ITセレクト powered by 発注ナビ

販売管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入メリット、おすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

販売管理システムとは、商品の仕入や製造、売買にともなうお金の流れや在庫の変動を管理するためのシステムです。企業が収益を得るためのお金と消費の動きを一元管理し、マーケティングや財務分析などさまざまな領域で活用できるデータを抽出します。

商品別の在庫管理や売買予測、特定の業種特有の商慣習への対応など、さまざまな管理を行いたい企業のニーズに答える販売管理システムは、どのように導入すればいいのでしょうか。今回は販売管理システムの種類と相場、導入メリット、導入事例、そしておすすめ製品をご紹介します。

販売管理システムの基礎知識

販売管理システムは企業が商品を売買する際のお金の流れや在庫の変動を記録・管理するためのシステムです。具体的にどのような機能があり、どのような処理が可能になるシステムなのでしょうか。

●販売管理システムの基本的な機能

販売管理システムは、主に「販売管理」「購買管理」「在庫管理」を効率化するための機能を備えます。

販売管理は顧客へ提出する見積書の作成、受注、商品の出荷、請求といった商品の販売に関係する一連の流れを管理する機能です。

購買管理は商品や製造用の資材の発注、仕入買掛管理、代金の支払など、購買に関係する業務を管理します。

在庫管理は商品や資材の購買や販売により変動する在庫数の管理や、実績分析による必要在庫数の予測を行い、在庫の過不足をなくします。

これらの機能は経営資源の最適化や経営戦略立案のためにも活用されています。例えば、SFA(営業支援ツール)CRM(顧客関係管理)、あるいは統合基幹業務パッケージであるERPに含まれることも増えています。

 

●販売管理システムを導入するメリット

販売管理システムの導入により得られるメリットは、「業務の効率化」と「データ活用シーンの拡充」です。

紙や表計算ソフトウェアで行っていた旧来の販売管理に比べ、機能に特化したIT製品の導入によって作業に必要な工数を大幅に削減できます。また自動化により人為的なミスを低減でき、再作業やチェックにかかっていた時間なども不要になります。短時間で確実性の高い業務遂行が可能になるでしょう。

またツール上に蓄積された入出庫数や在庫数の変動データを分析することで、受発注や販売の予測がしやすくなり、適切な人員配置や設備投資の計画を立てられるようになるでしょう。

 

●販売管理システムの選定

販売管理システムは、大きく分けて以下の4種類に分類されます。

 

販売管理システムの種類 概要
汎用型 業種を問わず幅広い業務に対応 
複数業種対応型 特定業種向けパッケージを組み合わせ可
特定業種特化型 業界特有の商慣習にも対応
販売管理特化型 在庫を持たない小規模ビジネス向け

販売管理システムは企業規模や業界特化機能の有無などにより、製品が分けられます。システムを選ぶ際には、自社の規模や対応が必要な商習慣の有無などを考慮し、解決したい課題に適した機能があるシステムを選びましょう。

 

販売管理システムの導入事例

楽楽販売×ドミノ・ピザ ジャパン

ピザチェーン店「ドミノ・ピザ」を展開する株式会社ドミノ・ピザジャパンは、直営店舗から本部へのバイクの修理・メンテナンス依頼をFAXで行っていましたが、1日100件にもおよぶ修理依頼を処理する必要があり、システムへの手入力や電話での依頼内容確認などで多くの工数が必要でした。

しかし、販売管理システムを導入後はシステム上で情報を共有できるようになったため、FAXでの依頼が不要に。入力の手間やミスのリカバリーに使う時間がなくなったことで、毎日3時間必要だった作業時間を10分に短縮できました。 

参考 直営店・外部業者との情報共有で、大幅に業務改善できました(ラクス)

 

専門スタッフに相談する

販売プロセスを最適化する方法

販売管理システムに期待できる効果のひとつである業務効率化は、どのようなプロセスの最適化により実現できるのでしょうか。ここでは参考として、一般小売業における主要プロセスを挙げて説明します。

 

  • 在庫管理と効率化
  • 注文処理と迅速な出荷
  • データ分析と売り上げ予測

・在庫管理と効率化

まずは在庫管理ツールを活用し、社内に抱える在庫数を最適化しましょう。

在庫の過不足を出さず、必要なときに必要な分だけ入出庫する「JIT(Just-in-Time)在庫管理を目指すのが理想です。

 

・注文処理と迅速な出荷

見積書の作成から送付、出荷までのプロセスを販売管理システムで自動化し、顧客へのスピーディな商品提供を可能にします。人力での作業を販売管理システムに任せる範囲が広がるほど、スムーズな出荷が実現しやすくなります。

 

・データ分析と売り上げ予測

販売管理システムに蓄積された売り上げデータを分析し、売り上げ予測を立てることで効率のいい在庫管理が可能となります。無駄な在庫を持たず、売れるときに売れるだけの在庫を確保するには、高精度なデータ分析による予測が求められます。また、分析をすることで今までみえていなかった新たな課題が見つかることもあります。属人化した作業では発覚しなかった課題を解決することで、業務効率にもつながります。

 

販売管理システムで実現する「顧客満足度を高める」方法

販売管理システムを導入すれば必ず課題が解決するわけではありません。ポイントを押えた運用を通じ、販売フローの改善と顧客満足度向上を目指しましょう。

 

●CRM(顧客関係管理)の重要性

販売管理システムとCRM(顧客関係管理)を連携することで、より精度の高い顧客データ管理が可能となります。CRMで管理する顧客それぞれの対応履歴をベースに顧客のニーズを洗い出し、満足度アップにつながる販売戦略を立てましょう。 

 

カスタマーサポートの改善

顧客体験の向上にはカスタマーサポートの改善が必須です。販売管理システムとカスタマーサポートを連結すれば、商品を購入した顧客を追跡しアフターフォローを行えるようになり、リピートにつながる顧客満足度を獲得できるでしょう。

 

リピーターの獲得とファン度(顧客忠誠度)向上

顧客満足度が向上すると、顧客のロイヤリティ(忠誠度)の向上が期待できます。商品ではなく企業のファンともいえる顧客は、売り上げを支えてくれる大事なリピーターになりますので、顧客と企業の関係を強化するキャンペーンを展開しましょう。

 

成功する販売管理のためのヒント

販売管理を成功させ売り上げと利益を向上させるためには、データの可視化や分析、目標を立てることが大切です。次に紹介する要素を意識することで、適切な販売計画の立案や販売管理が期待できます。

 

  1. 販売データの可視化と分析
  2. KPIの設定とモニタリング
  3. ビッグデータ分析とトレンド予測
  4. 人材管理とトレーニング
  5. 法規制とコンプライアンス
  6. 技術革新と未来への対応

(1)販売データの可視化と分析

販売管理にツールを導入する大きなメリットのひとつが、販売データの可視化です。ダッシュボードにグラフ化されたデータを表示し、売り上げや利益、在庫状況の推移を確認しましょう。推移の確認により施策効果も測定できますので、PDCAを回しながら効果的な施策にブラッシュアップできます。

 

(2)KPIの設定とモニタリング

販売管理を成功に導くためには、日々の活動の中で追うべき数字であるKPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)を設定する必要があります。売り上げや利益率などの推移がKPIを下回る場合には改善施策を検討し、上回る場合には好調の要因を分析しましょう。

KPIを用いた評価は日々の推移をモニタリングしてはじめて効果が得られますので、ダッシュボードを活用しながら数字を追いましょう。

 

(3)ビッグデータ分析とトレンド予測

ビッグデータ分析とは、量・処理速度・多様性を兼ね備えたデータ群を分析する手法です。業界に関するビッグデータ分析を通じ、市場の変化や今後のトレンドを予測することで、より効率のいい販売計画を立てられるでしょう。

 

(4)人材管理とトレーニング

販売管理システムを使った課題改善は、利用するメンバーのスキルや知識によっても成果が左右されます。販売に関わるチームメンバーのスキルを向上させられるよう、高度なトレーニングを受けられるプログラムを準備しましょう。また成果を出し続けられるよう、販売チームのモチベーション管理も重要です。 

 

(5)法規制とコンプライアンス

ビジネスを取り巻く法規制は日々変化を続けています。知らぬ間に法令違反を起こすことがないように気を配る必要があります。販売管理システムは自動アップデートで改正された法令へ適用できる製品もあるので、リーガルリスクの回避につながります。

 

(6)技術革新と未来への対応

IT分野の技術は日進月歩で新しい技術が次々と登場しています。常に適切な管理や効率的な業務ができるよう、最新の技術は常に追い続ける必要があります。そうした新技術へ対応しようという姿勢は、将来の業界変化などに備える戦略立案にもつながります。

 

おすすめ販売管理システム3選

ここではおすすめの販売管理システムをご紹介します。

 

通販Best

システムの特徴 ・大手ショッピングサイトと連携・ECサイト運営の業務効率化が可能

・各種売り上げ分析により戦略立案をサポート

・各サービスと連携するデータの出力・取り込み機能が豊富

在庫管理機能
注文処理機能
カスタマーサポート機能 ○ ※クレーム管理
データ分析ツール
UIカスタマイズ ×
無料プラン / 無料トライアル なし
初期費用 30万~150万円
月額費用 なし ※保守費用は要問い合わせ
ベンダーのWebサイト https://best.c-rcs.jp

 

助ネコ EC管理システム

システムの特徴 ・受注~商品登録~在庫管理~発注を一気通貫で対応可能

・スマホアプリ「助ネコアプリ」と連動し、スマートフォンなどの端末バーコード読み取りで在庫管理

・無料トライアル30日+月額2000円からの低コストで導入可能

在庫管理機能
注文処理機能
カスタマーサポート機能 ×
データ分析ツール
UIカスタマイズ ×
無料プラン / 無料トライアル 無料トライアルあり(30日間)
初期費用 1万~3万円
月額費用 2000円~8万円 ※別途従量課金あり
ベンダーのWebサイト https://www.sukeneko.com/

 

楽楽販売

システムの特徴 ・販売管理の複雑な金額計算を自動化

・自社の業態や需要、ルールにあわせたカスタマイズが可能

・業務データの集計と分析機能を搭載

在庫管理機能
注文処理機能
カスタマーサポート機能
データ分析ツール
UIカスタマイズ
無料プラン / 無料トライアル (調査中)
初期費用 (調査中)
月額費用 (調査中)
ベンダーのWebサイト https://www.rakurakuhanbai.jp/

 

販売管理システムで業務効率化と顧客満足度向上を目指そう

販売管理システムを導入すれば、販売・仕入や在庫管理の効率化が期待できます。手作業による販売データ管理からの脱却は、業務の正確性と処理速度・量を改善します。また商品を購入する顧客データを分析することで、購買時期や購買量、顧客のニーズを分析し、適切なアプローチが可能になるでしょう。販売効率の向上による事業の成長を目指すなら、販売管理システムの導入がおすすめです。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
RobotERPツバイソ
RobotERPツバイソは、標準機能のまま使用することで会社の業務プロセスを最適化できるクラウドERPです。顧客・案件管理、売上プロセス、制作プロセス/個別原価計算、調達プロセス、債権債務管理、財務会計・管理会計をワンプラットフォーム化し、自動化された経営基盤を手に入れることができます。

信頼できるクラウド上の基幹データとオンラインコミュニケーションを統合することで、規模の大きな会社でも管理コストを減らして、低コストで俊敏なオンライン経営が行えるようになります。最適にデザインされた標準の統合基幹業務プラットフォーム上にSalesforceプラットフォームの最先端のノーコード/ローコード開発機能を活用して、柔軟に機能拡張ができ、他社と差別化することも可能です。

詳細は下記の動画をご参考ください。

2
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
3
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。

中小企業でも大丈夫? 「販売管理システム」の導入メリットとその効果、おすすめ製品5選

「販売管理に時間と手間がかかってしまう」「商品の注文情報や顧客データなどに不整合が発生してしまう」。このような販売管理上で発生する課題は、販売管理をアナログ手法で行っていることが原因の場合が多くあります。 販売管理システムを導入すれば、効率的で正確なデータ管理が可能になります。 本記事では、販売管理システムを導入することで得られるメリットと導入時の注意点、そしておすすめの販売管理システムを詳しく解説します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料 […]

thumbnail

    販売管理システムとは? DX対応「販売管理システム」の基礎知識と選び方、おすすめ製品6選

    「この深刻な課題を解消したいがなんとかしてくれ」「来年の世界的イベントに間に合うよう、早く対策したい」「導入を検討しているが、自社の業務に合うツールかどうか、機能をきちんと備えているかどうかに不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」……などのように社内からいろいろな声が上がり、販売管理システムの検討をし始めている企業も多いと思います。 この記事では、販売管理システムの導入で何が変わるのか、どんな効果を期待できるのかについて、システムの基礎機能、導入効果、選び方のポイントとともにおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 […]

    thumbnail

      「Excelではもう限界だ…」 クラウド型「販売管理システム」の効果と選定方法|無料で始められる販売管理システム3選

      「できるだけコストをかけず」に在庫・販売管理の効率化したい──。特に中小規模企業や個人事業主にとって、IT製品で業務の改善や効率化が期待できることは知ったものの、ちょっと調べたらサービス利用料が高くてコスト効果と見合わず、そこで留まってしまう人も多いようです。そんな人は、「無料プラン」「無料トライアル」のある製品で再度一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 この記事では、販売管理業務の改善と効率化を目的に、かつ低コストに「販売管理システム」の導入を検討するための基礎知識、期待できる効果と製品の選び方、そして「無料」で始められるおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売 […]

      thumbnail

        【小規模企業向け】無料で始められる「販売管理ソフト」 おすすめ製品3選

        現代の企業には、正確で効率的な業務運用管理が強く求められています。例えば、小売り販売業務を行う企業は、受注、在庫、売上、顧客情報管理などさまざまな情報を的確に管理し、そしてそのデータを活用することで販売業務の「効率化」と「正確性の向上」を果たせます。 それを実現、サポートするIT製品が「販売管理システム」「販売管理ソフト」です。 Excelなどの汎用ソフトウェアで行う管理も思い浮かびますが、それは旧来型かもしれません。進んでいる企業は、販売管理に特化した専用システムを用いることで効率化やコスト削減を果たしています。 本記事では、販売管理システム/ソフトウェアについての基礎から、主な機能、メリッ […]

        thumbnail

          販売管理システムの基礎知識|主な機能と種類、おすすめ製品8選

          販売管理とは、企業の販売活動に関する商品やお金などの流れ・情報を管理することです。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローのひとつで、お客様からお金を受け取ってから商品を引き渡すまでの流れを管理し、適切な取引を実現します。一部の企業では紙の管理表や表計算ソフトを用いて販売管理を行っていますが、業務量の増加が負担になる企業も少なくありません。 販売管理システムは、販売管理にともなう業務を効率化できるシステムです。他のシステムと連携し業務を効率化できる販売管理システムは、具体的にどのような機能を持っているのでしょうか。 今回は販売管理システムの主な機能と導入のメリット、おすすめの販売管理システム […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            RobotERPツバイソ
            注文販売[M2O]
            スマートなDXプラットフォーム
            GrowOne  販売情報システム

            製品をもっと見る