ITセレクト powered by 発注ナビ

無料で始められる「MA(マーケティングオートメーション)」実施の基礎知識|無料プランを用意するMAツール5選、有料版との違い

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

MA(Marketing Automation)ツールは、営業などの現場において見込み顧客獲得から成約までのマーケティング業務を自動化し、マーケティング活動そのものを効率化するIT製品です。MAツールには国産のものから海外製品まで多くの種類、製品があります。

「導入を検討しているが、自社に合うツールかどうか不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」というマーケティング担当者から声が上がっている企業もあるでしょう。この記事では、MAの基本から、導入メリットと選定方法、そして「無料」から始められるMAツールまでをご紹介します。

「どれがいいのか、からそもそも分からない……」「サクッとおすすめ製品・サービスを教えてほしい!」というご担当者様、大丈夫です!

SaaS・IT選びをご支援する「ITセレクトの専門スタッフ」まで気軽に相談ください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします

今すぐ無料相談する

MAとは何か?

MA(Marketing Automation)は、これまで個人単位の知識や経験で行ってきた企業のマーケティング活動を「データ」として一元化し、そのプロセスを自動化して効率を高める仕組み、または考え方のことです。それを実現するIT製品を「MAツール」などと呼びます。以下よりMAツールの機能、導入によって得られる効果を確認していきましょう。

MAツールの基本概念

MAツールは、マーケティング全体のプロセスを自動化し、見込み客の獲得・育成に向けた適切なアプローチを可能にする「MAのため」のIT製品です。新規の顧客開拓・休眠顧客の発掘、リード(見込み客)のトラッキング、自動化されたキャンペーンの展開など、効果的なマーケティング活動を実現します。

例えば、顧客へのメール配信、資料請求を受けたあとのアクション、顧客行動のトラッキング、顧客スコアリング、営業活動の時期支援といった機能を搭載します。これらの情報をもとにリードのトラッキング(行動追跡・分析)から、ナーチャリング(育成)、購買フェーズなどまでの状況も予測・把握し、「顧客ごとに最適化」されたアクションを最適なタイミングで実施できるようになります。

MAツールはいまや競争の激しいビジネス環境で、戦略的かつ効果的なマーケティングを実現していくための鍵となっています。そして、そんなツールは自社の強力な武器となります。

MAツールで得られる成果と機能

マーケティング活動は、新規見込み客の獲得から、育成、アフターフォロー、さまざまなアクションによって「顧客」となるように導いていきます。

昔は「担当者個人の経験や勘、コツ」といった個人の能力に依存する要素が多くを占めていましたが、この能力を「全員備える」ならばいかがでしょう。MAの概念的な効果はここにあります。MAツールで得られる効果と機能をもう少し具体化していきましょう。

見込み客開拓の効率化

自動化されたプロセスを通じて見込み客を効果的に獲得し、また、見込み客の興味を引く効果的なキャンペーンを展開できます。

顧客ごとに最適化されたコミュニケーション

顧客の行動履歴などから好みやニーズを分析し、その顧客に合わせたメッセージなどのアクションを適切な内容でで実施できます。

見込み客の育成の自動化

見込み客の行動全般を分析し、適切なタイミングで自動的にフォローアップのアクションを実施できます。

リアルタイムなデータ分析

活動データをリアルタイムに分析できます。キャンペーンの成果やトレンド把握なども踏まえつつ、その場で意思決定する、といった営業活動の迅速化につながります。

マーケティングROIの向上

リードの追跡から顧客の購買フェーズまで全体の状況と活動を、データとして一元管理します。活動の「見える化」とともに、マーケティング投資の収益性も見える化しやすくなり、経営判断の意思決定にも大きく寄与します。

to B/to C ビジネス形態別にMAツールで得られる成果と機能

B to B(自社対企業)とB to C(一般消費者向け)それぞれのビジネス形態別に、MAツールで得られる効果を見ていきましょう。

(B to B)見込み客獲得行動の精緻化

MAツールにより、ターゲット企業およびその決定者/対象先を特定し、その人に向けて的確な情報提供を行えます。高品質なビジネス見込み客獲得が可能になります。

(B to B)顧客育成と長期的な関係構築

トラッキングと自動化での活動を組み合わせることで、リードの行動を追跡し、把握あるいは予測ができます。例えば「その顧客専用にカスタマイズしたコンテンツ」を用意するなどで関係を深められます。長期的な関係を築く第一歩につながります。

(B to B)セールスサイクルの最適化

営業部門や他部門と「顧客の情報」をシームレスに共有できます。見込み客の購買行動を把握・予測できることで、営業活動の迅速化かつ的確なアクションも促せます。

(B to C)大規模な見込み客獲得

MAツールにより、「大量に見込み客を獲得したい」といったキャンペーン戦略の多様性とターゲティング化向上策を実現できるようになります。

(B to C)顧客ごとに最適化したアクション

顧客の購買行動の履歴や好みを分析し、例えば「顧客それぞれ」に特化し、最適とされるプロモーションや提案を行えるようになります。顧客エンゲージメント(信頼関係)とブランドロイヤリティ(自社ブランドへのファン度)を同時に醸成できます。

(B to C)リアルタイムなデータ分析とキャンペーン最適化

リアルタイムにデータを分析することで、「その時」の消費者の行動トレンドを予測、把握できるようになります。これに基づいて即座にキャンペーンを最適化したり、市場動向に迅速対応したりすることが可能になります。

このようにMAツールは、マーケティング業務の効率化だけでなく、見込み客を効率的かつ低コストで引きつけ、売上拡大につなげる、顧客との関係強化とブランドロイヤリティを醸成するなどの効果が見込めます。

「無料版」のあるMAツール5選

高性能だがそれだけに高額な製品をいきなり導入するのは……いろいろ難しいと思います。そんな人も大丈夫です。MAツールにも「無料プラン」や「無料トライアル」を用意する製品があります。「MAを実践したいが、はじめてなので何をどう活用できるかに不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」「まずスモールスタートしたい」といった人に向け、コストとリスクを抑えてMAを始められる製品を紹介します。(製品名abcあいうえお順)

\ITセレクトおすすめMAツールの製品資料を一括ダウンロード(無料)/

Benchmark Email

特徴 Benchmark Emailは HTMLメールを容易にに作成・配信でき、併せてその「効果測定」を行う機能を豊富に用意するシステムです。

小規模シーン向けの「無料プラン」を用意します。無料プランは最大毎月3500通までメール送信が可能です。

有料プランは月1785円から(Pro)。最大毎月7500通まで配信できます。

ベンダーのWebサイト https://www.benchmarkemail.com/jp/

 

HubSpot Marketing Hub

特徴 HubSpotは、セールス、マーケティング、カスタマーサポートなど、ビジネス全般を網羅するプラットフォームです。無料プランではCRMツールとして利用でき、日本語対応のUIが提供されています。また、自動化ツールやレポートも使用可能です。

無料トライアルを用意します。有料料金プランは月5400円の「startar」から。

ベンダーのWebサイト https://www.hubspot.jp/products/marketing

 

Salesforce Marketing Cloud Account Engagement

特徴 Marketing Cloud Account Engagementは、Salesforceの一部で、B2Bマーケティングオートメーションに特化した機能を備えます。

30日間の無料試用版を用意し、リード管理、メールマーケティング、ウェブ解析、リードスコアリングの各機能を試せます。

ベンダーのWebサイト https://www.salesforce.com/jp/products/marketing-cloud/marketing-automation/

 

Salesforce Sales Cloud

logo

Salesforce Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン

3.8

414

  • データドリブンな営業組織へ。ビジネスのためのAIで営業活動をスピードアップ
  • 1つのプラットフォームで効率的な営業を実現。他部門との連携もスムーズに
  • 柔軟性・拡張性に優れ、各種ツールとの連携やカスタマイズも簡単に

製品詳細を見る

特徴 Salesforceは世界的に利用者がいるSFAツールで、日本ユーザーにも広く利用されています。カスタマーサポート、セールス、マーケティング、分析など幅広い機能を体験できます。

30日限定の無料試用版を用意します。

ベンダーのWebサイト https://www.salesforce.com/jp/

 

Zoho Campaigns

特徴 「メールマーケティング」のためにメールの一斉配信をシンプルに実現する機能に特化した製品です。

小規模シーン向けに「無料プラン」を用意します。無料プランで2000件までのアドレスに対して最大6000通のメール送信が可能です。トラッキング機能を備え、他Zohoシステムと統合も可能です。

有料プランは送信数の制限がなくなり、月360円から/10人の「スタンダード」、月540円~/20人の「プロフェッショナル」などあります。

ベンダーのWebサイト https://www.zoho.com/jp/campaigns/

 

その他おすすめMAツール6選

(製品名abcあいうえお順/2024年6月時点

F-RevoCRM

logo

統合型顧客管理システム「F-RevoCRM」

シンキングリード株式会社

4.3

6

  • 多様化、デジタル化する顧客接点に対応できる
  • 業務フェーズや担当部署にとらわれず顧客情報を一元管理できる
  • OSSがベースのためお客様のご要望に沿った柔軟な追加開発・改修も対応可能

製品詳細を見る

GENIEE SFA/CRM

logo

GENIEE SFA/CRM

株式会社ジーニー

3.6

50

  • 低価格で誰でも簡単使えるUIと高い拡張性
  • 導入支援~運用後も手厚いサポート対応
  • 「最先端のAI」 を活用した営業支援

製品詳細を見る

Mazrica Sales

logo

Mazrica Sales

株式会社マツリカ

4

132

  • 直感的な操作性で誰でも簡単にデータ入力/蓄積
  • 標準装備のレポート機能ですぐにデータを活用
  • 正答率92%!AIによる予測機能で案件のリスク分析&類似案件を直接アドバイス

製品詳細を見る

Sanka

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

カルティセールス

logo

カルティセールス

株式会社Sapeet

  • ハイパフォーマーの商談をノーコードで再現。漏れのないヒアリングと最適な提案が可能
  • 未熟なスタッフでもナビゲーションに沿って商談することで成約率アップをサポート
  • 紙を超える簡単入力で商談中にあらゆる顧客情報を蓄積。情報管理の工数削減に

製品詳細を見る

見込集客[CT]

logo

見込集客[CT]

オーバルテクノロジー株式会社

  • 重複データを統合し、顧客情報を一元管理
  • 次回の予定を自動アラート、対応モレを防止
  • 他のパッケージとの組合せ自在、フルカスタマイズ可能

製品詳細を見る

MAツールの無料プラン vs. 有料プラン

IT製品は原則として「有料」であることは念頭に置いてもらいつつ、「無料版」の無料プランあるいは無料トライアルは、一定の条件のもとで個人事業主から中小規模シーンでの導入に向け、または「選定・検討のためのお試しのため」に用意されます。

「一定の条件」とは、利用できる機能が基本的なものに限られる/利用できるユーザー数に制限がある/保存できるデータ数に制限がある/保存期間に制限がある/広告が表出するなどがあります。その一方で、制限を理解した上でその範囲で使えると判断できるならば、あるいは無料トライアルで「無料の範囲で試験的にスモールスタート」し、システムの機能や効果を検証したいといったシーンに「無料版」は適しています。

MAツールの選定プロジェクトにおいては、まず、自社のビジネスや利用シーンの規模とニーズ、成熟度、予算と、必要な機能を洗い出して整理する「要件」をまとめるところからはじめ、製品の絞り込みや選定の段階で「無料版」をうまく活用しながら進めるとよさそうです。

MAツール/メールマーケティングツールの基本的な使い方

MAツールは実際にどのように使い、成果を出していくのでしょうか。MAツールの基本機能である「基本設定」「メッセージテンプレートの作成」「メッセージの自動スケジュール設定」の3項目を簡単に説明します。

MAツールの基本設定

MAツールを使い始める際の手順は大まかに以下のような作業があります。ただ、会社や導入シーン別に詳細は異なりますので、参考としてご覧ください。

まず、選んだMAツールを自社Webサイトのアクセスログや顧客管理などの各種データと連携させます。MAツールによっては、サイトへタグやスクリプトの埋め込みなどの作業が必要になる場合があります。

MAツールの各種機能については、見込み顧客の属性や行動に応じてスコアを付与するスコアリング機能や、メール配信のタイミングや内容を決めるシナリオ作成機能などを利用します。これにより見込み顧客の情報や行動を分析し、メール配信や広告管理などを行います。

メッセージテンプレートの作成

メッセージテンプレートとは、メール配信に使用するメールのひな型のことです。メッセージテンプレートを作成することで、メールの作成や編集の時間を短縮し、メールの品質や一貫性を保つことができます。メッセージテンプレートの作成方法はMAツールによって異なります。

MAツールによっては、テキストメール、HTMLメール、メールマガジンといったメッセージテンプレートの種類があらかじめ用意されていることも多いです。目的や配信対象に応じて、適切なメッセージテンプレートの種類を選んでいきます。テンプレートをベースに、自社のロゴを入れたり、デザインを工夫したりすることでカスタマイズしていくのもよいでしょう。

続いてメッセージテンプレートの内容を編集します。メールの件名や本文、署名などの内容を編集します。MAツールの多くは、メールの内容を「見込み顧客の興味やニーズに応じて特化した内容」をそれぞれ個別に、自動的に差し入れる機能もあります。

メッセージの自動スケジュール設定

メッセージのスケジューリング化とは、メール配信のタイミングや頻度を事前に設定する作業のことです。メッセージの送信タイミングが適切ならば、購買行動につながりやすくなり、メール配信アクションの効果を最大化できます。

MAツールの多くは、この「タイミング」を顧客別に予測・提案する機能も持ちます。

メッセージのスケジューリング化設定方法は、MAツールによって異なりますが、一般的には以下のような手順で行います。

まずはメッセージの目的と配信対象を決めます。メール配信の目的は、見込み顧客の獲得や育成、成約促進など様々です。メール配信の目的に応じて、配信対象の見込み顧客のセグメントを決めます。セグメントとは、見込み顧客を属性や行動などの条件で分類したグループのことです。

続いてメッセージの内容とタイミングを決めます。メール配信の内容は、配信対象の見込み顧客の興味やニーズに合わせてパーソナライズしましょう。メール配信のタイミングは、見込み顧客の行動や購買サイクルに合わせて最適化することが重要です。メール配信の内容とタイミングを決める際には、シナリオ作成機能やトリガーモデルなどの機能を活用することができます 

メール配信の内容とタイミングを決めたら、MAツールのスケジューリング化設定画面で設定します。MAツールによっては、カレンダーやドラッグアンドドロップなどの機能で簡単に設定できる場合があります。

メッセージのスケジューリング化設定が完了したら、開始します。MAツールは、設定した内容とタイミングに従って、自動的にメール配信を行います 。

「MAツール」を軸にしたマーケティング戦略最適化の基礎

MAツールは現代のビジネスマーケティングに不可欠な存在になっています。リードスコアリングやセグメンテーションを活用して的確なターゲティングを実現するとともに、顧客の行動データを分析し、パーソナライズされたコミュニケーションを可能にするためです。ここからは「MAツール」を軸にした戦略の最適化を図る基礎を解説します。

MAツールを活用したリードジェネレーション

MAツールを活用してリードジェネレーションの強化が可能です。リードスコアリングやパーソナライズドなコンテンツ提供を通じてターゲットを絞り込み、タイミングを重視した自動フォローアップを実現します。データ駆動で効果を測定し、柔軟な戦略調整を行うことが成功の鍵となります。

  • セグメンテーションとパーソナライゼーション
  • メールキャンペーンの効果的な設計
  • インテグレーションとデータ分析
  • データ分析の重要性

セグメンテーションとパーソナライゼーション

セグメンテーションはターゲット市場を細分化する重要なステップです。デモグラフィクス、行動パターン、購買歴などを分析し、異なるセグメントに分類します。これにより、特定のグループに合わせたマーケティングアプローチが可能となります。

パーソナライゼーションは各セグメントに合わせた個別のエクスペリエンスを提供します。MAツールを活用し、リードの好みや行動データに基づいてタイミング良くパーソナライズされたコンテンツやコミュニケーションを提供。これにより、リレーションシップ構築が可能になり顧客満足度が向上します。

メールキャンペーンの効果的な設計

MAツールを駆使したメールキャンペーンは、リードスコアリングやセグメンテーションでターゲットを精緻(せいち)に絞り込むことが鍵となります。

パーソナライズされたコンテンツと自動化されたフォローアップを組み合わせ、顧客の興味を引きつけます。適切なタイミングで送信し、キャンペーンデータを分析して戦略を最適化することで、効果的なメールキャンペーンを実現できます。

インテグレーションとデータ分析

MAツールの効果を最大限に引き出すには、他のビジネスツールとのシームレスな統合が不可欠となるでしょう。例えば、CRM、SFA、Web解析ツールなどとの連携により、一元的なデータ管理が可能となり、より効果的なキャンペーン実施やパーソナライズされた顧客体験を提供できるようになります。

データ分析の重要性

データ分析やレポーティングの機能の考察は、MAツールの導入で特に成果を出したい企業に欠かせない要素となります。リードの行動分析やキャンペーン効果測定を通じて「洞察を得る」。このことはビジネス躍進への大きな武器になります。

無料で始められるMAツールからビジネス成長の第一歩を

MAツールの導入はビジネスの成長に加速度をもたらします。まず、無料版(無料プランや無料トライアル)を試すことで、ビジネスのニーズに最適なツールかどうかを確認でき、クラウド型製品の利点を生かした柔軟な導入計画やアップグレード戦略も計画できます。試用期間を利用して機能の適切な活用方法を模索し、成果を最大化する第一歩を踏み出しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

(執筆:合同会社伝心)

今すぐ資料請求できる「MAツール」製品一覧

 無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

MAツールとは? メリットと注意点、導入の流れ、おすすめ製品6選

MAツールとは、見込み客の獲得から育成、リードの抽出を自動化し、マーケティング活動を自動化するツールです。BtoBだけでなくBtoCのマーケティングでも広く利用されており、いまや企業のマーケティングにおいて無くてはならない存在となっています。 上手く使えば大きな成果をだせる一方、導入の仕方によっては期待した効果が見込めない場合があります。この記事では、効率のいいマーケティングを実現するためには、どのような点に注意して導入すればいいのか、MAツール導入のメリットと注意点、導入の流れ、おすすめの6製品(2024年7月時点)をご紹介します。 MAツールの基礎知識MAツールの主な機能MAツールを導入す […]

thumbnail

    MAツールの機能を使ってできること|基本機能、便利な機能、期待できるビジネス成果を分かりやすく解説

    営業成績の伸び悩み、リードの獲得から顧客化までのプロセスの遅延、これらは多くの営業担当者や管理職が直面している課題です。顧客とのコミュニケーションを効率化し、質を向上させることが急務である人はとても多いはずです。そんな悩みや課題に応えるIT製品の1つが「MAツール」です。本記事ではMAの検討に向けた基礎知識から、主要機能とできること、期待できるビジネス成果と導入シーンをじっくり解説します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する MAでできること 基礎 […]

    thumbnail

      MAツールとは? マーケティング戦略とリードの品質向上に効くおすすめIT製品

      昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「MA(Marketing Automation)」です。 MAツールの資料を一括ダウンロードする MAの基礎知識MAツールの導入メリットMAの機能が含まれる/連携・併用・関連によって相乗効果が期待されるIT製品「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひIT […]

      thumbnail

        DSPとは? マーケティング戦略の強化と効率化に効くおすすめIT製品

        昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「DSP」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する DSPの基礎知識DSPで得られるビジネス効果DSPと関連する/併用で相乗効果が得 […]

        thumbnail

          3C分析とは? 目的と活用例、マーケティング戦略の強化に効くおすすめIT製品

          昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「3C分析」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する 3C分析の基礎知識3C分析の実践例3C分析の実践と関連性/親和性の高いIT製品 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            GENIEE MA
            いえらぶCLOUD
            Kairos3 Marketing
            Salesforce Sales Cloud

            製品をもっと見る