ITセレクト powered by 発注ナビ

在庫管理システム

在庫管理システムとは、企業が保有する「商品や資材の在庫状況をデジタル管理」するためのIT製品のことです。入出庫情報を記録して的確に集計、管理するだけでなく、「余剰在庫や欠品を生み出さない」ための数々な機能を搭載します。商社や工場、ECサイトなど、さまざまな種類の商品や資材を抱える業態・業種には欠かせず、またデータを一元化することで部署間での混乱や作業の重複をなくせます。業務の効率化とともに、人件費削減などへつながることも期待できます。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

在庫管理システムとは? 導入するメリット・デメリットとおすすめ製品4選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

在庫管理システムとは、企業が保有する商品や資材の在庫状況を管理するためのシステムです。入出庫情報を記録・集計するだけでなく、余剰在庫や欠品を生み出さないための数々の機能が搭載されています。

商社や工場など、さまざまな種類の商品や資材を抱える業態には欠かせないシステムですが、利用することでどのようなメリットとデメリットが生まれるのでしょうか。今回は在庫システムのメリット・デメリットと、おすすめ製品をご紹介します。

\ITセレクトおすすめの在庫管理システム資料を一括ダウンロード/

在庫管理システムの機能と種類

在庫管理システムは、さまざまな種類の商品や資材の入出庫管理を効率化するためのIT製品です。入出庫管理は数量を数えて在庫を把握するだけでなく、会計処理や購買計画を立てるためのデータを作る際にも役立ちます。

在庫管理システムの主な機能

在庫管理システムは、一般的に以下のような機能を備えています。

  • 入出庫管理機能
  • 検品機能
  • 返品管理機能
  • 棚卸機能
  • 在庫分析機能
  • データ抽出機能
  • マスター管理機能

入出庫管理機能

入出庫管理機能は、商品や資材の入荷・出庫を保管拠点ごとに管理し、在庫数を記録するための機能です。管理する商品を種類別やカテゴリー分類など、指定した条件で管理できます。

検品機能

検品機能は、連携したハンディスキャナで商品のバーコードを読み取り、入出庫する品目・数量を確認するための機能です。入出庫予定の品目・数量を登録しておけば、問題発生時にはアラートが発出され、再チェックを促してくれます。

返品管理機能

返品管理機能は、出荷された商品が返品される際の手続きを支援する機能です。この機能は、返品処理の手順を標準化し、企業や拠点間での処理方法の差異を最小限に抑えられます。これにより、返品処理における一貫性を保ち、在庫情報の正確性を維持することが可能になります。

棚卸機能

棚卸機能は、データ上の在庫数と実際の在庫数を照合するための機能です。検品と同様に、ハンディスキャナで商品のバーコードを読み取り、データと実在在庫のズレをチェックします。倉庫内の全商品が対象の一斉棚卸だけでなく、カテゴリーごとや商品ごとなど、部分的な棚卸にも対応しています。

在庫分析機能

在庫分析機能は、過去のさまざまな記録を分析する機能です。在庫状況などを分析することで、売れ筋や売れていない商品を把握できます。また、過去の入出庫状況から、時期ごとの入荷予測を自動的に算出することも可能です。

データ抽出機能

データ抽出機能は、在庫管理システム内に記録された情報から必要な情報を抽出する機能です。情報を抽出後、グラフや一覧表に加工して出力することも可能です。社内会議などに必要な資料作成に欠かせない機能であり、データが積み上げられると共に出力されるデータの精度も高まります。

マスター管理機能

マスター管理機能は、マスターデータ(顧客や社員、商品分類など)を管理する機能です。在庫管理に必要な複数のデータを横断して管理できるため、特定の顧客に関連する商品の在庫変動など、欲しい条件のデータの抽出が容易になります。

在庫管理システムの種類

在庫管理システムは、ベンダーからの提供方法によって「クラウド型」「オンプレミス型」「パッケージ型」に分類されます。

クラウド型

クラウド型は、インターネット上のサーバに構築されたシステムをインターネット経由で使用するタイプです。インターネットにつながっている端末であればどこからでも使えるので、多拠点間、グループワーク、リモートワークでも使いやすいのが特徴です。システムやセキュリティのアップデートなどもベンダー側の主導で行われます。

本記事では、現在主流であるこの「クラウド型」での検討シーンを主に解説していきます。

オンプレミス型

オンプレミス型は、自社内のサーバにシステムを構築するタイプです。自社独自に構築するのでカスタマイズ性が高く、自社の業務内容にフィットしたシステムを構築しやすいのが特徴です。ただ、独自/独特の機能開発も含めると、開発・導入のためのコストや手間はかなり大掛かりになります。また、導入後のシステムやセキュリティのアップデートや管理も自社ですべて対応していくことになります。

パッケージ型

パッケージ型は、在庫管理システムとして販売されているソフトウェアをインストールして使用するタイプです。旧来よりある方法ですが、インストールしたPCでしか使えない制約があり、複数人・複数拠点での同時作業や管理にはあまり適していません。手軽に導入でき、機能も購買スタイルもシンプルなので、個人事業主や小規模での導入に適するシーンはいまだにあります。

在庫管理システムを導入するメリット・デメリット

在庫管理システムの導入には、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがあります。

在庫管理システムを導入する主なメリット

手作業で在庫管理を行っていた企業が在庫管理システムを導入すると、作業時間の短縮と効率化、そして正確性の向上が大きく期待できます。棚卸の際に発生する在庫ズレが少なくなり、不要な仕入が減りコストカットにもつながります。

オンプレミス型やクラウド型を使用すれば、全社内で在庫情報を共有しやすくなる点も大きなメリットです。部署間での混乱や作業の重複がなくなることで業務が効率化され、人件費の削減も可能になるしょう。

在庫管理システムを導入する主なデメリット

在庫管理システムは便利な一方、利用には一定の費用がかかります。クラウド型製品の多くは、従来のパッケージ型製品のように1本○円の買い切り型ではなく、ユーザー数単位/機能数単位などで「月額○円(あるいは年額○円)」となるサブスクリプション型の料金体系になります。

サブスクリプション型は料金プランの選択や機能オプションの数などとともに細かくコストを定めやすい半面、誤った判断──例えば、「分からないので、とにかく全部入りで! 最上位のプランで!」のような安易な決め方はおすすめできません。導入コストやランニングコストの額によっては不要な費用負担がのしかかることになります。機能、予算と財政状態などに合わせた導入を検討する必要があるでしょう。

また、一度在庫管理システムを導入すると、その後の在庫管理に関する業務はシステムに依存することにもなり得ます。障害発生時の対応策などにも気を使う必要があります。

専門スタッフに相談する

在庫管理システムの選定ポイント

在庫管理システムごとに使用できる機能が異なりますので、自社にあったシステムを選ばなければなりません。初めて在庫管理システムを導入する際には、どのようなポイントを注意してシステムを選べばよいのでしょうか。

(1)自社が抱えている在庫管理の課題を解決できるか

自社の在庫管理が抱える問題を解決するためにシステムを導入するなら、まずは具体的に解決したい課題や目標値、ありたい姿などを明確にするところから始めましょう。

また導入候補のシステムの費用や対応できる規模を把握し、自社の規模と合っているものを選ぶのがおすすめです。選ぶ際には、複数の候補を比較して選定しましょう。

(2)自社に適した登録方法となっているか

在庫管理システムは、頻繁に発生する商品の登録作業が現場の負担にならず、必要な情報を取得できるものであることが大切です。同じツールでも管理する商品や資材のアイテム数、拠点の数や規模などによって使い勝手は異なります。現在の業務で使いやすいというだけでなく、今後の事業拡大も考慮に入れてシステムを選ぶとよいでしょう。

(3)カスタマイズを柔軟に行えるか

在庫管理の仕方は業種や作業環境によって変わるため、特別な対応が必要な企業は、柔軟にカスタマイズできるシステムを選ぶとよいでしょう。

なお、在庫管理システムの中には特定の業界向けのものもあります。まずは自社が属する業界向けの製品で探すのは近道の1つです。“業界特化型”がなかったとしても、必要に応じて機能をカスタマイズできる製品も多くあります。

(4)既存のシステムと連携しやすいか

在庫管理システムは、受注管理システム販売管理システムなど、商品の販売・生産に関わる他のシステムと連携することで、業務をより効率化できます。各商品の在庫変動を売り上げと連携させれば、より高度な売り上げ分析も可能になるため、既に利用しているシステムと連携可能かもあわせて確認しましょう。

(5)十分なサポート体制があるか

在庫管理システムはすべての商品の出入りに関わるシステムであるため、停止すると業務に大きな支障をきたすおそれがあります。万が一トラブルが起きた際に解決できるよう、十分なサポート体制が用意されたシステムを選ぶのがおすすめです。

おすすめの在庫管理システム4選

これまでの解説を踏まえ、おすすめの在庫管理システムをご紹介します。(製品名abcあいうえお順)

Aladdin Office

初期費用 / 月額費用 要問い合わせ
提供形態 パッケージ ※クラウド対応可
主な機能 ・予定在庫管理

・倉庫別在庫管理

・棚番管理

・滞留在庫管理

システムの特徴 ・さまざまな業態に合わせたパッケージを用意

・各種外部システムとの連携が可能

・カスタマイズ対応

無料トライアル 要問い合わせ
特徴 Aladdin Officeは5000社を超える企業への導入実績を誇るパッケージ型在庫管理システムです。業界特化型のパッケージを多数用意し、ファッションや食品、衣料、鉄鋼など業態特有の事情にも対応可能といいます。ニーズに応じて、企業独自のカスタマイズにも対応します。

受発注システム「アラジン EC」をはじめとしたさまざまな外部ツールとの連携も可能です。

ベンダーのWebサイト https://aladdin-office.com/

 

MieLU

logo

人とモノが「みえる」倉庫管理システム
MieLU

トヨタ情報システム愛知株式会社

  • 在庫とロケーションをバーコードで管理
  • 在庫のリアルタイム管理とトレーサビリティ
  • フリーロケーションの実現

製品詳細を見る

ロジクラ

初期費用 / 月額費用 無料 / 月額1万2800円~※プランと出荷数に応じて変動
提供形態 クラウド
主な機能 ・入出荷管理

・在庫管理

・倉庫内ロケーション管理

システムの特徴 ・iPhoneアプリでバーコード検品

・ラベルプリンターと連携しバーコードラベルを発行

・ShopifyやSTORESなどのECサービスと連携

無料トライアル あり
特徴 ロジクラはシンプルで使いやすいUIとiPhoneを使ったバーコード検品機能が特徴の在庫管理システムです。専門知識がなくても使いやすい設計とし、納品書や送り状の発行、追跡番号の登録など本格的な機能を備えます。

ShopifyやSTORESなどのECサービス、CROSSMALLやネクストエンジンなどの受注管理システムと連携することで、BtoBからBtoCまで幅広い物流業務への対応が可能といいます。

ベンダーのWebサイト https://logikura.jp/

 

ロジザードZERO

初期費用 / 月額費用 要問い合わせ
提供形態 クラウド型
主な機能 ・在庫照会
・同梱物管理
・入荷日管理
・セット品管理
・有効期限管理
・梱包形態管理
システムの特徴 ・拡張性が高く、業態に合わせた導入が可能
・カートシステム、OMS、ERPなど多彩なツールと連携
・英語、中国語、タイ語、ベトナム語に対応
無料トライアル あり
特徴 ロジザードZEROは、20年以上の物流ノウハウから生まれたクラウド型倉庫管理システム。クラウド型で、さまざまな機能との連携に優れており、業態に適した状態で導入できるといいます。

ECサイト連携機能もポイントで、BtoCだけでなくCtoCにも対応可能。店頭在庫の一元管理も可能であり、いつどこにどの商品があるかも一目瞭然とする機能もウリ。サポートは365日電話対応可能。

ベンダーのWebサイト https://www.logizard-zero.com/

効率化を目指すなら在庫管理システムの導入を検討しよう

在庫管理システムは、商品や資材の在庫を持つ企業にとって多くのメリットがあります。在庫状況の正確かつ迅速な把握により、コストを削減しながらビジネスを展開できます。

在庫管理システムは製品ごとに導入コストや機能が異なりますので、ぜひ自社の業種や規模にあったシステムの導入を検討しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。

 

今すぐ資料請求できる「在庫管理システム」製品一覧

 無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

製品紹介

在庫管理システムの製品が10件あります

logo

人とモノが「みえる」倉庫管理システム
MieLU

トヨタ情報システム愛知株式会社

  • 在庫とロケーションをバーコードで管理
  • 在庫のリアルタイム管理とトレーサビリティ
  • フリーロケーションの実現

製品詳細を見る

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

logo
  • 低コストでのERP導入を実現
  • 手厚いカスタマーサポート
  • 外部システムとのデータ連携

製品詳細を見る

logo

Cloud BizApps 受発注管理

株式会社ソースリンク

  • 商談から受注、請求・発注から在庫管理、承認フロー・帳票など豊富な機能を標準搭載
  • 開発基盤は Power Platform。堅牢なセキュリティと拡張性を実現
  • ご利用企業様の業務フローに合わせたカスタマイズも安価かつ短期間で柔軟に対応可能

製品詳細を見る

logo

ASTONE

アステック株式会社

  • 製造業の中小企業向けに開発した製造DXの導入製品
  • kintoneを活用することによりローコストで開発を行い、拡張性もあり。
  • 各製造に必要な機能を持しているため簡単に導入できる。

製品詳細を見る

logo

GrowOne 販売情報システム

株式会社 ニッセイコム

  • パッケージ・スクラッチ開発のいいとこどり「セミオーダー開発」
  • 「標準機能+独自機能」貴社の特徴を活かして業務を効率化!
  • 担当SEと直接話せる、安心・頼れるサポート体制

製品詳細を見る

logo

Aladdin Office

株式会社アイル

3.7

2

  • 【5000社以上の導入実績】多くのお客様の声を反映した完成度の高いパッケージ
  • お客様のご要望に合わせたカスタマイズ提案も対応可能
  • システム導入前から導入後まで、安心のフォロー体制。ユーザーリピート率は98.4%

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

3.7

powered byITreview

業務効率化になっています

4

投稿日:

良いポイント

販売管理システムの入れ替えで導入しましたが、マスタ項目の種類が豊富、汎用明細、汎用集計の作成で自分で作成して一覧や表、リストの作成が出来ると事は重宝しています。

改善してほしいポイント

マスタ連携は他の人がログインしていると処理が出来ずに、業務時間外にしか出来ない為、担当者の負担になっています。汎用明細等も受注データのみ、売上データのみの落とし込みになるので、受注+売上での落とし込みが出来ると助かります


minoru niwa
導入決定者
職種社内情報システム(開発・運用管理)
業種その他製造業
社員規模100-300人未満

弊社の仕入れ~販売まですべてを支えてくれるシステム

3.5

投稿日:

良いポイント

弊社はアパレル企業で、実店舗、ECサイトの販売情報管理、商品在庫管理、ビジネスの基盤となる部分をアラジンオフィスが支えてくれています。サポート体制がかなり充実しており、機能や使い方で分からないことがあれば、電話で連絡し、場合によっては遠隔で画面をつないで、先方側でも画面を確認しながら、かなり丁寧に操作方法などを教えていただけます。

改善してほしいポイント

部署ごとの日々売上をアラジンオフィスで確認する際、部署ごとのコードや該当の時期を入力して、エクセルでダウンロードしてそこから合計値をエクセルで計算して、という作業を行なっています。毎日やるとなると、かなりの手間なので、部署ごとに見たいデータが一目でわかるダッシュボードのような機能があればよりスムーズに日々の売上をチェックすることが可能になるのになと感じています。開発要望を出せば、対応していただけるようですが、開発費用が少し高そうなので、検討中です。


非公開ユーザー
ユーザー(利用者)
職種その他一般職
業種ファッション・洋服
社員規模50-100人未満

ITreviewでレビューをもっと見る

Powered by ITreview

logo

Perswell

株式会社DATAFLUCT

  • AIを活用した需要予測
  • データサイエンティスト不在で需要予測モデルを利用可能
  • 業務/システム/モデルの各観点から最適なソリューションを提供

製品詳細を見る

在庫管理アプリとは? 導入するメリットと注意点、【業種別】おすすめアプリ5選

余剰在庫、欠品、ヒューマンエラーによる誤出荷……。在庫管理は商いの軸であることは分かっていつつも、その煩雑さ、大変さ、対策などに頭を抱えている人は多いかもしれません。そんな課題や悩みをスッと解決するIT製品、それが「在庫管理システム」です。 在庫管理システムに備わるツール/アプリ/機能によって、在庫管理業務の効率化が大きく期待できます。余剰在庫や欠品などのリスクやトラブル回避にも大きな成果を出すことでしょう。この記事では「在庫管理業務」で抱える課題を「素早く」「比較的簡単に」解決したい人に向け、在庫管理システムのメリットと効果、選び方を分かりやすく解説していきます。 在庫管理シス […]

thumbnail

    在庫管理を「自動化」する方法|時代遅れの「経験やカンだけ」に頼らない在庫管理システムの選び方

    「過剰在庫や品切れのリスクを減らしたい」「需要の変動に迅速に対応できるようにしたい」──。多くの企業が抱えるこの課題において、在庫管理のDX(デジタルトランスフォーメーション)を踏まえた成果を期待できるIT製品が「在庫管理システム」です。在庫管理システムは、在庫管理の業務をどう自動化し、効率化できるのでしょう。この記事では、在庫管理システムの役割と備える機能とともに、期待できる成果や方法、導入の仕方を解説していきます。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相 […]

    thumbnail

      【ECサイト対応】クラウド型在庫管理システムの導入メリットと注意点、おすすめ製品5選

      ECサイトはとても多くの人に利用される「生活に欠かせないサービス」です。「ほしいときにすぐ買える」──。この消費者の需要を満たすECサイトの運営に欠かせないIT製品が「在庫管理システム」ではないでしょうか。 在庫管理システムを利用することで、商品の在庫状況をリアルタイムに把握して在庫切れや在庫過多を防ぎ、顧客の需要に合わせて適切にサービスを提供できます。また複数の販売チャンネルをまたいで──例えば自社サイトに加えて、アマゾンや楽天市場なども含めて在庫やサービス体制を一括管理できる機能とともに、効率的なEC店舗運営を実現することも成果向上、そして業務の効率化につながることでしょう。 本記事ではそ […]

      thumbnail

        この記事と同じカテゴリーの製品

        Perswell
        Aladdin Office
        注文販売[M2O]
        GrowOne  販売情報システム

        製品をもっと見る