倉庫管理システム(WMS※)です。
倉庫業務における入荷から出荷までの人、モノの動きをシステムで一元管理することで、
「どこに」「何が」「いくつ」あるかを簡単に把握できるようになり、在庫管理の効率化が実現します。
データはリアルタイムで更新されるので、あらゆる角度から在庫の状況を把握できます。

●在庫のみえる化
現品票や棚ラベルのバーコードを使い正確に倉庫内の在庫を管理します。

●課題のみえる化
分析結果から作業効率化と在庫削減に向けた課題が確認できます。

●業務のみえる化
作業実績をリアルタイムに収集し、いつ・だれが・どんな作業をしているか確認できます。

※WMS=Warehouse Management System
2
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。
3
テープス
テープスは、EC 運営の業務を自由に自動化できるサービスです。

特長① 20 以上のサービスと API 連携
EC モールやカート、Google スプレッドシートなどと API で接続し、受注や在庫、配送情報などをサービス間で柔軟にやり取りできます。

 特長② プログラミング不要
ブロックを組み合わせ、さまざまな処理を実現できます。プログラミング経験がなくても運用できるので、いま一番欲しいツールをすばやく作成し、業務をスピードアップできます。

特長③ 開発より低コスト
テープスはブロックの組み合わせ次第で、複雑な要件にも対応できます。
これまではゼロからの開発が必要だったケースでも、テープスを使って自社でサクッと実装すれば、 高額なコストはかかりません。初期費用ゼロ、月額 19,800 円からご利用いただけます。

接続サービス ※ 順次拡大中
・EC モール、カート
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!ショッピング / Shopify / futureshop / ecforce / Qoo10 / Bカート

・OMS、WMS
ネクストエンジン / OPENLOGI

・コミュニケーションサービス
Chatwork / LINE / Slack / ソーシャルPLUS / メールクライアント

・その他
ChatGPT / Google スプレッドシート / PCAクラウド 商魂・商管 / Dropbox / FTP / CData Connect Cloud / Google マップ/ ScrapeHero Cloud

活用事例:受注処理/フルフィルメント
・受注情報を Google スプレッドシートに書き出し、自動で売上集計
・受注情報を FTP サーバーやキントーン、ネクストエンジンに連携
・任意の条件で受注ステータスを変更
・Google スプレッドシートの配送情報を受注に反映

 活用事例:在庫管理
・複数店舗の在庫を一枚のシートに書き出し、在庫管理を一元化
・在庫管理シートの在庫数を、各店舗に自動で反映
・在庫が少なくなったらチャットツールに通知/メーカーに発注メールを送信
・ある店舗の在庫を、別の店舗に同期

活用事例:売上・利益 UP 施策
・モールのイベント開始・終了に合わせ、商品情報やポイント倍率を一括更新
・FBA の在庫がなくなったら、出品者出荷に切り替えて販売を継続
・ショッピングカート獲得価格に合わせ、出品価格を自動更新
・レビュー記入者にメールでクーポンを一斉送信
・楽天市場で、サンクスメールと出荷完了報告メールを自動送信
・購入内容や配送先に応じて、配送キャリアを変更

ほかにも、多数の事例があります。
御社の実現したいことに応じて提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

【ECサイト対応】クラウド型在庫管理システムの導入メリットと注意点、おすすめ製品5選

ECサイトはとても多くの人に利用される「生活に欠かせないサービス」です。「ほしいときにすぐ買える」──。この消費者の需要を満たすECサイトの運営に欠かせないIT製品が「在庫管理システム」ではないでしょうか。 在庫管理システムを利用することで、商品の在庫状況をリアルタイムに把握して在庫切れや在庫過多を防ぎ、顧客の需要に合わせて適切にサービスを提供できます。また複数の販売チャンネルをまたいで──例えば自社サイトに加えて、アマゾンや楽天市場なども含めて在庫やサービス体制を一括管理できる機能とともに、効率的なEC店舗運営を実現することも成果向上、そして業務の効率化につながることでしょう。 […]

thumbnail

    デジタル時代の「在庫管理」システム選定方法 重要チェックポイント、導入のメリットと注意点を解説

    在庫管理システムに興味を持たれている方の中には、「在庫管理をデジタル化しようにも、何からはじめれば良いか分からない」「どんなツールを選べば良いか分からない」と、お悩みの方もいるのではないでしょうか。 ここでは、在庫管理の重要性とあわせて、在庫管理システムの種類や導入のための選定ポイントをお伝えします。アナログの在庫管理からいち早く脱却するためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する 在庫管理の基礎 […]

    thumbnail

      クラウド型「在庫管理システム」の効果と選び方|「無料」で始められる在庫管理システム4選

      製造、物流、販売、eコマース業などを中心に「在庫」の情報を正確かつ効率的に管理し、効率化するIT製品「在庫管理システム」を導入し、成果を上げる企業が増えています。その一方で「コストがかかるので……」「どう選べばよいのか分からない」などで、従来の方法に課題があるのは分かっていつつも脱却できない状況にある企業も多くあります。 本記事では、そんな企業の担当者に向け、まずは「無料」で始められる在庫管理システムとともに、在庫管理システムの利点や選び方のポイントを詳しく紹介していきます。最初はコストをかけずに、在庫の管理と最適化を実現できる方法を検討してみてはいかがでしょうか。 在庫管理システムの基礎知識 […]

      thumbnail

        中小企業も安心 「在庫管理システム」の導入効果とスムーズ選定3つのコツ

        在庫管理がうまくいかず、商品の過剰在庫や品切れで困っていませんか? 中小企業にとって、効率的な在庫管理は効率化と業績向上のカギとなります。本記事では、在庫管理システムの導入がどのようにビジネスに貢献するのか、検討/選定の際の注意点とともに、初期準備、選定、導入まで「導入プロジェクト」をスムーズに進めるためのポイントをご紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 在庫管理システムの基本と導入効果【中小企業向け】在庫管理システム導入の「 […]

        thumbnail

          クラウド対応「在庫管理システム」の基礎知識と選び方 おすすめ製品5選

          在庫管理業務の「デジタル化」は、昨今の企業の成長に不可欠な要素となってきています。適切かつ無駄なく在庫を管理し、それをリアルタイムに把握でき、そしてそれらのデータへいつでもどこからでもどのメンバーもアクセスできる。これを実現するIT製品が「在庫管理システム」です。 この記事では主に個人事業主から中小規模企業に向け、企業の導入例が増えているクラウド型の在庫管理システムで得られる効果、導入方法、おすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する在庫管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなと […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            注文販売[M2O]
            GrowOne  販売情報システム
            ASTONE

            製品をもっと見る