ITセレクト powered by 発注ナビ

受発注システム

発注システムは「受注、発注業務」を一元管理し、効率化するITシステムです。受注や発注を行う上で必要なさまざまな機能を集約し、受注管理から在庫管理、さらには出荷管理まで、一元化したデータのもとで、正確かつ作業の効率化、迅速化が期待できます。販売、製造業などの業種特化型から、あらゆる業種に向く万能型まで製品があります。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

受発注システムの主な機能とメリット・注意点、おすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

現代のビジネスでは、迅速かつ効率的な受発注プロセスが重要です。その鍵を握るのが、受発注システムです。

受発注システムは、受注や発注処理における業務を一元管理できるシステムで、受注管理から在庫管理、さらには出荷管理まで、オンライン上で行うことができます。

本記事では、受発注システムの主な機能とそのメリット、選定時のポイント、おすすめの受発注システムを詳しくご紹介します。

受発注システムの主な機能と種類

受発注システムは、受注や発注を行う上で必要な様々な機能が備わっています。

まずは、それらの主な機能と、受発注システムの種類について説明します。

受発注システムの主な機能

受発注システムの主な機能は下記の通りです。

機能名 概要
受注管理機能 ・受注した注文を一元管理する機能
・異なるチャネルの販売状況もリアルタイムで管理可能
・受注伝票や納品書などを作成、送付可能
発注管理機能 ・発注した注文を一元管理する機能
・手配発注や定量発注など、状況に応じた発注が可能
在庫管理機能 ・商品の在庫を管理する機能
・在庫数を管理し、フロントページに表示させることなどができる
出荷管理機能 ・受注した注文商品の出荷、納品プロセスを管理する機能
・スケジュールの作成や出荷状況の追跡を行う
請求管理機能 ・受領書や納品書などのデータから、請求書を作成する機能
メール自動発信機能 ・HTML、テキスト形式でのメール作成が可能
・受注、発送などのタイミングでメールを自動配信できる
発注者ログイン機能 ・顧客ごとに用意された管理画面にログインできる機能
・過去の発注履歴や、配送状況の確認が可能
他システムとの連携機能 ・他の販売管理システムや生産管理システムと連携できる機能
・データの二重入力が不要になる

受発注システムの主な種類

受発注システムは、大きく分けてオンプレミス型、クラウド型、パッケージ型の3種類に分けられます。

オンプレミス型

オンプレミス型は、自社にあるサーバにシステムを構築して利用します。

独自のサーバを使用するため、セキュリティやカスタマイズ性が高い傾向にあります。

しかし、その分初期費用やランニングコストが高くなりやすいため、注意が必要です。

クラウド型

クラウド型は、サービスが提供しているサーバにアカウント等を登録して利用します。

サービスプロバイダがシステムの管理と保守を担当するため、アップデートやセキュリティは一任します。

比較的、低い初期投資で始められ、使用量に応じた課金モデルが多いです。

パッケージ型

パッケージ型は、オンプレミスかクラウド上で動作するもので、事前に設計された標準機能が提供されます。

企業がシステムの一部の管理と保守を行いますが、パッケージソフトウェアのプロバイダが主要なアップデートやセキュリティ対策を担当することが多いです。

ライセンス料金を払って使用し、一定のカスタマイズは可能ですが、オンプレミス型ほどの自由度はありません。

受発注システムを導入するメリットと注意点

ここからは、受発注システムを導入するメリットと、導入時に注意すべきポイントを説明します。

受発注システムを導入する主なメリット

作業効率の向上につながる

受発注に関する多くのやり取りや、入力作業を自動化することができます。

自動化によって、これまで手動で行っていた時間のかかる作業が削減され、人的ミスの低下も期待できます。

情報を管理しやすい

在庫や売上、請求などの情報が一元管理できるようになります。

ビジネスに必要なデータへのアクセスが、リアルタイムで可能になります。

情報が一箇所に集約されることで、データの整合性を保ちながら迅速な意思決定を行うことができ、ビジネス運営の効率化に大きく貢献します。

受発注機会の増加が期待できる

受発注システムを利用することで、営業時間外や遠隔地にいても、受発注の確認が可能になります。

時間や場所に縛られることなくビジネスを行うことが可能になり、顧客のニーズに迅速に対応しやすくなります。

その結果、受発注の機会が増え、ビジネスの拡大が期待できます。

ペーパーレス化を推進しやすい

デジタルのシステムのため、紙媒体を使用する必要性が大幅に減少し、ペーパーレス化を推進しやすくなります。

紙媒体の使用が減少すると、印刷代などのコストや、保管場所の確保と管理にかかる手間が削減されます。

さらに、社内のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進にもつながります。

受発注システムを導入する際の主な注意点

一定のコストが発生する

システムによって、導入費用やランニング費用は異なります。

また、提供される機能の多さや、システムを使用する企業の規模に比例して、コストは高くなる傾向があります。

システムを選定する際は、必要な機能と予算を慎重に考慮し、費用対効果を確認した上で最適なシステムを選びましょう。

取引先の理解が必要

受発注業務は社内だけで完結するものではなく、取引先あっての業務のため、取引先の理解は欠かせません。

取引先によっては、受発注システムの利用に対して抵抗を持つおそれがあります。

事前に導入するメリットや使い方を説明し、取引先の理解と協力を得ることが重要です。

導入前に社員教育の機会を設ける

システム導入後に社員がスムーズに業務に取り組めるようにするためには、適切な教育とトレーニングが必要です。

また、業務フローの見直しも同時に行い、システム導入に備えておくことが望ましいです。

専門スタッフに相談する

受発注システムの導入がおすすめの企業と製品選びのポイント

ここからは、受発注システムの導入がおすすめの企業と最適な製品を選ぶためのポイントについて説明します。

受発注システムの導入がおすすめの企業の特徴

下記のような、現状の受発注業務に課題を抱えている企業は、システムの導入によって解決が期待できるため、導入をおすすめします。

  • FAXや電話、メールなどを使ったやり取りが多く、手間やミスが発生している
  • 複数のチャネルからの受注に対応しており、管理が煩雑になっている
  • データの一元化や異なるシステム間でのデータ連携がうまくできていない
  • 在庫管理、出荷管理、請求管理などを別々のシステムやツールで行っている
  • 複数の店舗で個別に受発注業務を行っている

受発注システムを選ぶ際の主なポイント

受発注システムを選ぶ際、いくつかの重要なポイントがあります。

下記は、システム選定時に考慮すべきポイントです。

  1. 自社の業務に必要な機能はそろっているか
  2. 予算に対して、導入費用やランニングコストは適切か
  3. システムは導入しやすいか(クラウド型のほうが、導入のハードルは低くなります)
  4. 事前に使い勝手を確認できるか
  5. 無料トライアル期間を設定しているか
  6. 取引先との連携を行いやすいか
  7. サポート体制は充実しているか

これらのポイントを考慮しながら、最適な受発注システムを選定しましょう。

中小企業向けのおすすめ受発注システム3選

受発注システムには、複数のタイプが存在します。その中から、自社のニーズに最適なシステムを見つけることが重要です。

汎用タイプは、さまざまな業種や受発注業務に対応し、柔軟な運用が可能です。一方で、業界特化タイプは、特定の業界に特有の機能を提供し、専門性の高いニーズに応えます。

また、BtoBやBtoCの受注管理に特化したECサイト向けのタイプもあり、オンラインでの取引をスムーズに行うための機能が充実しています。

これらの中から、自社の業種や業態に最適なシステムを見つけていきましょう。

楽楽B2B

特徴 取引先に応じた柔軟な設定ができるBtoB専用ECサイトサービス
月額費用/購入価格 ・Standard:月額3万9800円(税抜)
・Professional:月額6万9800円(税抜)
トライアル期間の有無 無料デモアカウントの申し込みが可能
主な機能 ・取引先ごとに掛け率、価格、商品、決済手段を設定可能
・AIによるOCR注文書自動読み込み機能

 

Bカート

特徴 BtoBの受発注業務に特化し、EC化するクラウドサービス
月額費用/購入価格 初期費用8万円(税抜)
+
月額費用(プランによって商品数と会員数の上限が変動)
・ライト:9800円(税抜)
・プラン10:1万9800円(税抜)
・プラン30:2万9800円(税抜)
・プラン50:3万9800円(税抜)
・プラン100:4万9800円(税抜)
・プラン300:7万9800円(税抜)
トライアル期間の有無 30日間
主な機能 ・取引先ごとに価格、商品、決済手段を設定可能
・標準機能以外に必要な機能はオプションとして柔軟に追加可能

 

BtoBプラットフォーム 受発注

特徴 飲食業界に特化した受発注システム
月額費用/購入価格 要お問い合わせ
トライアル期間の有無 要お問い合わせ
主な機能 ・スマホやタブレットに数字を入力するだけで棚卸可能
・レシピごとの原価やアレルギー情報を管理できるメニュー管理機能

 

\ITセレクトおすすめの受発注システムの資料を一括ダウンロード(無料)/

受発注システムの導入で業務効率化を実現しましょう

受発注システムの導入は、業務プロセスの効率化に大きく貢献します。余計な時間を減らし、本来の業務に集中するためにも、受発注システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。

製品紹介

受発注システムの製品が12件あります

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

logo
  • 見込み顧客を増やす機能をふんだんに盛り込んだマーケティングツール
  • 見込み顧客開拓から既存顧客フォローまで幅広くサポート
  • 見込み顧客獲得のための機能が豊富

製品詳細を見る

logo
  • 低コストでのERP導入を実現
  • 手厚いカスタマーサポート
  • 外部システムとのデータ連携

製品詳細を見る

logo

テープス

テープス株式会社

  • 受注処理、在庫管理など、幅広い業務を効率化
  • プログラミング不要! ブロックを組み合わせて業務を自動化できる
  • 開発するよりも低コストで、複雑な要件を実現

製品詳細を見る

logo

Cloud BizApps 受発注管理

株式会社ソースリンク

  • 商談から受注、請求・発注から在庫管理、承認フロー・帳票など豊富な機能を標準搭載
  • 開発基盤は Power Platform。堅牢なセキュリティと拡張性を実現
  • ご利用企業様の業務フローに合わせたカスタマイズも安価かつ短期間で柔軟に対応可能

製品詳細を見る

logo

ASTONE

アステック株式会社

  • 製造業の中小企業向けに開発した製造DXの導入製品
  • kintoneを活用することによりローコストで開発を行い、拡張性もあり。
  • 各製造に必要な機能を持しているため簡単に導入できる。

製品詳細を見る

logo
  • 見やすいデジタル受注システムで業務時間とミスを削減
  • お取引先は無料で安心、発注もシンプルかんたん
  • 受注から伝票作成まで、シームレスでサポート

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

4.5

powered byITreview

無料でもできる範囲が広い。発注フローが楽になりました!

4.5

投稿日:

良いポイント

古民家を改築した店舗でレストランやカフェの運営、他にも調味料やクラフトなどを販売しております。故に仕入が多岐に渡ります。導入前は店舗のファックス機で発注して発注記録をエクセルなどで管理してましたが、発注漏れや二重発注などが発生していてボトルネックの一つになっていました。そこで『無料 発注システム』の様な検索をしていた時にコネクトと出会いました。無料でクラウドで発注ファックスが流せるので非常に便利でした。スマホから注文できるので発注を思いついたその場で利用できるから発注漏れが減りました。発注履歴もすぐに確認できるので誤発注や二重で発注するといったミスがなくなりました。CSVで発注履歴を出すことができるので手作業でのエクセル管理が不要になりました小売店を運営している人は無料なので是非試して欲しいですね。

改善してほしいポイント

商品登録時に下代と上代の概念を持たして欲しいです。それができると月末時点の発注金額と請求書の付け合わせに便利だと感じました。備考欄にデフォルトの文言があってもいいのかなと思いました。例えば『納期のリファックスお願い』や『午前必着で』など他には発注先が在庫切れだったりした場合に発注履歴を丸ごと削除できるとCSVに吐き出した際に月末の管理が楽だと思います。無料で使わせて頂いてわがままかもしれませんが発注履歴を1年半くらい前まで遡れると助かります。また過去の履歴から発注数量が異常数だった場合にアラートが出ると本当に凄いシステムだと思います。


平野 孝治
導入決定者
職種営業・販売・サービス職
業種その他小売・卸売
社員規模20-50人未満

ITreviewでレビューをもっと見る

Powered by ITreview

logo

販売・生産管理システム|FAST

株式会社すまいる顔

  • 本当に必要な機能だけを組み合わせられるから、無駄がない!
  • まずは使って試して後から調整できる。3ヶ月のカスタマイズし放題期間
  • IT導入補助金の補助対象だから、低コストでシステム導入が可能!

製品詳細を見る

logo

Aladdin Office

株式会社アイル

3.7

2

  • 【5000社以上の導入実績】多くのお客様の声を反映した完成度の高いパッケージ
  • お客様のご要望に合わせたカスタマイズ提案も対応可能
  • システム導入前から導入後まで、安心のフォロー体制。ユーザーリピート率は98.4%

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

3.7

powered byITreview

業務効率化になっています

4

投稿日:

良いポイント

販売管理システムの入れ替えで導入しましたが、マスタ項目の種類が豊富、汎用明細、汎用集計の作成で自分で作成して一覧や表、リストの作成が出来ると事は重宝しています。

改善してほしいポイント

マスタ連携は他の人がログインしていると処理が出来ずに、業務時間外にしか出来ない為、担当者の負担になっています。汎用明細等も受注データのみ、売上データのみの落とし込みになるので、受注+売上での落とし込みが出来ると助かります


minoru niwa
導入決定者
職種社内情報システム(開発・運用管理)
業種その他製造業
社員規模100-300人未満

弊社の仕入れ~販売まですべてを支えてくれるシステム

3.5

投稿日:

良いポイント

弊社はアパレル企業で、実店舗、ECサイトの販売情報管理、商品在庫管理、ビジネスの基盤となる部分をアラジンオフィスが支えてくれています。サポート体制がかなり充実しており、機能や使い方で分からないことがあれば、電話で連絡し、場合によっては遠隔で画面をつないで、先方側でも画面を確認しながら、かなり丁寧に操作方法などを教えていただけます。

改善してほしいポイント

部署ごとの日々売上をアラジンオフィスで確認する際、部署ごとのコードや該当の時期を入力して、エクセルでダウンロードしてそこから合計値をエクセルで計算して、という作業を行なっています。毎日やるとなると、かなりの手間なので、部署ごとに見たいデータが一目でわかるダッシュボードのような機能があればよりスムーズに日々の売上をチェックすることが可能になるのになと感じています。開発要望を出せば、対応していただけるようですが、開発費用が少し高そうなので、検討中です。


非公開ユーザー
ユーザー(利用者)
職種その他一般職
業種ファッション・洋服
社員規模50-100人未満

ITreviewでレビューをもっと見る

Powered by ITreview

logo

Aladdin EC

株式会社アイル

3.3

14

  • 取引先からの注文処理・問合せ業務の負荷を削減
  • 自社営業担当が行う単価や在庫確認・見積書作成など、事務作業の負荷削減
  • 売上アップ・他社差別化のための販促ツールとして活用

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

3.3

powered byITreview

販売管理システムとの自動連係で業務効率化につながっています

4

投稿日:

良いポイント

販売管理システムのアラジンオフィスとほぼリアルタイム連係が出来ていますので、受注取込や商品マスタの更新等、最新の情報を発信出来ています

改善してほしいポイント

仕方ない事ですが、カスタマイズを入れているので、バージョンアップが出来ない事と、アラジンオフィスと絶えずリアルタイム連係をしているので、最新データの事前準備してから、決められた日時での更新が難しい事です。最新バージョンはわかりませんが、今、使用しているバージョンだと、自分たちで多少のレイアウト変更も出来ないところが不便です。


minoru niwa
導入決定者
職種社内情報システム(開発・運用管理)
業種その他製造業
社員規模100-300人未満

業務効率化の最適ツール

4.5

投稿日:

良いポイント

以前はFAXで到着した注文書を事務員が手打ちしていた為、ミスが多く入力に時間も要していた。その為集荷に来るまでの時間もタイトとなり梱包業務にも支障をきたしていた。注文数も大幅に増加し1日に入力出来る受発注の限界をむかえていた。Aladdin ECを導入してから入力に何時間も要していた作業がほんの何分かで完結するようになり業務効率化を図れている。また月に何十時間も残業していたが、少ないスタッフで導入後はゼロ残業を継続する事が出来ている。こちらのシステムを構築する前に何度も打合せを重ねオリジナルのシステムを作り上げる事が出来た。細かくヒアリングして下さったお陰で導入後、トラブルが全くおきず問題なく使用出来ている。

改善してほしいポイント

新しくシステム更新した際、プログラムに不具合があり正常に機能しないことがあったが、サポート体制が万全なのですぐ対処してくれた。他社では標準機能なツールがカスタマイズ必要との事で若干の不便さはある。電話応対の際等にとっさに見るプレビュー画面が若干見にくい(受注売上伝票の左に行№があれば見やすいと思う)。プレビュー画面で出荷状況や送り状№まで連動、確認出来るシステムが欲しい。ユーザーの得意先番号を変更した場合、変更前の売上データが新番号に置き換わる等の機能が欲しい。会議資料に必要な全てのデータを簡単に出力、会議にそのままで出せる資料になるような(グラフや前年比、売上予想値等)標準機能が欲しい。


非公開ユーザー
ユーザー(利用者)
職種営業・販売・サービス職
業種医薬品・化粧品
社員規模20-50人未満

ヒューマンエラーの軽減に役立つ

1.5

投稿日:

良いポイント

販売管理システムのアラジンと同じサポート窓口のため、電話は取次はスムーズでサポート体制も安心できる。システム担当者も顧客に寄り添った考え方を持っているので相談しやすい。お客様ごとに商品の表示・非表示が選択できるため、専用商品など特定のお客様のみに見せる設定ができる。アラジンオフィスと連携させているのでお客様ごとに表示価格の設定が容易にできる。

改善してほしいポイント

管理画面がシステム寄りなので、使い慣れないとなかなか必要なメニューにたどり着くことができない。アラジンオフィスとの見積もり連携ができると良い。アラジンオフィスからアラジンECに表示させる商品データ区分を「する・しない」で選択できるのに、アラジンECにすべての商品データを送信されてしまうので、しないを選択した商品データは送信されないとECで管理する商品が絞られ使い易くて良いと思う。商品画像が4枚までしか登録できなく商品の詳細を伝えられる画像が足りないので、登録枚数を最低10枚は登録できるようにして欲しい。TOPページのレイアウト表示順を自由に変更できるようにしてほしい。送料表示は一律設定・無料設定・地域別送料設定があるが、商品の大きさによってかかる運賃が異なるため地域別送料設定の登録バリエーションを増やしてもらえると良いと思う。納品書・請求書発行は別のシステムを利用するか、カスタマイズで追加するかになる。自社の運用にあっているかしっかりと比較検討をしないとカスタマイズにお金が掛かる。顧客の声を拾ってまめなバージョンアップを行ってくれたらより良いものになると思います。


非公開ユーザー
導入決定者
職種経営・経営企画職
業種その他小売・卸売
社員規模20人未満

ITreviewでレビューをもっと見る

Powered by ITreview

OMSとは? 目的と活用例、受注管理の改善と効率化に効くおすすめIT製品

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「OMS」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する OMSの基礎知識OMSの機能が含まれる/連携・関連するIT製品「どの製品がいいの […]

thumbnail

    Web-EDIとは? EDIの基礎と活用シーン、導入のメリット/デメリットを解説

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中で頻繁に登場する「聞き慣れない単語/略語」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「Web-EDI」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する Web-EDIとは?Web-EDIのメリットWeb-EDIのデメリットWeb-EDIが用いられる主なIT製品Web-EDI の特徴と仕組み今すぐ資料請求できる「受発注システム」製品一覧 We […]

    thumbnail

      受注管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入のメリット・注意点

      「受注管理が複雑で手間がかかる……」「顧客情報があちこちに分散されていてどれを参照すればいいのかが分からない……」。受注から発送までの一連の流れをスムーズにし、一元化したデータとして整理する「受注管理システム」は、これらの受注管理で苦難する悩みをスッと解決する力を持っています。 本記事ではそんな受注管理システムの基礎から、主な種類、導入によって得られるメリットと注意点を詳しく解説していきます。業務の効率化を図り、顧客満足度を高める方法の1つとしてぜひ実践していきましょう。 ITセレクトは、貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリの受発注システムをご紹介しています。 ⇒簡単入力で無料相談する 受 […]

      thumbnail

        受注管理システム/受発注システムを選ぶポイントは? 【業界別】おすすめ5製品

        「聞き間違い・聞き漏らしが発生し、正しく仕入れできなかった」「手書きFAXによる注文書の文字が……かすれて・つぶれて読み取れない」──。長年やってきたアナログ手法は「慣れ」こそあれど、人力ベースであるがゆえこんなミスやトラブル、手間が発生してしまいます。「確実性を高めたい」「業務効率を改善したい」。こうした受注管理業務の課題は、業務フローをデジタル化する「受注管理システム」を導入することでスッとすぐに改善できる可能性があります。 本記事では受注管理システムの基本的な知識から、どんな規模の企業や業種に向いているのか、受注管理システムの選び方、導入までの流れをじっくり解説していきます。 「DX化の […]

        thumbnail

          この記事と同じカテゴリーの製品

          Aladdin EC
          Aladdin Office
          受発注システムCO-NECT(コネクト)
          マーケティングプラットフォーム seyanen
          注文販売[M2O]

          製品をもっと見る