ITセレクト powered by 発注ナビ

【ECサイト対応】クラウド型在庫管理システムの導入メリットと注意点、おすすめ製品5選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

 

ECサイトはとても多くの人に利用される「生活に欠かせないサービス」です。「ほしいときにすぐ買える」──。この消費者の需要を満たすECサイトの運営に欠かせないIT製品が「在庫管理システム」ではないでしょうか。

在庫管理システムを利用することで、商品の在庫状況をリアルタイムに把握して在庫切れや在庫過多を防ぎ、顧客の需要に合わせて適切にサービスを提供できます。また複数の販売チャンネルをまたいで──例えば自社サイトに加えて、アマゾンや楽天市場なども含めて在庫やサービス体制を一括管理できる機能とともに、効率的なEC店舗運営を実現することも成果向上、そして業務の効率化につながることでしょう。

本記事ではそんなECサイトの運営を例に、クラウド型在庫管理システムの導入に向けた基礎知識、選び方をじっくり解説していきます。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

ECサイトに適する在庫管理システムの基礎知識

在庫管理システムの概要、主な機能、得られる成果は以下の通りです。

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、商品の在庫状況をリアルタイムで把握し、適切な在庫数を維持する機能を軸に、それらをデータとして一元管理できるIT製品のことです。これを適切に利用することで売り逃しや在庫過多を防ぐことができます。

 

ECサイトが抱える在庫管理のよくある課題

(1)在庫不足と過剰在庫のリスクが怖い

欲しい人がいるのに在庫切れで販売できなかったら「売上の機会損失」になります。これが何度も続けば顧客の信頼を失い、二度と利用してくれなくなるかもしれません。

一方、在庫切れがリスクだからと在庫を過剰に抱えすぎてもいけません。資本に影響し、こちらも結果として機会損失や業績の悪化につながります。

このバランスをどう取っているのか。「管理者」「ベテラン」「専門スタッフ」「詳しい人、慣れた人」などが自身の経験、コツやカンを頼りにで行っているのではないでしょうか。

 

(2)人的ミスの可能性が要所にある

前述した仕入れ時だけでなく、入出庫時、検品時、ピッキング時、倉庫内での在庫移動時など、人力で行う作業にはどうしても人的ミスが発生する可能性があります。

「数字を間違えて仕入れすぎてしまった……」と原価以下で泣く泣く投げ売りすることになったシーンもネットではよく見かけます。

人的ミスに由来する過剰在庫の発生や販売機会の損失、注文に対する発送遅延が発生する可能性はできるだけ排除していきたいが、目の前のことが忙しいし、どうすればよいだろうか……が現状かもしれません。

 

在庫管理システムの導入で得られる成果

(1)効率的に在庫管理ができるようになる

在庫管理システムを導入することで、在庫の追跡、発注、販売予測などの行程を自動化できるようになります。手作業による人的ミスのリスクを減らし、業務効率を向上できます。

 

(2)販売機会を最大化できるようになる

在庫管理システムを適切に活用することで、適切な在庫量を維持できるようになります。商品の欠品による販売機会の損失を防ぎ、売上の最大化にもつながります。

 

(3)資本の最適化が可能になる

在庫を適切に管理することで、過剰在庫による資本の凍結も防げます。資本の効率的な利用が可能となるでしょう。

 

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムを選ぶ際には、機能性、使いやすさ、コストパフォーマンスなどが基本の選定要件になります。基本ポイントは以下の通りです。

 

  • 自社の業務フローをあらためて確認
  • 自社に必要な機能、性能を持つかどうか
  • 既存システムとの連携性はどうか
  • コストは適切か
  • サポートとアップデート体制に不足はないか

(1)自社の業務フローをあらためて確認する

在庫管理システムの選定においてまず重要なのは「要件をまとめること(要件定義)」です。

自社の在庫管理に関する業務フローを再確認し、どんな課題があるのか、その課題をどう解決したいのか、どれだけ売上を向上させたいのか、などできるだけ多くリストアップして、要素別に重要度順に順位付けをしましょう。

業務フローやニーズを改めて明確にしておくことで、必要となるシステム機能や要件を「具体的にベンダーへ伝えられ」ますし、「製品を探しやすく/候補を絞りやすく」なります。この要件定義をあらかじめしておくことが、より適切なシステム選定につながります。

 

「要件をどのように定めればいいのか分からない」

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

(2)自社に必要な機能、性能を持つかどうかを確認する

自社のビジネスモデルや運営規模に応じて、自社にニーズのある機能、必要となる機能、例えば「リアルタイム在庫管理」「マルチチャンネル対応」「自動発注システム」などがあるかどうかを確認しましょう。

併せて、将来的にビジネスが拡大した際にも対応できる性能、例えば「取扱商品数の上限」「需要に沿った処理速度」など備えているかどうかも考慮しておきましょう。

 

(3)既存システムと連携できるか

既存のECプラットフォーム、会計ソフト、CRM、物流管理システムなどとの連携が可能か、APIの提供や用意されている統合ソリューションの有無を確認しましょう。

また標準機能ではカバーできない特殊な連携が必要な場合、カスタム開発が可能かどうか、またその際のコストや期間も確認する必要があります。

 

(3)コストは適切か

 システムの導入にかかる初期費用とランニングコストとともに、それらの投資に対してどれだけ成果を得るのかを試算しましょう。

クラウド型のIT製品は、パッケージ型などと比べると初期費用を抑えられる場合が多い半面、ほとんどは月額あるいは年額で支払うサブスクリプション型です。使い続ける限り一定のランニングコストが掛かり続けます。

それに対して、在庫の正確な管理による売上増加、過剰在庫や品切れによる損失の削減、作業効率の向上による人件費削減など、投資に対する成果をどう考えるかが大きなポイントになりそうです。

 

(4)サポートとアップデート体制に不足はないか

クラウド型製品は、セキュリティ対策の基礎対策をクラウドサービスベンダーに任せられる利点があります。しかし、重要な「商品」「お金」のデータを扱うシステムである以上、自社で何も対策せず/全部お任せ……ではいけません。製品側のセキュリティ対策だけでなく、自社内のセキュリティ意識や取り組み、体制の不備や不足も潜在的なリスク要因になります。

サポート体制/サポートメニューの幅は「製品や料金プランによって変動する」ことが多いです。例えば、低価格プランはWebヘルプのみ、企業向けプランは24時間電話受付やサポート専任者が付く、手厚いサポートメニューはオプションで別途用意、などです。

ともあれ、システムが定期的にアップデートされ、最新のセキュリティ対策や新機能が追加されるか。また、そのアップデートや保守期間が自社サービスの運用にどのように影響するかといった、「他人任せでは済まない」自社として正しく把握し確認しておくべきこともあります。不明点は製品を提供するベンダーに遠慮なく問い合わせましょう。

 

「ECサイト向け」おすすめ在庫管理システム 5選

ECサイト向け機能を備える在庫管理システムを5製品を紹介します。(製品名 abcあいうえお順)

CROSS MALL

特徴 商品登録・在庫管理・受注管理・発注・仕入れといった、ネットショップを運営するのに必要な業務をすべて一元管理できるASP製品
主な料金プラン スーパーライトプラン:月5000円×サイト数(3サイトまで)

プラン1000:月9000円×サイト数(商品点数1000点まで)

プラン3000:月1万4000円×サイト数(商品点数3000点まで)

ベンダーのWebサイト https://cross-mall.jp/

 

GoQSystem

特徴 商品・地域別の自動振り分けやメールの自動配信など、複数店舗をまとめて管理できるシステム。モール・カートごとの在庫の管理や仕様が異なる商品の登録や更新・変更を一括で完了できる。
主な料金プラン 無料プラン:あり
受注管理プラン:月1万500円から受注・在庫連携管理プラン:月2万9800円から受注・商品・在庫連携管理プラン:月4万4800円から
ベンダーのWebサイト https://goqsystem.com/

 

アシスト店長

特徴 受注・在庫管理業務、メール配信や顧客管理などの手間・時間・人件費を全てカバーして一元管理できるEC受注一元管理システム。
主な料金プラン 初期費用:5万円から

基本料金:月2万5000円から

ベンダーのWebサイト https://assist-tencho.com/

 

注文販売[M2O]

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る


特徴 見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージ。
主な料金プラン 要問い合わせ
製品詳細ページ https://itselect.itmedia.co.jp/product/14/

 

テープス

logo

テープス

テープス株式会社

  • 受注処理、在庫管理など、幅広い業務を効率化
  • プログラミング不要! ブロックを組み合わせて業務を自動化できる
  • 開発するよりも低コストで、複雑な要件を実現

製品詳細を見る


特徴 EC 店舗を運営する担当者単位で業務自動化するツールを作成できるノーコードクラウドサービス
主な料金プラン 無料プラン:あり

無料トライアル:あり

Regular:月1万9800円
など

製品詳細ページ https://itselect.itmedia.co.jp/product/37/

 

在庫管理システムの導入計画は、まず「自社の要件まとめ」から

在庫を管理するためのシステムと言ってもさまざまなツールがあり、その特長や機能も多岐にわたります。選定プロジェクトにおいて最も大きなポイントは「自社の要件」を「まずまとめてしまう」ことです。そして、「不明点は遠慮なくベンダーに確かめる。あるいは詳しい人/ITセレクトのコンシェルジュに聞く」ことです。自社の要件を軸に総合的に検討し、製品を比較していくとスムーズに選定プロジェクトを進めていけるでしょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

(執筆:合同会社伝心)

今すぐ資料請求できる「在庫管理システム」製品一覧

 無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
人とモノが「みえる」倉庫管理システム
MieLU
MieLU(みえる)とは、トヨタ情報システム愛知の倉庫管理システム(WMS※)です。
倉庫業務における入荷から出荷までの人、モノの動きをシステムで一元管理することで、
「どこに」「何が」「いくつ」あるかを簡単に把握できるようになり、在庫管理の効率化が実現します。
データはリアルタイムで更新されるので、あらゆる角度から在庫の状況を把握できます。

●在庫のみえる化
現品票や棚ラベルのバーコードを使い正確に倉庫内の在庫を管理します。

●課題のみえる化
分析結果から作業効率化と在庫削減に向けた課題が確認できます。

●業務のみえる化
作業実績をリアルタイムに収集し、いつ・だれが・どんな作業をしているか確認できます。

※WMS=Warehouse Management System
2
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。
3
テープス
テープスは、EC 運営の業務を自由に自動化できるサービスです。

特長① 20 以上のサービスと API 連携
EC モールやカート、Google スプレッドシートなどと API で接続し、受注や在庫、配送情報などをサービス間で柔軟にやり取りできます。

 特長② プログラミング不要
ブロックを組み合わせ、さまざまな処理を実現できます。プログラミング経験がなくても運用できるので、いま一番欲しいツールをすばやく作成し、業務をスピードアップできます。

特長③ 開発より低コスト
テープスはブロックの組み合わせ次第で、複雑な要件にも対応できます。
これまではゼロからの開発が必要だったケースでも、テープスを使って自社でサクッと実装すれば、 高額なコストはかかりません。初期費用ゼロ、月額 19,800 円からご利用いただけます。

接続サービス ※ 順次拡大中
・EC モール、カート
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!ショッピング / Shopify / futureshop / ecforce / Qoo10 / Bカート

・OMS、WMS
ネクストエンジン / OPENLOGI

・コミュニケーションサービス
Chatwork / LINE / Slack / ソーシャルPLUS / メールクライアント

・その他
ChatGPT / Google スプレッドシート / PCAクラウド 商魂・商管 / Dropbox / FTP / CData Connect Cloud / Google マップ/ ScrapeHero Cloud

活用事例:受注処理/フルフィルメント
・受注情報を Google スプレッドシートに書き出し、自動で売上集計
・受注情報を FTP サーバーやキントーン、ネクストエンジンに連携
・任意の条件で受注ステータスを変更
・Google スプレッドシートの配送情報を受注に反映

 活用事例:在庫管理
・複数店舗の在庫を一枚のシートに書き出し、在庫管理を一元化
・在庫管理シートの在庫数を、各店舗に自動で反映
・在庫が少なくなったらチャットツールに通知/メーカーに発注メールを送信
・ある店舗の在庫を、別の店舗に同期

活用事例:売上・利益 UP 施策
・モールのイベント開始・終了に合わせ、商品情報やポイント倍率を一括更新
・FBA の在庫がなくなったら、出品者出荷に切り替えて販売を継続
・ショッピングカート獲得価格に合わせ、出品価格を自動更新
・レビュー記入者にメールでクーポンを一斉送信
・楽天市場で、サンクスメールと出荷完了報告メールを自動送信
・購入内容や配送先に応じて、配送キャリアを変更

ほかにも、多数の事例があります。
御社の実現したいことに応じて提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

製造業・小売業で在庫管理システムを導入するメリットは? おすすめ製品4選

「在庫管理」の精度や効率に課題を抱えていませんか? その課題を解決する機能を備えるIT製品「在庫管理システム」により、さらなる効率的な運営とコスト削減が可能になります。リアルタイムでの在庫追跡が可能となり、必要な材料や製品の正確な量を把握できるようになります。過剰在庫の保持や不足による生産遅延を防ぐ成果、さらにはデータドリブン型の意思決定が可能になり、需要予測の精度向上も大いに期待できます。 本記事では、そんな在庫管理システムの基礎から、導入で得られる成果、メリットと主な機能、検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する経営管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 […]

thumbnail

    デジタル時代の「在庫管理」システム選定方法 重要チェックポイント、導入のメリットと注意点を解説

    在庫管理システムに興味を持たれている方の中には、「在庫管理をデジタル化しようにも、何からはじめれば良いか分からない」「どんなツールを選べば良いか分からない」と、お悩みの方もいるのではないでしょうか。 ここでは、在庫管理の重要性とあわせて、在庫管理システムの種類や導入のための選定ポイントをお伝えします。アナログの在庫管理からいち早く脱却するためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する 在庫管理の基礎 […]

    thumbnail

      クラウド型「在庫管理システム」の効果と選び方|「無料」で始められる在庫管理システム4選

      製造、物流、販売、eコマース業などを中心に「在庫」の情報を正確かつ効率的に管理し、効率化するIT製品「在庫管理システム」を導入し、成果を上げる企業が増えています。その一方で「コストがかかるので……」「どう選べばよいのか分からない」などで、従来の方法に課題があるのは分かっていつつも脱却できない状況にある企業も多くあります。 本記事では、そんな企業の担当者に向け、まずは「無料」で始められる在庫管理システムとともに、在庫管理システムの利点や選び方のポイントを詳しく紹介していきます。最初はコストをかけずに、在庫の管理と最適化を実現できる方法を検討してみてはいかがでしょうか。 在庫管理システムの基礎知識 […]

      thumbnail

        中小企業も安心 「在庫管理システム」の導入効果とスムーズ選定3つのコツ

        在庫管理がうまくいかず、商品の過剰在庫や品切れで困っていませんか? 中小企業にとって、効率的な在庫管理は効率化と業績向上のカギとなります。本記事では、在庫管理システムの導入がどのようにビジネスに貢献するのか、検討/選定の際の注意点とともに、初期準備、選定、導入まで「導入プロジェクト」をスムーズに進めるためのポイントをご紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 在庫管理システムの基本と導入効果【中小企業向け】在庫管理システム導入の「 […]

        thumbnail

          クラウド対応「在庫管理システム」の基礎知識と選び方 おすすめ製品5選

          在庫管理業務の「デジタル化」は、昨今の企業の成長に不可欠な要素となってきています。適切かつ無駄なく在庫を管理し、それをリアルタイムに把握でき、そしてそれらのデータへいつでもどこからでもどのメンバーもアクセスできる。これを実現するIT製品が「在庫管理システム」です。 この記事では主に個人事業主から中小規模企業に向け、企業の導入例が増えているクラウド型の在庫管理システムで得られる効果、導入方法、おすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する在庫管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなと […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            注文販売[M2O]
            GrowOne  販売情報システム
            ASTONE

            製品をもっと見る