ITセレクト powered by 発注ナビ

受発注システム

発注システムは「受注、発注業務」を一元管理し、効率化するITシステムです。受注や発注を行う上で必要なさまざまな機能を集約し、受注管理から在庫管理、さらには出荷管理まで、一元化したデータのもとで、正確かつ作業の効率化、迅速化が期待できます。販売、製造業などの業種特化型から、あらゆる業種に向く万能型まで製品があります。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

受発注システムの主な機能とメリット・注意点、おすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

現代のビジネスでは、迅速かつ効率的な受発注プロセスが重要です。その鍵を握るのが、受発注システムです。

受発注システムは、受注や発注処理における業務を一元管理できるシステムで、受注管理から在庫管理、さらには出荷管理まで、オンライン上で行うことができます。

本記事では、受発注システムの主な機能とそのメリット、選定時のポイント、おすすめの受発注システムを詳しくご紹介します。

受発注システムの主な機能と種類

受発注システムは、受注や発注を行う上で必要な様々な機能が備わっています。

まずは、それらの主な機能と、受発注システムの種類について説明します。

受発注システムの主な機能

受発注システムの主な機能は下記の通りです。

機能名 概要
受注管理機能 ・受注した注文を一元管理する機能
・異なるチャネルの販売状況もリアルタイムで管理可能
・受注伝票や納品書などを作成、送付可能
発注管理機能 ・発注した注文を一元管理する機能
・手配発注や定量発注など、状況に応じた発注が可能
在庫管理機能 ・商品の在庫を管理する機能
・在庫数を管理し、フロントページに表示させることなどができる
出荷管理機能 ・受注した注文商品の出荷、納品プロセスを管理する機能
・スケジュールの作成や出荷状況の追跡を行う
請求管理機能 ・受領書や納品書などのデータから、請求書を作成する機能
メール自動発信機能 ・HTML、テキスト形式でのメール作成が可能
・受注、発送などのタイミングでメールを自動配信できる
発注者ログイン機能 ・顧客ごとに用意された管理画面にログインできる機能
・過去の発注履歴や、配送状況の確認が可能
他システムとの連携機能 ・他の販売管理システムや生産管理システムと連携できる機能
・データの二重入力が不要になる

 

受発注システムの主な種類

受発注システムは、大きく分けてオンプレミス型、クラウド型、パッケージ型の3種類に分けられます。

オンプレミス型

オンプレミス型は、自社にあるサーバにシステムを構築して利用します。

独自のサーバを使用するため、セキュリティやカスタマイズ性が高い傾向にあります。

しかし、その分初期費用やランニングコストが高くなりやすいため、注意が必要です。

 

クラウド型

クラウド型は、サービスが提供しているサーバにアカウント等を登録して利用します。

サービスプロバイダがシステムの管理と保守を担当するため、アップデートやセキュリティは一任します。

比較的、低い初期投資で始められ、使用量に応じた課金モデルが多いです。

 

パッケージ型

パッケージ型は、オンプレミスかクラウド上で動作するもので、事前に設計された標準機能が提供されます。

企業がシステムの一部の管理と保守を行いますが、パッケージソフトウェアのプロバイダが主要なアップデートやセキュリティ対策を担当することが多いです。

ライセンス料金を払って使用し、一定のカスタマイズは可能ですが、オンプレミス型ほどの自由度はありません。

 

受発注システムを導入するメリットと注意点

ここからは、受発注システムを導入するメリットと、導入時に注意すべきポイントを説明します。

受発注システムを導入する主なメリット

作業効率の向上につながる

受発注に関する多くのやり取りや、入力作業を自動化することができます。

自動化によって、これまで手動で行っていた時間のかかる作業が削減され、人的ミスの低下も期待できます。

 

情報を管理しやすい

在庫や売上、請求などの情報が一元管理できるようになります。

ビジネスに必要なデータへのアクセスが、リアルタイムで可能になります。

情報が一箇所に集約されることで、データの整合性を保ちながら迅速な意思決定を行うことができ、ビジネス運営の効率化に大きく貢献します。

 

受発注機会の増加が期待できる

受発注システムを利用することで、営業時間外や遠隔地にいても、受発注の確認が可能になります。

時間や場所に縛られることなくビジネスを行うことが可能になり、顧客のニーズに迅速に対応しやすくなります。

その結果、受発注の機会が増え、ビジネスの拡大が期待できます。

 

ペーパーレス化を推進しやすい

デジタルのシステムのため、紙媒体を使用する必要性が大幅に減少し、ペーパーレス化を推進しやすくなります。

紙媒体の使用が減少すると、印刷代などのコストや、保管場所の確保と管理にかかる手間が削減されます。

さらに、社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にもつながります。

 

受発注システムを導入する際の主な注意点

一定のコストが発生する

システムによって、導入費用やランニング費用は異なります。

また、提供される機能の多さや、システムを使用する企業の規模に比例して、コストは高くなる傾向があります。

システムを選定する際は、必要な機能と予算を慎重に考慮し、費用対効果を確認した上で最適なシステムを選びましょう。

 

取引先の理解が必要

受発注業務は社内だけで完結するものではなく、取引先あっての業務のため、取引先の理解は欠かせません。

取引先によっては、受発注システムの利用に対して抵抗を持つおそれがあります。

事前に導入するメリットや使い方を説明し、取引先の理解と協力を得ることが重要です。

 

導入前に社員教育の機会を設ける

システム導入後に社員がスムーズに業務に取り組めるようにするためには、適切な教育とトレーニングが必要です。

また、業務フローの見直しも同時に行い、システム導入に備えておくことが望ましいです。

専門スタッフに相談する

受発注システムの導入がおすすめの企業と製品選びのポイント

ここからは、受発注システムの導入がおすすめの企業と最適な製品を選ぶためのポイントについて説明します。

受発注システムの導入がおすすめの企業の特徴

下記のような、現状の受発注業務に課題を抱えている企業は、システムの導入によって解決が期待できるため、導入をおすすめします。

 

  1. FAXや電話、メールなどを使ったやり取りが多く、手間やミスが発生している
  2. 複数のチャネルからの受注に対応しており、管理が煩雑になっている
  3. データの一元化や異なるシステム間でのデータ連携がうまくできていない
  4. 在庫管理、出荷管理、請求管理などを別々のシステムやツールで行っている
  5. 複数の店舗で個別に受発注業務を行っている

受発注システムを選ぶ際の主なポイント

受発注システムを選ぶ際、いくつかの重要なポイントがあります。

下記は、システム選定時に考慮すべきポイントです。

 

  1. 自社の業務に必要な機能はそろっているか
  2. 予算に対して、導入費用やランニングコストは適切か
  3. システムは導入しやすいか(クラウド型のほうが、導入のハードルは低くなります)
  4. 事前に使い勝手を確認できるか
  5. 無料トライアル期間を設定しているか
  6. 取引先との連携を行いやすいか
  7. サポート体制は充実しているか

これらのポイントを考慮しながら、最適な受発注システムを選定しましょう。

 

中小企業向けのおすすめ受発注システム3選

受発注システムには、複数のタイプが存在します。その中から、自社のニーズに最適なシステムを見つけることが重要です。

汎用タイプは、さまざまな業種や受発注業務に対応し、柔軟な運用が可能です。一方で、業界特化タイプは、特定の業界に特有の機能を提供し、専門性の高いニーズに応えます。

また、BtoBやBtoCの受注管理に特化したECサイト向けのタイプもあり、オンラインでの取引をスムーズに行うための機能が充実しています。

これらの中から、自社の業種や業態に最適なシステムを見つけていきましょう。

 

楽楽B2B

特徴 取引先に応じた柔軟な設定ができるBtoB専用ECサイトサービス
月額費用/購入価格 ・Standard:月額3万9800円(税抜)
・Professional:月額6万9800円(税抜)
トライアル期間の有無 無料デモアカウントの申し込みが可能
主な機能 ・取引先ごとに掛け率、価格、商品、決済手段を設定可能
・AIによるOCR注文書自動読み込み機能

 

Bカート

特徴 BtoBの受発注業務に特化し、EC化するクラウドサービス
月額費用/購入価格 初期費用8万円(税抜)
+
月額費用(プランによって商品数と会員数の上限が変動)
・ライト:9800円(税抜)
・プラン10:1万9800円(税抜)
・プラン30:2万9800円(税抜)
・プラン50:3万9800円(税抜)
・プラン100:4万9800円(税抜)
・プラン300:7万9800円(税抜)
トライアル期間の有無 30日間
主な機能 ・取引先ごとに価格、商品、決済手段を設定可能
・標準機能以外に必要な機能はオプションとして柔軟に追加可能

 

BtoBプラットフォーム 受発注

特徴 飲食業界に特化した受発注システム
月額費用/購入価格 要お問い合わせ
トライアル期間の有無 要お問い合わせ
主な機能 ・スマホやタブレットに数字を入力するだけで棚卸可能
・レシピごとの原価やアレルギー情報を管理できるメニュー管理機能

 

受発注システムの導入で業務効率化を実現しましょう

受発注システムの導入は、業務プロセスの効率化に大きく貢献します。余計な時間を減らし、本来の業務に集中するためにも、受発注システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

製品紹介

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo
  • 見込み顧客を増やす機能をふんだんに盛り込んだマーケティングツール
  • 見込み顧客開拓から既存顧客フォローまで幅広くサポート
  • 見込み顧客獲得のための機能が豊富

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
2
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。
3
マーケティングプラットフォーム seyanen
「Seyanen」は、見込み顧客の特定が可能なマーケティングツールです。個人情報が関連している見込み顧客だけでなく、匿名の見込み顧客にもアプローチが可能です。

具体的なアプローチ方法として、月ごとのサイト流入を「レポート」で把握し、どのページが注目されているかやCVにつながった経路を分析します。そして、「施策設定」から、匿名とCV済みの訪問者に対してバナーやログインフォームを表示し、行動を促進します。

新規顧客だけでなく、既存顧客の育成も可能です。案件終了後のアンケート送信や、ステップメールを通じたアプローチにより、良好な関係を継続できます。

中小企業様向けに、「Seyanen」は自社サイトのマーケティング担当が不在やコスト削減、時間不足、大手マーケティングツールの難解さといった課題に対応します。初めて利用するユーザーでも導入から利用までのサポートを提供しています。

オプションで案件管理や請求管理、見積もり管理まで一括して行え、複数のツールを統合することで業務の効率化・経費削減が可能です。

詳細については、お打ち合わせにてご案内いたします。お気軽にご相談ください!

発注ミスの原因と対策|ミスを起こした場合の対処法と予防する方法

日々の受発注業務において、十分気を付けているにも関わらず「発注ミス」が起こってしまうことがあります。特に繁忙期や人手不足のときはヒューマンエラーが発生する可能性が高くなります。発注ミスは、金銭的、工数的な損失があるだけ、その後の機会損失や自社の信頼失墜にもつながります。 本記事では、改めて発注ミスが発生してしまう主な原因を確認し、「発注ミスを防ぐ」ための方法を紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 発注ミスが起こる原因と影響発注ミスを起こして […]

thumbnail

    無料受発注システムの選択肢と注意点|無料で始められる受発注システム5選

    ビジネスを運営する上で欠かせない業務の1つに「受発注管理」があります。本記事では、無料で利用できる受発注システムの選択肢と、それらを活用するメリットについて詳しくご紹介します。ビジネスの成長に合わせて最適な受発注システムを選択できるよう、まずは「無料で始められる」受発注システムから検討してみてはいかがでしょうか。 「無料」で受発注管理を行う方法受発注システムに求められる機能無料で始められる受発注システム5選無料で始められる受発注システムのメリット・デメリット受発注システム導入の「コスト」が課題、それならば「無料」からスモールスタートしよう 「無料」で受発注管理を行う方法 受発注管理を「無料」で […]

    thumbnail

      この記事と同じカテゴリーの製品

      製品をもっと見る