ITセレクト powered by 発注ナビ

販売管理システム

販売管理システムは「商品の受注から納品まで、お金や商品の一連の流れをシステム上で管理する」ためのIT製品です。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローである「客から代金を受け取り、商品を引き渡すまでの流れ」を電子的に正しく記録し、管理できます。例えば、見積もり管理、売買契約の締結フロー、出荷管理、売上処理管理、請求管理、商品の入出庫管理、在庫管理といった販売管理業務全般の効率化が期待できます。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

販売管理システムの基礎知識|主な機能と種類、おすすめ製品8選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

販売管理とは、企業の販売活動に関する商品やお金などの流れ・情報を管理することです。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローのひとつで、お客様からお金を受け取ってから商品を引き渡すまでの流れを管理し、適切な取引を実現します。一部の企業では紙の管理表や表計算ソフトを用いて販売管理を行っていますが、業務量の増加が負担になる企業も少なくありません。

販売管理システムは、販売管理にともなう業務を効率化できるシステムです。他のシステムと連携し業務を効率化できる販売管理システムは、具体的にどのような機能を持っているのでしょうか。

今回は販売管理システムの主な機能と導入のメリット、おすすめの販売管理システム8選についてご紹介します。

販売管理システムの基礎知識

商品の売買を生業とする企業において、販売管理はなくてはならない業務フローです。販売管理システムは、販売管理においてどのような役割を果たすのかを解説していきます。

 

販売管理システムとは?

販売管理システムとは、商品の受注から納品まで、お金や商品の一連の流れをシステム上で管理する仕組みです。見積もりから売買契約の締結、出荷、売り上げ処理、請求といった流れの他、商品の入出庫管理在庫管理といった業務もシステム上に集約できます。販売管理は顧客管理や生産管理など他の業務と密接な関係があるため、販売管理システムは他の管理システムとの連携機能が豊富な製品が多く存在します。

 

販売管理システムと連携できるシステムの例

以下の表は、販売管理システムが連携できるシステムの一例です。

 

連携できるシステムの例 概要
顧客管理システム 顧客情報を管理し営業活動をサポートする
生産管理システム 生産計画に基づく生産工程を管理
財務会計システム 取引記録から財務諸表を作成
物流管理システム 入出庫の過程や在庫、配送状況を管理
契約管理システム 契約書の作成・保存、契約更新時期を管理

 

顧客管理システム

顧客管理システムは、既に取引がある顧客の情報を一元管理するシステムです。企業の業種や担当者、問い合わせ履歴や取引実績などの情報を分析し、顧客への適切なアプローチを実現するために活用されます。一般的にCRM(Customer Relationship Management)と呼ばれることもあります。販売管理システムとは顧客情報や売り上げ記録などのデータを連携します。

 

生産管理システム

生産管理システムは、製造業における生産計画に基づく生産工程を管理するためのシステムです。原材料の発注から生産進捗の管理、完成品の原価や在庫管理といった業務をシステム上で行います。販売管理システムとは製品の在庫や入出庫記録などのデータを連携します。

 

財務会計システム

財務会計システムは、企業が行うさまざまな取引の記録を集計し、財務諸表を作成するためのシステムです。販売管理システムとは、商品の仕入・販売や出入金に関するデータを連携します。

 

物流管理システム

物流管理システムは、商品や原材料の入出荷の過程や在庫の管理およびトラックなどによる配送状況を管理するシステムです。販売管理システムとは、商品や原材料の入出庫や在庫に関するデータを連携します。

 

契約管理システム

契約管理システムは、契約書の作成から保存、締結した契約の更新等の時期を管理するシステムです。販売管理システムとは、契約に基づく請求時期の管理などで連携します。

 

販売管理システムの機能と種類

販売管理システムにはさまざまな製品があります。それぞれ特徴や得意分野が異なりますが、利用できる機能には一部共通点があります。

 

販売管理システムの主な機能

販売管理システムで利用できる主な機能は以下の通りです。

 

販売管理システムの機能 概要
販売管理 商品や原材料の販売にかかるお金の流れを管理
在庫管理 商品や原材料の入出庫記録と在庫を管理
購買管理 商品や原材料の購買にかかるお金の流れを管理

 

販売管理

販売管理は、商品やサービスの受注・請求・入金を管理する機能です。見積もりの作成から受注、商品等の出荷、売り上げ処理、請求手続き、入金確認まで、商品やサービスの販売に関するお金の流れをデータ化し、集計や分析が可能な状態で管理します。

 

在庫管理

在庫管理は、商品や原材料の入出庫や在庫状況を管理する機能です。商品や原材料が入庫・出庫するたびに記録し、倉庫の中にある在庫の種類や数量をデータとして確認できるようにします。在庫情報はリアルタイムで更新されるため、関連部署は常に正確な在庫数を把握できるようになります。

 

購買管理

購買管理は、商品や原材料の発注・仕入れ・支払いを管理する機能です。「売る」側が扱う内容を管理する販売管理に対し、購買管理は「買う」側が扱う数字やデータを管理します。進行中の仕入れや今後の購買予定を管理できますので、商品や原材料を仕入れる手配が必要なタイミングで、適切な対応をしやすくなります。

 

販売管理システムの主な種類

販売管理システムは、業種や目的ごとに以下の4タイプに分類できます。

 

販売管理システムの種類 概要
汎用型 業種を問わず幅広い業務に対応 
複数業種対応型 特定業種向けパッケージを組み合わせ可
特定業種特化型 業界特有の商慣習にも対応
販売管理特化型 在庫を持たない小規模ビジネス向け

 

汎用型

汎用型は、業種を問わず幅広い業務に対応できるタイプです。いくつかの機能の中から、自社に必要な機能を選んで利用できます。

 

複数業種対応型

複数業種対応型は、特定の業種向けにパッケージ化された機能の中から必要なものを組み合わせて導入する形態です。パッケージ化されているため、自社の業種に適した必要機能を備えたシステムを比較的短期間で導入できます。

 

特定業種特化型

特定業種特化型は、業種特有の業務への対応に特化したタイプです。特有の商慣習など、一般的な販売管理システムでは対応できないような取引へ対応できます。

 

販売管理特化型

販売管理特化型は、在庫管理が不要な小規模ビジネスやサービス提供ビジネス向けのタイプです。機能が販売管理に限定されているため、操作が煩雑にならずにコストも抑えられます。

 

販売管理システムの導入の主なメリット

販売管理システムを導入することで得られるメリットをご紹介します。

 

  • 業務の負担を軽減できる
  • 情報を一元化できる
  • データを活用できる

業務の負担を軽減できる

販売管理システムを導入すれば、従来、手作業だった入力や書類作成の大半を自動化できます。作業の手間を大幅に減らせるだけでなく、入力ミスや記録漏れといったトラブルの防止にも繋がります。

 

情報を一元化できる

販売管理システムは、商品や原材料の販売や仕入れ、それにともなう在庫の変動をシステム上で一元管理できます。販売や仕入に関係するすべての情報が部門をまたいで集約されるため、正確な情報の共有がタイムラグなくできるようになります。

 

データを活用できる

システムに集約された商品や原材料の販売に関するデータは、経営分析や販売計画の立案などに活用しやすくなります。受注や販売数の予測から仕入数を算出するなど、省コスト化につながるデータ分析が可能です。

 

販売管理システムを選ぶポイントと導入時の注意点

販売管理システムを選ぶ際には、自社にあった製品を選ぶためのポイントや導入後にシステムを活用しやすくするための注意点がいくつかあります。自社に適したシステムを導入し業務効率化を図るためにも、紹介する内容を意識して導入しましょう。

 

販売管理システムを選ぶポイント

販売管理システムを選ぶ際には、以下のポイントを意識することがおすすめです。

 

自社の業種・業態に合う機能の有無

販売管理システムにはさまざまな機能が搭載されていますが、すべての企業が全機能を使いこなせるわけではありません。自社の業種に不要な機能が多いシステムを導入すると、使わない機能に対してお金を払うことになります。まずは自社の業種特化型システムや、自社が抱える課題を解決できる機能が備わったシステムを優先的に選びましょう。

 

既存のシステムとの連携の可否

既に生産管理や財務会計などの管理システムを導入しているなら、既存の社内システムと連携可能な販売管理システムを選ぶと、データ連携がスムーズに行えます。例えば、CSVなどの汎用形式で出力したデータをインポートできる機能があるシステムなら、蓄積されたデータを適当に活用できるでしょう。

 

サービスの提供形態

販売管理システムの提供形態は「クラウド型」と「オンプレミス型」に分類されます。

クラウド型 クラウド型はインターネット上のサーバ(クラウドサーバ)に構築されたシステムをインターネット経由で使用するタイプです。自社でサーバを用意する必要がないため基本的に初期費用がかからず、月額の利用料金も安く抑えられる傾向があります。インターネット環境があればどこからでも接続できるため、リモートワークや複数拠点からのアクセスにも対応できます。システムやセキュリティのアップデートなどもベンダー側の主導で行われます。

本記事では、現在主流であるこの「クラウド型」での検討シーンを主に解説していきます。

オンプレミス型 オンプレミス型は、自社内のサーバにシステムを構築するタイプです。自社独自に構築するのでカスタマイズ性が高く、自社の業務内容にフィットしたシステムを構築しやすいのが特徴です。ただしカスタマイズ費用やサーバ管理費用など、初期費用を含むコストは高額になる傾向があります。また、導入後のシステムやセキュリティのアップデートや管理も自社ですべて対応していくことになります。

また、パッケージソフトウェアを購入し、業務PCへインストールして活用する、旧来よりある方法「パッケージ型/インストール型」もこちらに含みます。

 

販売管理システム導入時の注意点

従来は手作業で行っていた販売管理の現場にシステムを導入する場合、現場での混乱が発生することが予想されます。担当者が新しい業務フローを受け入れられず、販売管理が滞ることがないよう、実際にシステムを使う従業員の意見を尊重しながら導入するように注意が必要です。

いきなり現場に導入する前に、無料トライアルやデモバージョンなどで使用感を確かめてもらうとよいでしょう。また、導入前に従業員向けの勉強会を開くなど、システムに慣れ親しんでもらう機会を設けるのがおすすめです。 

 

【種類別】販売管理システムのおすすめ8選

ここでは、種類別の販売管理システムのおすすめ製品をご紹介します。ぜひ自社にあったシステム選びの参考にしてください。

 

汎用型のおすすめ2製品

汎用型のおすすめ販売管理システムは次の2製品です。

 

楽楽販売

初期費用 15万円
月額料金 7万円~
提供形式 クラウド
主な機能 ・販売管理

・在庫管理

・購買管理

・見積もり管理

・請求管理

・売り上げ管理

特徴 ・カスタマイズ性が高くユーザー側で機能追加・構築可能

・利用者のコミュニティサイトあり

・電話やWeb会議などを使ったサポート体制あり

無料トライアルの有無 あり ※要問い合わせ
ポイント 楽楽販売は、高いカスタマイズ性が魅力のクラウド型販売管理システムです。豊富な標準機能に加え、自社の業務に合わせた機能の追加が行えるため、幅広い業種の販売管理に対応できます。利用者が集まるコミュニティサイトや合わせサポート体制が用意されており、初めての導入でも疑問解決に繋がる情報収集を簡単に行えます。
ベンダーのWebサイト https://www.rakurakuhanbai.jp/

 

弥生販売24

初期費用 スタンダード:5万円~

プロフェッショナル:8万8000円~

月額料金 なし
提供形式 パッケージ
主な機能 ・見積書作成

・売り上げ管理

・仕入管理【プロフェッショナル】

・請求書発行・回収管理

・入金管理

・予算管理【プロフェッショナル】

・複数台運用※2台まで【プロフェッショナル】

特徴 ・あんしん保守サポートが1年無料付帯

・IT導入補助金の対象のため実質75%OFFで利用可能

無料トライアルの有無 あり
ポイント 弥生販売24は豊富な機能が利用できるオールンワンのパッケージ型販売管理システムです。これ1本で見積書などの帳票作成や在庫管理、販売管理が可能。プロフェッショナルでは仕入管理も可能になり、販売管理業務の全般をフォローできます。

弥生シリーズはIT導入補助金の対象であるため、条件を満たせば実質75%OFFで利用できる点も魅力です。 

ベンダーのWebサイト https://www.yayoi-kk.co.jp/hambai/

 

複数業種対応型のおすすめ2選

複数業種対応型のおすすめ販売管理システムは次の2製品です。

 

楽商クラウドS2

初期費用 20万円~
月額料金 3万円~
提供形式 クラウド
主な機能 ・受発注管理

・売り上げ管理

・仕入管理

・請求管理

・在庫管理

特徴 ・業界向けパッケージ多数

 ※医療機器メーカー、自動車販売、機械器具・講義、綜合食品卸など

ポイント 楽商クラウドS2は、基本的な販売管理の機能を低価格で提供する販売管理システムです。汎用型の「楽商クラウドS2」の他、自動車販売業向け「楽商クラウドS2 for JUMPS」、医療機器メーカー・卸業向け「楽商クラウドS2 for メディカル」など、17業界に対応するパッケージをラインナップしています。IT導入補助金の対象であり、2022年には9割以上の採択率を記録しています。
ベンダーのWebサイト https://www.rakusyo.jp/service/rakusyo_cloud/

 

アラジンオフィス

初期費用 要問い合わせ
月額料金 要問い合わせ
提供形態 パッケージ / クラウド
主な機能 ・単価・見積管理

・受注管理

・売り上げ管理

・発注・入荷・仕入管理

・債権・債務管理

・在庫管理

・セキュリティ

特徴 ・業界向けパッケージ多数

※貿易業、建材業、理美容品業、金属・部品業など

無料トライアルの有無 要問い合わせ
ポイント アラジンオフィスは豊富な販売管理機能に加え、会計・請求書、分析ソフトなどさまざまな外部連携が可能な販売管理ツールです。貿易業、ファッション、食品卸、理美容品業、鉄鋼・非鉄金属業などの業界に特化したパッケージを取りそろえており、延べ5000社を超える多くの企業の販売管理に採用されています。
ベンダーのWebサイト https://aladdin-office.com/

 

特定業種特化型のおすすめ2選

特定業種特化型のおすすめ販売管理システムは次の2製品です。

 

懐刀

初期費用 要問い合わせ
月額料金 要問い合わせ
提供形態 クラウド
主な機能 ・売り上げ管理

・仕入管理

・在庫管理

・製造管理

・データ分析

特徴 ・食品製造業に特化
無料トライアルの有無 要問い合わせ
ポイント 懐刀は食品製造業特化型の販売管理システムです。入出庫管理や在庫管理など標準的な販売管理機能を備えるだけでなく、食品管理に重要なロット管理による「トレーサビリティ」に対応。賞味期限ごとの在庫管理にも対応しています。食に関わるメーカー、卸売、小売業のいずれの業種でも活用できる販売管理システムです。
ベンダーのWebサイト https://futokoro.san-yu.co.jp/

 

Scalebase

初期費用 要問い合わせ
月額料金 要問い合わせ
提供形態 クラウド
主な機能 ・契約管理

・商品マスタ管理

・プライシング

・請求管理

・請求書発行

・データ分析

・外部ツールとの連携

特徴 ・サブスクリプションビジネスに特化

 トライアル期間の有無や選択プランなど、顧客ごとに異なる取引条件管理に対応

無料トライアルの有無 要問い合わせ
ポイント Scalebaseはサブスクリプションビジネス特化型の販売管理システムです。トライアル期間や料金プランの選択、ディスカウント処理などサブスクリプション特有の課金モデルに対応します。導入支援からオペレーション設計支援までサポートも充実しており、サブスクリプションサービスであれば業界・業種を問わずに利用可能です。
ベンダーのWebサイト https://scalebase.com/

 

販売管理特化型のおすすめ2選

販売管理特化型のおすすめ販売管理システムは次の2製品です。

board

初期費用 なし
月額料金 Personal:980円

Basic:1980円

Standard:3980円

Premium:5980円

提供形態 クラウド
主な機能 ・帳票作成

 ※見積書、発注、発注請書、納品書、検収書、請求書、領収書など

・各種帳票管理

・データ分析

特徴 ・請求書作成サービス+ERP

・ビジネス規模に応じた豊富なプランを用意

・電子帳簿保存法・インボイス制度に対応

無料トライアルの有無 あり

 ※30日間

ポイント boardは、請求書作成サービス+ERPの一部機能を併せ持つ販売管理システムです。請求書等の帳票の発行・管理に加え、案件ごとの損益管理や分析機能も備えています。プランは個人事業主向けの「Personal」から中規模企業向け「Premium」まで。ビジネス規模に応じた適切なプランを選択できます。
ベンダーのWebサイト https://the-board.jp/

 

freee販売

初期費用 なし
月額料金 スタータープラン:2980円

スタンダードプラン:要問い合わせ

提供形態 クラウド
主な機能 ・顧客管理

・案件管理

・受発注管理

・見積書・請求書・発注書など帳票発行・管理

・売り上げ・粗利データの自動グラフ化

特徴 ・会計ソフト「freee会計」と連携
無料トライアルの有無 無料プランあり
ポイント freee販売は見積書や請求書の発行、受発注管理などの販売管理をシンプルに対応できる販売管理システムです。管理する売り上げ・仕入データをグラフで可視化し、スムーズな業績確認や経営判断を可能にします。会計ソフト「freee会計」と連携すれば、販売データが共有されデータ入力の工数をさらに削減できます。
ベンダーのWebサイト https://www.freee.co.jp/sales-management/

 

販売管理システムを導入して管理業務を効率化しよう

商品やサービスの販売にともなうお金の流れは、販売管理システムで管理するのがおすすめです。取引量に比例して増える手作業での集計の手間を削減し、リアルタイムで間違いのないデータ集計が可能です。他の管理システムと連携すれば、経営判断や販売計画の立案に役立つデータの分析もしやすくなり、業務効率化だけでなく会社の利益増加にも繋がるでしょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

製品紹介

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
2
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。

販売管理システムとは? DX対応「販売管理システム」の基礎知識と選び方、おすすめ製品6選

「この深刻な課題を解消したいがなんとかしてくれ」「来年の世界的イベントに間に合うよう、早く対策したい」「導入を検討しているが、自社の業務に合うツールかどうか、機能をきちんと備えているかどうかに不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」……などのように社内からいろいろな声が上がり、販売管理システムの検討をし始めている企業も多いと思います。 この記事では、販売管理システムの導入で何が変わるのか、どんな効果を期待できるのかについて、システムの基礎機能、導入効果、選び方のポイントとともにおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 […]

thumbnail

    「Excelではもう限界だ…」 クラウド型「販売管理システム」の効果と選定方法|無料で始められる販売管理システム3選

    「できるだけコストをかけず」に在庫・販売管理の効率化したい──。特に中小規模企業や個人事業主にとって、IT製品で業務の改善や効率化が期待できることは知ったものの、ちょっと調べたらサービス利用料が高くてコスト効果と見合わず、そこで留まってしまう人も多いようです。そんな人は、「無料プラン」「無料トライアル」のある製品で再度一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 この記事では、販売管理業務の改善と効率化を目的に、かつ低コストに「販売管理システム」の導入を検討するための基礎知識、期待できる効果と製品の選び方、そして「無料」で始められるおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売 […]

    thumbnail

      【小規模企業向け】無料で始められる「販売管理ソフト」 おすすめ製品3選

      現代の企業には、正確で効率的な業務運用管理が強く求められています。例えば、小売り販売業務を行う企業は、受注、在庫、売上、顧客情報管理などさまざまな情報を的確に管理し、そしてそのデータを活用することで販売業務の「効率化」と「正確性の向上」を果たせます。 それを実現、サポートするIT製品が「販売管理システム」「販売管理ソフト」です。 Excelなどの汎用ソフトウェアで行う管理も思い浮かびますが、それは旧来型かもしれません。進んでいる企業は、販売管理に特化した専用システムを用いることで効率化やコスト削減を果たしています。 本記事では、販売管理システム/ソフトウェアについての基礎から、主な機能、メリッ […]

      thumbnail

        販売管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入メリット、おすすめ製品3選

        販売管理システムとは、商品の仕入や製造、売買にともなうお金の流れや在庫の変動を管理するためのシステムです。企業が収益を得るためのお金と消費の動きを一元管理し、マーケティングや財務分析などさまざまな領域で活用できるデータを抽出します。 商品別の在庫管理や売買予測、特定の業種特有の商慣習への対応など、さまざまな管理を行いたい企業のニーズに答える販売管理システムは、どのように導入すればいいのでしょうか。今回は販売管理システムの種類と相場、導入メリット、導入事例、そしておすすめ製品をご紹介します。 販売管理システムの基礎知識販売プロセスを最適化する方法販売管理システムで実現する「顧客満足度を高める」方 […]

        thumbnail

          この記事と同じカテゴリーの製品

          製品をもっと見る