ITセレクト powered by 発注ナビ

有料ユーザー企業数38万超の統合型経営プラットフォーム

logo

freee会計

4139

powered byITreview

freee株式会社

3つのポイント

  • クラウド完結の社内申請で紙、エクセル業務から脱却
  • リアルタイムな予実管理により月々の収支を見える化
  • 統合マスタの活用で月次決算の早期化を実現

最終更新日:

料金プラン

※表示は全て税別価格です

ベーシック

3,980

※年一括払時

追加従業員ID:月額300円/1人あたり 全20IDまで

プロフェッショナル

39,800

※年一括払時

追加従業員ID:月額500円/1人あたり

エンタープライズ

料金はお問い合わせください

製品概要

機能

会計システム

  • 帳簿管理
  • 経費管理
  • 資産管理
  • 予算管理
  • 税務処理
  • 財務報告
  • 自動請求書処理
  • アクセス管理
  • 多通貨対応
  • 外部データ取り込み
  • オンライン支払い
  • API連携
  • モバイル対応
  • カスタマイズ
  • 法制度対応

帳票システム

  • 帳票デザインのカスタマイズ
  • 外部データ取り込み
  • データ集計
  • バージョン管理
  • エラーチェック
  • モバイルデバイス対応
  • 帳票の自動生成
  • JIIMA認証

製品イメージ

thumbnail

thumbnail

thumbnail

ユーザーレビュー

総合評価

4

powered byITreview

クラウドで複数人と共有できるのは良い点です

2.5

投稿日:

良いポイント

少人数でスタートする際、安価な価格で一通りの機能(経費精算+会計システム)を提供してくれるのは他社にない良いサービスを感じました。また、今まで利用していた会計システムからの移行もcsvファイルがあればユーザー自身で行えるため、サービスの切り替えもスムーズに行えて良いです(Youtubeなどの無料動画でも紹介されていたので、操作しやすかったです)

改善してほしいポイント

経費精算の伝票から仕訳を計上する際に、貸方と借方の勘定科目をマスタで登録された内容からしか登録することができず、今まで自由に設定出来ていた仕訳の計上がひと手間かかるようになってしまいました。設定を工夫すれば登録ができるかもしれませんが、現状そのような登録方法が記載されていないため、仕訳の作成に時間がかかっております。経費精算から仕訳を作成する場合も手動で科目を修正することができるようになれば、特殊な仕訳などにも対応出来て使い勝手が向上するのでは、と思いました。


非公開ユーザー
ユーザー(利用者)
職種会計・経理
業種ソフトウェア・SI
社員規模20人未満

痒い所に手が届くわけではないがインボイス保存に適している

3.5

投稿日:

良いポイント

Amazonで購入した際のインボイスの保存方法で対応に苦慮していたところ、freee会計にてAmazon購買連携が可能と知り、試しに導入したところ、少し設定は面倒ではあったがAmazonの購買情報を連携しインボイスとして保存してくれるので、Amazon上で都度インボイスを出力して保存するといった手間をかける必要がなくなった。

改善してほしいポイント

Amazon購買で任意の発注番号を入力しているが、必要な項目だけ連携されているため、社内で必要としている情報までは連携されないのが難点。APIの機能を強化して、連携可能な項目を増やして頂けるとなおよい。


非公開ユーザー
IT管理者
職種社内情報システム(企画・計画・調達)
業種専門(建設・建築)
社員規模20-50人未満

Web経由なので社内でも社外でもどこでも編集可能

4

投稿日:

良いポイント

優れている点・好きな機能・見積・請求・領収書などの作成が容易・社内のPCで作業は勿論、出先でのPCやスマホ、タブレットからも編集可能。・コンビニプリントも活用すれば場所を問わずどこでもできる。・PDF出力でお客様に請求書を送ることも可能で便利外回りが多かったり、急な対応が求められる現場が多い職種など、内勤がいないような営業会社ならベストかと思います。

改善してほしいポイント

改善してほしいポイント・頻繁に利用するならまだしも、利用頻度が低い会社だとコスト面が微妙・請求書などの中身の部分の作成の自由度が欲しい・個人事業などの小規模利用者で地域型の人だと、こちらを使うよりアナログな方法を選んでしまうかも。


Nakajima Yuta
ユーザー(利用者)
職種宣伝・マーケティング
業種デザイン・製作
社員規模20人未満

ITreviewでレビューをもっと見る

Powered by ITreview

関連記事

【電子帳簿保存法対応】で考える中小企業のクラウド会計システムの選び方|おすすめ会計ソフト 5選

2024年1月、電子帳簿保存法(電帳法)において「電子取引データの保存」が義務化されました。この義務化は事業の規模を問わず、中小企業や個人事業主も対象です。電子帳簿保存法は私たちの業務にどう関わり、どう対応し、順守していかなければならないのでしょう。 この記事では、あらためて電子帳簿保存法の順守に向けた基礎を確認しながら、特に電子帳簿保存法と密に関わる業務シーンの1つである「会計、経理」分野の対策方法と注意点、“電帳法対応”会計ソフトの選び方を解説していきます。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタ […]

thumbnail

    【電子帳簿保存法とインボイス制度への対応】2024年度版 経理ソフトの選び方

    2023年10月にインボイス制度の開始、2024年1月に電子帳簿保存法における電子取引のデータ保存完全義務化。これらの法令に順守するために、企業は改めてどんな対策が必要でしょうか。本記事では、これらの新たな法令、制度のおさらいとともに、経理システム/経理ソフトの導入によって実現する効果や成果を解説していきます。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する 経理ソフトとは“失敗しない” 経理ソフトの選定ポイント【確認しましょう】電子帳簿保存法/ […]

    thumbnail

      【2024年度版】経理ソフトの主な機能とメリット・デメリット、“いますぐ計画・実践できる“対策、おすすめ製品5選

      企業が成長するためには正しく経理業務を行うことが必要です。経理業務において「仕分けが煩雑で面倒、時間がかかる」「人力作業によるミス発生を減らしたい」「特定の担当者しか分からない/作業できない」──などと、紙やExcelなどによる従来型方法を未だ使うシーンでいろいろな課題を抱えている企業はまだ多いかもしれません。これらの課題はそれぞれの業務に専用/特化し機能を工夫したIT製品の導入で多くを解決できる可能性があります。 この記事では、主に「経理ソフト」およびIT製品カテゴリーにおける「会計システム」の機能と効果、“いますぐ計画・実践できる”選定・導入のチェックポイントを解説していきます。 ITセレ […]

      thumbnail

        関連記事をもっと見る

        提供会社

        社名freee株式会社
        本社所在地東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー 21階
        設立年月2012/7
        従業員数916人
        資本金24,724,000,000円
        代表者名佐々木 大輔
        企業URLhttps://www.freee.co.jp/hr/

        カテゴリー関連記事

        関連記事をもっと見る