ITセレクト powered by 発注ナビ

「Excelではもう限界だ…」 クラウド型「販売管理システム」の効果と選定方法|無料で始められる販売管理システム3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

「できるだけコストをかけず」に在庫・販売管理の効率化したい──。特に中小規模企業や個人事業主にとって、IT製品で業務の改善や効率化が期待できることは知ったものの、ちょっと調べたらサービス利用料が高くてコスト効果と見合わず、そこで留まってしまう人も多いようです。そんな人は、「無料プラン」「無料トライアル」のある製品で再度一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事では、販売管理業務の改善と効率化を目的に、かつ低コストに「販売管理システム」の導入を検討するための基礎知識、期待できる効果と製品の選び方、そして「無料」で始められるおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。

「販売管理」を無料/できるだけ費用をかけずに行う方法とは

販売管理システムは、販売管理にともなう業務を効率化できるIT製品のことです。他のシステムと連携し業務を効率化できる販売管理システムは、具体的にどのような機能を持っているのでしょうか。

もちろん「コストをかけず」に販売管理業務を効率化する方法もいくつかあります。Excelについては既に実践している人も多いとは思いますが、おさらいとして紹介します。

・Microsoft Excelを活用する

「数字、数値」を扱うといえば代表的なオフィスソフトウェアにMicrosoft Excelがあります。販売管理の業務としても、販売状況の数値データをもとに「販売管理表」を作り、それで管理している人も多いことでしょう。なお“Excel”は、同様の機能を持つ「Google Spredsheet」と置き換えていただいても構いません。

Excelは多くの人が既に標準オフィスソフトウェアとして使っていることから、企業側としてもほぼ費用を掛けずに済むと考えられます。基本操作にも多くは慣れているため、使い方の習得にかかる時間や人的コストも節約できます。そして、Excelは作りたいものに合わせて見た目のデザイン、入力仕様やUI、フォーマットを自由に設計でき、さらには、数式やマクロ、各種機能を組み合わせて「入力の自動化」「情報の参照と共有」「データの分析」「売上傾向の評価」「パフォーマンスの追跡」「グラフの作成」「レポート出力やデータ連携」まで行うような「かなり高度な機能を持つ業務アプリケーション」に仕立てることまでできます。

ただしデメリットもあります。まず、Excelは大量のデータや複雑な販売管理プロセスの管理までを行うには限界があります。手入力があるならばデータミスが発生しやすく、原則として複数人で共有し、かつ同時に作業するシーンは深く想定されていないために、ファイル破損などによる「データ消失」のリスクがかなりあるといえます。昨今はクラウド型共有ドライブやサービスでの利用を軸に「共有・連携」の問題はなくなりつつありますが、人的ミスに伴うデータ消失でトラブルに発展するリスクは未だ残ります。

また、ファイルの管理が一般業務部門の社員・担当者単位となればなおさら、「悪意ある者に狙われやすい」「セキュリティ面で脆弱」「属人化しやすい」もリスクに挙がります。

企業活動の根幹となる「販売・売上」の情報を扱うため、Excelでの管理は規模や内容によってだんだん適応しにくくなっていく──。これが課題といえます。

・専用の「販売管理システム/ソフトウェア」を活用する

Excelで管理するデメリットが「課題」となっているならば、販売管理を行うために専用設計されたIT製品「販売管理システム」の導入が近道です。

販売管理システムは、自社の製品、商品、サービスなどの「販売活動に関わるあらゆる情報」を一元化してとりまとめて、注文処理や在庫管理などのフローを効率化します。「すぐ、いつでも、最新の、正しい情報へアクセスできる」「過剰在庫や品切れの課題をなくす」「販売状況をリアルタイムに把握する」「次の戦略を練るための情報をレポートとして得る」などを実現できるようになります。

注意点もあります。まず、新システムの導入には相応の時間とコストが新たにかかります。業務フローが変わるならば、それを使う従業員が適応できるまでのトレーニングも必要です。

システムにかかるコストに対し、それを大きく上回る成果を出すための「コスト計算」、自社ビジネスの成長や変化に合わせて修正していく「カスタマイズ性」なども含めた導入プロジェクトとして計画する必要もあります。

販売管理システムの導入を検討する際は、これらのメリットとデメリットを総合的に評価し、ビジネスの特定のニーズや目標に適したシステムを選択することが重要となるでしょう。

 

クラウド型販売管理システムの機能チェックポイント

続いて、「コスト」「スピード」「効果」の面で多くの企業で選ばれる機会が増えた「クラウド型販売管理システム」の導入にターゲットを絞り、搭載される主な機能をチェックしていきましょう。

 

  1. 売上管理と在庫管理機能
  2. 仕入れ管理機能と他システム連携機能
  3. 営業管理と顧客管理機能

1)売上管理と在庫管理機能

「売上」と「在庫」の情報について、リアルタイムで確認、収集、そして分析ができるようになる機能です。売上に関するレポートやダッシュボードによって、パフォーマンスの把握や追跡、売上目標の設定、達成度の確認なども容易になります。売上の傾向、季節変動、顧客の購入行動パターンなども分析によって把握しやすくなります。

また在庫レベルをリアルタイムで監視できれば、品切れや過剰在庫を「ゼロ」に近づけることも可能となります。例えば、在庫水準が一定以下になると自動で発注するようシステムを設定できます。会社によっては、複数の倉庫や販売地点の在庫を一括管理できる機能も特に有効です。

 

2)仕入れ管理機能と他システム連携機能

仕入れ管理は「仕入れ」の情報を管理し、発注プロセスと連携できる機能です。連携した仕入れと発注の一連のフローを自動化する機能を持つ製品もあります。

販売管理システムは、在庫管理システム、受発注システム、CRM(顧客管理システム)、SFA(営業支援システム)などとの統合、連携により、販売、受発注、在庫、顧客情報、戦略立案といった自社の「営業活動体制」を一元管理できるようにもなります。

 

3)営業管理と顧客管理機能

販売管理には、多様な販売チャンネル、例えば直販、代理店、オンラインなどのパフォーマンスを追跡し、最適化する方策も重要です。

顧客情報を一元管理すれば、「ある顧客の情報」を営業部門など部署を隔てず、最新の、固有の情報へアクセスできることになります。初回の営業アクションだとしても、既に別の部署で知り得ている情報、例えば購買履歴や好み、対象担当者の行動パターンなどを得たうえで活動できれば、営業活動の質を大きく上げられます。


 

クラウド型販売管理システムは、これらの機能がリアルタイムで提供されること、またアクセスがどこからでも可能であることにあります。また、成長によって機能が不足してきても「料金プランを変える」「オプションを付ける」程度でシステムを柔軟に拡張できるクラウド型ならではの利点も生かせるようチェックしておくとよいでしょう。

 

おすすめ販売管理システム3選

freee販売

特徴 freee販売は案件ごとの売上、仕入れ、粗利の自動可視化などの機能を備えたクラウド型販売管理システムです。主に中小企業やスタートアップ向けに設計されており、簡単な操作性と高いカスタマイズ性が特徴です。30日間の無料トライアルも用意します。
ベンダーのWebサイト https://www.freee.co.jp/sales-management/

 

フリーウェイ販売管理

特徴 フリーウェイ販売管理システムは、中小企業やスタートアップ企業向けのクラウド型ソフトウェアです。主に売上管理、請求、入金業務の一元管理を可能にします。

「初心者にも使いやすく」をテーマに設計されており、シンプルな操作性を特徴とします。AWSを採用し、セキュリティが強化されています。

操舵はブラウザがあればOK。無料プランは3人まで利用可能で、1000伝票登録までが無料です。有料プランは月額2980円(税抜き)です。初回のみ年払いが必要で、4人まで利用可能です。5人目以降は追加で1000円/月/人からです

ベンダーのWebサイト https://freeway-hanbai.com/

 

弥生販売クラウド

特徴 弥生販売クラウドは、様々な機能を備えた販売管理ソフトです。主要な機能として、導入・設定の支援、見積もり・受注・売上管理、請求書作成、回収・入金管理、各種集計・分析、発注・仕入・支払処理、在庫・生産管理などがあります。また印刷帳票一覧や関連製品との連携サービスも利用できます。「セルフプラントベーシックプラン」は1年間無料で利用可能。有料プランとして「セルフプラン」(3万600円から)、「ベーシックプラン」(4万500円)などがあります。
ベンダーのWebサイト https://www.yayoi-kk.co.jp/hambai/

 

おすすめ3製品の機能比較表

  freee販売 フリーウェイ販売管理 弥生販売クラウド
受注管理
見積管理
請求書発行
在庫管理
顧客管理
売上管理
仕入管理 ×
発注管理 ×
購買管理 ×
売上予測 ×
利用形態 クラウド型 クラウド型 クラウド型
無料プラン なし あり なし
料金プラン (要問い合わせ) 0円から 3万600円/年から
無料トライアル あり あり あり

 

その他のおすすめ販売管理システム

Sanka

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

注文販売[M2O]

logo

注文販売[M2O]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 入金処理、支払処理は一括で自動処理
  • 収支の予測が、リアルタイムに可能に
  • 組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

「無料」で始められる販売管理システムから改善の第一歩を

無料で始められる販売管理システムは、特に個人事業主から中小企業、スタートアップ企業に大きなメリットがあります。「無料プラン」は機能の範囲やサポートサービスに上限はありますが、今ある課題をどう解決できのか、としてまず「お試し」してみるのも成功・成長のための第一歩です。長期的な視点で、ビジネスのニーズに合わせたシステム選びを進めていきましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

(執筆:合同会社伝心)

専門スタッフに相談する

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
RobotERPツバイソ
RobotERPツバイソは、標準機能のまま使用することで会社の業務プロセスを最適化できるクラウドERPです。顧客・案件管理、売上プロセス、制作プロセス/個別原価計算、調達プロセス、債権債務管理、財務会計・管理会計をワンプラットフォーム化し、自動化された経営基盤を手に入れることができます。

信頼できるクラウド上の基幹データとオンラインコミュニケーションを統合することで、規模の大きな会社でも管理コストを減らして、低コストで俊敏なオンライン経営が行えるようになります。最適にデザインされた標準の統合基幹業務プラットフォーム上にSalesforceプラットフォームの最先端のノーコード/ローコード開発機能を活用して、柔軟に機能拡張ができ、他社と差別化することも可能です。

詳細は下記の動画をご参考ください。

2
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
3
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。

中小企業でも大丈夫? 「販売管理システム」の導入メリットとその効果、おすすめ製品5選

「販売管理に時間と手間がかかってしまう」「商品の注文情報や顧客データなどに不整合が発生してしまう」。このような販売管理上で発生する課題は、販売管理をアナログ手法で行っていることが原因の場合が多くあります。 販売管理システムを導入すれば、効率的で正確なデータ管理が可能になります。 本記事では、販売管理システムを導入することで得られるメリットと導入時の注意点、そしておすすめの販売管理システムを詳しく解説します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料 […]

thumbnail

    販売管理システムとは? DX対応「販売管理システム」の基礎知識と選び方、おすすめ製品6選

    「この深刻な課題を解消したいがなんとかしてくれ」「来年の世界的イベントに間に合うよう、早く対策したい」「導入を検討しているが、自社の業務に合うツールかどうか、機能をきちんと備えているかどうかに不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」……などのように社内からいろいろな声が上がり、販売管理システムの検討をし始めている企業も多いと思います。 この記事では、販売管理システムの導入で何が変わるのか、どんな効果を期待できるのかについて、システムの基礎機能、導入効果、選び方のポイントとともにおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 […]

    thumbnail

      【小規模企業向け】無料で始められる「販売管理ソフト」 おすすめ製品3選

      現代の企業には、正確で効率的な業務運用管理が強く求められています。例えば、小売り販売業務を行う企業は、受注、在庫、売上、顧客情報管理などさまざまな情報を的確に管理し、そしてそのデータを活用することで販売業務の「効率化」と「正確性の向上」を果たせます。 それを実現、サポートするIT製品が「販売管理システム」「販売管理ソフト」です。 Excelなどの汎用ソフトウェアで行う管理も思い浮かびますが、それは旧来型かもしれません。進んでいる企業は、販売管理に特化した専用システムを用いることで効率化やコスト削減を果たしています。 本記事では、販売管理システム/ソフトウェアについての基礎から、主な機能、メリッ […]

      thumbnail

        販売管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入メリット、おすすめ製品3選

        販売管理システムとは、商品の仕入や製造、売買にともなうお金の流れや在庫の変動を管理するためのシステムです。企業が収益を得るためのお金と消費の動きを一元管理し、マーケティングや財務分析などさまざまな領域で活用できるデータを抽出します。 商品別の在庫管理や売買予測、特定の業種特有の商慣習への対応など、さまざまな管理を行いたい企業のニーズに答える販売管理システムは、どのように導入すればいいのでしょうか。今回は販売管理システムの種類と相場、導入メリット、導入事例、そしておすすめ製品をご紹介します。 販売管理システムの基礎知識販売プロセスを最適化する方法販売管理システムで実現する「顧客満足度を高める」方 […]

        thumbnail

          販売管理システムの基礎知識|主な機能と種類、おすすめ製品8選

          販売管理とは、企業の販売活動に関する商品やお金などの流れ・情報を管理することです。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローのひとつで、お客様からお金を受け取ってから商品を引き渡すまでの流れを管理し、適切な取引を実現します。一部の企業では紙の管理表や表計算ソフトを用いて販売管理を行っていますが、業務量の増加が負担になる企業も少なくありません。 販売管理システムは、販売管理にともなう業務を効率化できるシステムです。他のシステムと連携し業務を効率化できる販売管理システムは、具体的にどのような機能を持っているのでしょうか。 今回は販売管理システムの主な機能と導入のメリット、おすすめの販売管理システム […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            RobotERPツバイソ
            注文販売[M2O]
            スマートなDXプラットフォーム
            GrowOne  販売情報システム

            製品をもっと見る