ITセレクト powered by 発注ナビ

MA(マーケティングオートメーション)

MA(Marketing Automation)は、マーケティング活動を「自動化」し、効率化するためのIT製品、ITツールです。顧客の購買プロセスが変容し続ける時代において「新規の見込み客(リード)獲得から、育成や見込み度別に選別し、成約の見込みが高い顧客を抽出する」といった、これまで属人化しがちで、知識や経験も必要だった高度なマーケティング活動とその行程を、集約したデータともとに自動化できます。少ない労力で効率よく顧客を獲得できることを特徴とします。

※本ページに掲載している製品満足度はITreview
データを利用しています

MAツールとは? メリットと注意点、導入の流れ、おすすめ製品5選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

MAツールとは、見込み客の獲得から育成、リードの抽出を自動化し、マーケティング活動を自動化するツールです。BtoBだけでなくBtoCのマーケティングでも広く利用されており、いまや企業のマーケティングにおいて無くてはならない存在となっています。

上手く使えば大きな成果をだせる一方、導入の仕方によっては期待した効果が見込めない場合があります。この記事では、効率のいいマーケティングを実現するためには、どのような点に注意して導入すればいいのか、MAツール導入のメリットと注意点、導入の流れについてご紹介します。

MAツールの基礎知識

MAツールは、業態や事業規模を問わず、多くの企業が採用をすすめています。MAツールとはどのようなツールで、なぜマーケティングにおける必要性が上がっているのでしょうか。

 

MAツールとは?

MAツールとはMarketing Automationツールの略称です。新規の見込み客(リード)獲得から育成後、見込み度別に選別し、成約の見込みが高い顧客を獲得します。それぞれの過程は自動化されているため、少ない労力で効率良く顧客を獲得できることを特徴とします。

 

MA ツールとCRM、SFAの違い

MAツールに近い役割のツールとして認識されているのがCRMSFAです。いずれも顧客の管理に関するツールですが、それぞれ別の役割を持つツールであり、強みとする領域は若干異なります。また、いずれかの製品に機能が包括されていることもあります。

MAツールは新規顧客獲得のためのマーケティング活動を自動化し、効率よく見込み客を獲得・育成するためのツールです。管理対象は取引が始まっていない見込み客であり、顧客との最初の接触から顧客の獲得までを支援します。

CRMは「Customer Relationship Management」の略称で、日本語では顧客関係管理と訳されます。すでに取引が始まっている顧客(=Customer)を管理するためのツールであり、顧客ごとの交渉履歴などを記録する情報管理や、顧客情報の分析を通じた顧客満足度の向上を目的としています。

SFAは「Sales Force Automation」の略称であり、営業支援と営業の自動化/見える化を目的としたツールです。MAツールに対し、主に商談の開始から受注までのプロセスを管理・営業活動の進捗管理や効率化をサポートします。商談の進行状況を見える化し、営業チーム全体の効果的な営業活動が可能になります。

 

MAツールが必要とされる背景

MAツールが多くの企業に必要とされるようになった背景は多岐にわたりますが、特に代表的な理由として挙げられるのが、技術の普及に伴う「マーケティング活動の多様化」です。インターネットの普及や市場のニーズの変化にともない、各企業はマーケティング活動に力を入れる必要に迫られています。顧客の購買プロセスが変容し続ける時代において、取得したログデータを管理・分析し、効率のいいマーケティングを行うためにも、ツールを活用したオートメーション化が求められ続けています。

 

MAツールの主な機能

一般的なMAツールには、以下のような機能が搭載されています。

 

見込み客の管理機能

展示会やセミナー、広告経由などさまざまな経路で獲得したリードのリストを管理する機能です。この管理対象は新たに獲得した新規の見込み客に限られており、過去に取引があった企業や今も取引が継続している顧客は通常CRMツールによって管理されます。

 

アクションの配信・送付機能

管理機能で一元管理した見込み客リストに対してメールなどを配信する機能です。見込み客は獲得経路や属性、獲得からの時間などによって求める情報が異なるため、それぞれのフェーズにあった情報を配信する必要があります。

メールマガジンのような同一内容の一斉配信だけではなく、顧客の行動に合わせたステップメールや、特定の顧客に狙いを定めて送るターゲティングメールなど、配信するメッセージの種類はさまざまあります。それらを組み合わせて戦略化できます。

 

Webページ作成機能

MAツールの中には、LP(ランディングページ)や登録フォームといったWebページを生成する機能を持つものもあります。顧客との接点の1つとなるWebページの設置は、Webマーケティングに必須の要素です。

 

スコアリング機能

MAツールは、リードが受注に至るまでの確度を数値として算出する「スコアリング」ができます。メルマガの開封や広告のクリック、資料請求といった行動データなどに点数を付けることで、商品に対するリードの興味関心の高さを客観的に評価できるようになります。

 

レポート機能

MAツールには、蓄積されたデータを分析し、現状のリードの状態を客観的にまとめるレポート機能が搭載されています。企業ごとのアクションが可視化できるため、次に打つべき施策の判断に役立ちます。

 

他ツールとの連携機能

MAツールには、出稿中の広告やSNSと連携し、それぞれの施策効果を分析する機能が備わっています。近年は出稿できる媒体や利用可能なSNSの数が増加しているため、手広く対応しようとするほど人力での管理が難しくなっていきます。MAツールならば、それぞれの施策の効果を自動的に分析し、力を入れるべき効果的な施策を判断しやすくなるでしょう。

 

 

MAツールを導入するメリットと注意点

MAツールは企業の規模や業態を問わず、多くの企業が導入するメリットを感じられるツールといえます。自社の規模や集客手法にあった使い方ができれば、マーケティング活動が多様化する現代においても、リード数や受注率の向上が期待できます。

 

MAツールを導入する主なメリット

MAツールの重要性はマーケティング活動の効率化にあり、そのために必要な機能が豊富に搭載されています。

核心ともいえるのがデータ分析機能です。リードの行動にあわせたアプローチを選択できるため、無駄のない効率的な顧客獲得が可能となります。

また、情報共有がしやすくなることで、営業部門とマーケティング部門が同じリード情報を共有し、それぞれの立場からのアプローチを行えます。このことで、見込み客の取りこぼしの防止につながります。さらには、MAツールを使用することで、業務フローが自動化とともに均一化できるため、業務の属人化を防げるのも大きなメリットです。

 

MAツールを導入する際の主な注意点

MAツールはマーケティング活動に与える影響が大きい一方、導入には一定の費用がかかります。長期間使用し続けることが前提のシステムであるため、ランニングコストの積み重ねが企業の財政状態を圧迫するリスクはあります。

また、効果的に運用するには人材教育が必要になるため、ヒューマンリソースが圧迫される可能性も無視できません。さらには定期的な施策の見直しも必要になるため、導入前に考えていたよりも手間がかかる印象を持つ人も少なくないでしょう。これらの注意点を踏まえ、解決できる体制を整えて導入を進めましょう。

専門スタッフに相談する

自社に合ったMAツールを選ぶポイント

マーケティング活動の効率化がMAツールの主な目的ですが、ツールによって搭載する機能は異なります。期待する成果を上げられるよう、自社にあったツールを選びましょう。

 

自社のビジネスモデルに適した機能を持っているか

MAツールに搭載されている機能は製品ごとに異なりますが、大きくBtoB(対企業)向けとBtoC(対消費者)向けに分類されます。

多くのBtoB向けツールは、法人顧客の情報や案件の管理、名刺情報の集計と共有といった機能に特化しています。あくまで企業単位での取引を前提とした情報管理を行う点が特徴的です。

一方、BtoC向けツールは管理する情報が個人単位となり、購買履歴の管理やSNS・広告との連携機能に強い傾向があります。BtoBに比べ単価が低く、短い購買プロセスの管理に最適化されています。

ターゲットによって必要とされる機能が異なりますので、MAツールを選ぶ際には、自社の課題解決にあった機能が搭載されているか確認しましょう。

 

他のツールや外部システムと連携できるか

MAツールの効果を最大化するためには、CRMやSFAといった他のツールとの連携が不可欠です。いずれかのツールで獲得した顧客データを共有し、それぞれのフェーズにあったアプローチができるよう、自社で使用している他のシステムとの連携ができるか確認しておきましょう。

 

予算内で希望の機能を搭載できるか

MAツールには豊富な機能が搭載されていますが、全業態ですべての機能が必要なわけではありません。機能が増えるほど導入や継続使用のための必要なコストが上がるだけでなく、機能を使いこなすための社員の学習コストも引き上がる可能性があります。

MAツールは価格帯ごとのラインナップも豊富ですので、予算内で自社に必要な機能を使えるツールを選びましょう。

 

データの量や保有期間は適切か

MAツールで扱うデータ量は、BtoBとBtoCで大きく異なります。BtoBにおけるリード数は数千~数万件であるのに対し、BtoCでは数万~数十万件まで増えることも珍しくありません。

データ量が増加すると管理コストが増えるだけでなく、異なる管理手法が必要になる場合があります。また必要な保有期間が長ければ、管理にかかるコストも比例して増加します。自社のビジネスモデルやマーケティング手法に最適であるかという点も、MAツールを選ぶ際には重要な視点です。

 

サポート体制が充実しているか

MAツール使用中のトラブルシューティングの方法は、事前にある程度決めておくべきです。ベンダーから十分なサポートを受けられない場合、トラブルが起きるたびに業務がストップするおそれがあります。

手厚いサポートを受けられるのであれば安心ですが、ベンダーによってはサポートを最小限にしてコストを抑えていたり、サポート費用を別メニューで設定したりする場合があります。また、サポートを受けるための前提知識を社内に蓄えておく必要もあるため、スタッフへ教育する必要があるでしょう。

導入前には、必要なサポートレベルの選択と社内体制の構築も視野に入れた検討を行う必要があります。

 

おすすめのMAツール5選

おすすめのMAツールを5点ご紹介します。(製品名abcあいうえお順)

Adobe Marketo Engage

月額 / 初期費用 要問い合わせ
マーケティング対象 BtoB、BtoC
主な機能 ・リード管理

・リスト作成・管理

・コンテンツの自動提供

・セグメント、スコアリング

・メールマーケティング

・LP・フォームの作成

システムの特徴 ・AI予測による適切なコンテンツの提供

・注目度の高いリードを検出しアラートを発出

無料トライアルの有無 要問い合わせ
主な特徴 Adobe Marketo Engageは、アドビ社が提供するMAツール。一般的なリード管理に加え、詳細に管理されたセグメントごとに一部文言を変えたメールを送信できるなど、細かいリードナーチャリングが可能です。直前にフォームに入力したユーザーなど見込みが高いリードを自動的に検出し、関係者にアラートで周知する機能がある
ベンダーのWebサイト https://business.adobe.com/jp/products/marketo/adobe-marketo.html

Sanka

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

SATORI

月額 / 初期費用 月額14万8000円 / 初期費用30万円
マーケティング対象 BtoB、BtoC
主な機能 ・リード管理

・リスト作成・管理

・コンテンツの自動配信

・セグメント、スコアリング

・メールマーケティング

・LP・フォームの作成

システムの特徴 ・リードの関心度を点数で可視化

・匿名の見込み客へのアプローチ

無料トライアルの有無 要問い合わせ
主な特徴 SATORIは日本国内で開発されたMAツール。中小企業や小規模事業を中心に1500社以上に導入実績。一度Webサイトを訪問した非対面・匿名のサイト訪問者への接触機能を強みに、従来は潜在顧客として見なされなかったリード開拓も可能と謳う。
ベンダーのWebサイト https://satori.marketing/

 

seyanen

logo
  • 見込み顧客を増やす機能をふんだんに盛り込んだマーケティングツール
  • 見込み顧客開拓から既存顧客フォローまで幅広くサポート
  • 見込み顧客獲得のための機能が豊富

製品詳細を見る

 

SHANON MARKETING PLATFORM

月額 / 初期費用 10万円~ ※リード数や機能によって変動。要問い合わせ
マーケティング対象 BtoB、BtoC
主な機能 ・見込み顧客管理

・LP・フォーム作成の自動化

・イベント管理

・スコアリング設定

・シナリオ作成

・メール配信

・ステップメール設定

システムの特徴 ・SFAと一体化

・イベント参加者への自動フォローアップ

無料トライアルの有無 要問い合わせ
主な特徴 SHANON MARKETING PLATFORMは、BtoB、BtoCを問わずにリードの獲得からナーチャリングまでオールインワンで実現できるMAツール。シナリオや各種コンテンツの作成、メール配信まで一気通貫で自動化できるた、初めてMAツールを導入する企業でも安心して使えると謳う。またMAツールと一体化したSFAにより、営業部門とのスムーズな連携も可能
ベンダーのWebサイト https://www.shanon.co.jp/products/

 

MAツールを導入する流れ

MAツールの導入は、以下の手順に沿って進めましょう。導入の過程で決めなければならないことが多いため、ある程度スケジュールに余裕を持って進行する必要があります。

 

  1. 自社の課題や目的の明確化
  2. 自社の見込み客データの整理
  3. 必要な機能を選定して導入ツールを比較検討
  4. コンテンツの準備
  5. マーケティングシナリオやスコアリングの基礎設計
  6. 運用フローの構築
  7. KPI・KGIの設定
  8. 振り返り時期の設定

Step1.自社の課題や目的の明確化

「なぜMAツールを導入しなければならないのか」「どのような課題を解決したいのか」など、<strong>MAツールを導入する目的</strong>を明確にさだめましょう。課題が明確にならないと、MAツールに必要な機能や測定する効果が定まらず、導入の効果が期待できなくなるためです。まずは見込み客の獲得や育成、営業との連携強化など、自社の課題の洗いだしから始めましょう。

 

Step2.自社の見込み客データの整理

MAツールを導入する前からマーケティングを行っている企業は、導入前に<strong>見込み客のデータを整理</strong>しておきましょう。

最終的にはすべての顧客データをツールに登録することになりますので、社名や担当者名、接触した経緯や交渉内容などを整理し、ツールへ流し込めるようにしておきましょう。

 

Step3.必要な機能を選定して導入ツールを比較検討

自社にとって<strong>必要な機能があるMAツール</strong>を選定しましょう。いきなり、最初に見たツールに決めるのではなく、複数のツールを比較検討するのがおすすめです。MAツールで自動化したい業務と機能には、以下のような関係があります。

 

  • リードのデータを集計・分析したい = 顧客管理機能
  • リードの状態に応じたアプローチを自動化したい = シナリオ作成機能
  • 顧客の検討段階を可視化したい = スコアリング機能
  • 顧客に応じたアクションで検討を促したい = メール配信機能

同じような機能でもBtoB向けとBtoC向けでは細かな仕様が異なる場合がありますので、自社が望む形の機能であるか確認しましょう。

 

Step4.コンテンツの準備

MAツールを運用する上で、必ず用意しなければならないのがリードとの接点となるコンテンツです。リードの状態によって必要なコンテンツは異なりますので、それぞれのフェーズに合わせてMAツールと連動させられるコンテンツを準備しましょう。

MAツールと相性がいいコンテンツには以下のようなものがあります。

 

  • ブログ
  • メール
  • ホワイトペーパー

ブログで興味を持ってもらい、メールでリードを育成し、ホワイトペーパーのダウンロードにつながるという流れが想定できます。関心の強さもこの順番で強くなるので、情報の粒度も調整するとよいでしょう。

 

Step5.マーケティングシナリオやスコアリングの基礎設計

用意したコンテンツをどのように使うかはマーケティングシナリオ機能、コンテンツごとの評価はスコアリング機能を使います。リードをどのように育て上げ、育成の段階に応じた評価をするための基準の設計は、MAツールを使う上で欠かせません。それぞれの基礎設計をしましょう。

 

Step6.運用フローの構築

MAツールはマーケティングのためのツールですが、マーケティング部門だけで活用しても十分な成果は得られません。大切なのは、<strong>他の部署との連携強化</strong>です。特に営業部門と密接に連携すれば、効率よく獲得したリードへ商談を持ちかけられるようになるでしょう。

誰がどのようにMAツールを使い、どの段階になったら営業部門へリードを引き渡すといった運用フローを定めれば、集客したリードを効率よく購買に繋げられます。

 

Step7.KPI・KGIの設定

MAツールは目標達成に向けた試行錯誤を繰り返すことで、より効率が上がり成果が上がりやすくなります。目的があいまいなまま使い続けないよう「KPI」と「KGI」を設定しましょう。

KPI(Key Performance Indicator=重要業績評価指標)は、最終的なゴールに至るまでの進捗を表す定量的な指標。

KGI(Key Goal Indicator=重要目標達成指標)は、最終的に目指すゴールを表す指標です。

 

Step8.振り返り時期の設定

MAツールの運用開始後は、定期的に効果を検証して施策の見直しを行いましょう。「思っていたよりも効果がでなかった」「想定よりも時間がかかっている」といった状態が見えるようになります。

実績がでることでKPI・KGIの実現性も見えるようになりますので、振り返りは必ず行います。定期的に見直せるようにあらかじめ振り返りをするタイミングを決めておきましょう。

 

 

MAツールをうまく活用できていないときの主な原因

MAツールの運用を始めたのに思ったような効果が出ない……。導入後こう悩むのは何としてでも避けたいはずです。導入時の要件策定、施策の内容や条件の見直し事項の参考となるよう、よくある前例から「挙がることが多い課題」をリストアップし、紹介します。

 

効果が出ない要因1:保有リードが少ない

保有リードとは、自社が管理している見込み客です。MAツールは保有リードにコンテンツを提供して育成していきますので、ある程度保有リードの数がなければ、効果的な運用は難しいと考えてよいです。

十分な保有リードがないようなら、まずはリードの獲得を目的とした施策を優先的に行いましょう。

 

効果が出ない要因2:Webサイトのコンテンツが少ない

リードを育成するためには、豊富な量のコンテンツが必要です。特に最初の入口となるWebサイト上のコンテンツの充実具合は、獲得できるリードの数に大きく影響します。

広告出稿やSNS運用に力を入れてもなかなかリードが増えないようなら、Webサイト上のコンテンツの数を見直すのがおすすめです。リードが興味を持つようなコンテンツが増えれば、徐々に保有リードの数が改善していきます。

 

効果が出ない要因3:機能、ツールを使いこなせていない

MAツールは機能を使いこなせてこそ効果を発揮するツールです。複雑な機能を理解できない状態が続くと、せっかく獲得したリードの育成が進まず、多くの機会損失を生むことになります。

 

効果が出ない要因4:営業とうまく連携ができていない

マーケティング部門が育成したリードがなかなかコンバージョンにつながらない場合、営業とマーケティングの間の連携に問題があるかもしれません。

もし情報がうまく伝わっていないようなら、営業側に、MAツールと連携できるSFAを導入すると改善するかもしれません。それ以前の問題として両者がお互いに何をやっているのかわからないという状態なら、定期的なミーティングを開催し、意思疎通できるだけの関係性を作るといった対応も必要です。

 

MAツールを活用し、他社より一歩先行く営業体制を獲得しよう

インターネットを使った集客の重要性が増す現代において、MAツールの活用は多くの企業にとって重要な取り組みです。MAツールで集めたデータを集計・分析し、効率のいいリードの育成を可能にするよう、自社にあった機能を備えたMAツールの導入を検討しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

製品紹介

logo
  • 20以上のアプリが散らばった業務を一元化。IT管理にかかる時間と費用を大幅に削減
  • アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズ。自社ニーズにピッタリな形でDXを推進
  • 10年以上の経験を持つプロフェッショナルが導入支援、コンサル、開発サービスを提供

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo
  • 見込み顧客を増やす機能をふんだんに盛り込んだマーケティングツール
  • 見込み顧客開拓から既存顧客フォローまで幅広くサポート
  • 見込み顧客獲得のための機能が豊富

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo

Platta Intelligence

株式会社プラッタ

  • 部分最適化ではなく、ひとつのAIがECサイトの重要な局面をすべて最適化します
  • ECサイト毎にカスタマイズが可能で、高い費用対効果が期待できます
  • 徹底したサポートで、設定代行から活用支援までご担当者様に寄り添います

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

製品紹介

logo

Pipedrive

株式会社Mer

  • 受賞歴のある圧倒的に使いやすいUI / UX
  • AIセールスアシスタント
  • ノーコードでカスタマイズ

製品詳細を見る

ユーザーレビュー

総合評価

0

powered byITreview

Powered by ITreview

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
2
マーケティングプラットフォーム seyanen
「Seyanen」は、見込み顧客の特定が可能なマーケティングツールです。個人情報が関連している見込み顧客だけでなく、匿名の見込み顧客にもアプローチが可能です。

具体的なアプローチ方法として、月ごとのサイト流入を「レポート」で把握し、どのページが注目されているかやCVにつながった経路を分析します。そして、「施策設定」から、匿名とCV済みの訪問者に対してバナーやログインフォームを表示し、行動を促進します。

新規顧客だけでなく、既存顧客の育成も可能です。案件終了後のアンケート送信や、ステップメールを通じたアプローチにより、良好な関係を継続できます。

中小企業様向けに、「Seyanen」は自社サイトのマーケティング担当が不在やコスト削減、時間不足、大手マーケティングツールの難解さといった課題に対応します。初めて利用するユーザーでも導入から利用までのサポートを提供しています。

オプションで案件管理や請求管理、見積もり管理まで一括して行え、複数のツールを統合することで業務の効率化・経費削減が可能です。

詳細については、お打ち合わせにてご案内いたします。お気軽にご相談ください!
3
Platta Intelligence
Platta IntelligenceはAIを使った、ECサイトの売上最大化に必要な機能をワンストップで提供するマーケティング支援プラットフォームです。ネットショッピングでの様々な局面で、AIが一人ひとりに最適な提案をすることで購買体験の向上に貢献し、ユーザのCV率やエンゲージメントを最大化します。

【機能について】

パーソナライズレコメンド
ユーザの興味や嗜好に基づいて、AIがおすすめの商品を提案します。サイト運営側が思いもよらない提案から購買に至るケースも多く顧客単価やエンゲージメントの向上を支援します。

■検索の最適化
ユーザーの検索意図をより正確に理解し、複数の商品や関連性の高いカテゴリーを提案することで、検索体験を最適化させます。回遊率・エンゲージメントの向上により、購買行動を促進させることが可能となります。

関連商品の提案
商品詳細ページでは、ユーザーが閲覧している商品に関連する他の商品を、AIが即座にレコメンドすることでアップセルやクロスセルの効果が期待できます。

カートの最適化
カートページではセット商品やバンドル商品の組み合わせを提案することで、購買体験の適正化を図ります。追加購入を生み出すだけでなく、満足度の向上にも貢献することが可能です。

リターゲティング
定期的に購入される商品の再購入や買い漏らしの防止を促すリターゲティングを行います。これにより、購買の機会の最大化するとともに、ユーザーとの関係を強化します。

個別のキャンペーン
AIによってセグメンテーションされた特定のターゲットに対して個別のキャンペーンを案内することが可能です。購買機会の最大化と顧客ロイヤルティの強化が期待できます。

高度なチューニング
AIに全てを任せるのではなく、提案の方針をチューニングすることが可能です。「ロングテールレコメンド」や「在庫の多い/少ないを優先する」などサイトの運営に合わせた提案スタイルを実装することが可能です。

レポーティング
どの施策がどれだけ効果が出ているのかは日々レポーティングされます。それぞれのレポートを確認することで次のアクションや改善点を把握していきましょう。


【サポートについて】

■成功に向けた活用方法をご提案いたします
お客様の課題・ニーズを踏まえ、成功に向けた活用支援をいたします。サービスの導入方法をご説明することはもちろん、事例を用いて新たな活用方法のご提案なども行います。

設定に関する全てを承ることが可能です
使いこなすためには一定のラーニングが必要です。その間もすべて当社が設定代行を行い、スムーズな実装を支援します。導入後も、いつでも設定対応を支援いたします。

“リードをがっつり取りたい”企業のための「MA」戦略基礎知識|無料で始められるMAツール5選

MA(Marketing Automation)ツールは、営業などの現場において見込み顧客獲得から成約までのマーケティング業務を自動化し、マーケティング活動そのものを効率化するIT製品です。MAツールには国産のものから海外製品まで多くの種類、製品があります。 「導入を検討しているが、自社に合うツールかどうか不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」というマーケティング担当者から声が上がっている企業もあるでしょう。この記事では、MAの基本から、導入メリットと選定方法、そして「無料」から始められるMAツールまでをご紹介します。 そんなことよりも、「どれがいいのか、からそもそも分からない……」「サク [&hellip;]

thumbnail

    MAツール導入の流れ|よくある失敗とその対策、導入事例3選

    MAツール(Marketing Automation)ツールとは、見込み客を獲得・育成し、商談可能な状態を作り上げるマーケティング活動を自動化・効率化するためのツールです。顧客の購買プロセスの変容への対応や消費行動の多様化、多岐に渡るマーケティング活動に対応するため、MAツールを導入する企業は増加しています。 今回はMAツールの導入シーン、失敗例・導入事例とともにMAツールの導入検討に向けた基礎知識をご紹介します。 MAツールを導入する流れMAツール導入でよくある失敗MAツールの導入時に失敗しないための主な対策MAツールの活用/導入事例MAツールを導入しマーケティング活動を効率化しよう MAツ [&hellip;]

    thumbnail

      この記事と同じカテゴリーの製品

      製品をもっと見る