ITセレクト powered by 発注ナビ

【小規模企業向け】無料で始められる「販売管理ソフト」 おすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

現代の企業には、正確で効率的な業務運用管理が強く求められています。例えば、小売り販売業務を行う企業は、受注、在庫、売上、顧客情報管理などさまざまな情報を的確に管理し、そしてそのデータを活用することで販売業務の「効率化」と「正確性の向上」を果たせます。

それを実現、サポートするIT製品が「販売管理システム」「販売管理ソフト」です。

Excelなどの汎用ソフトウェアで行う管理も思い浮かびますが、それは旧来型かもしれません。進んでいる企業は、販売管理に特化した専用システムを用いることで効率化やコスト削減を果たしています。

本記事では、販売管理システム/ソフトウェアについての基礎から、主な機能、メリットとデメリット、そしておすすめの販売管理ソフトまでをご紹介します。

もし「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様はITセレクトの専門スタッフまで気軽にお問い合わせください(無料です)。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

専門スタッフに相談する

販売管理をまだアナログ型/Excelで行っている小規模企業にありがちな課題

販売管理をアナログ手段やExcelで行うと、様々な課題が発生します。アナログな手段では入力ミスのリスクが増え、業務効率もあげられません。

また、Excelではデータの整合性確保や更新作業が煩雑になることが多いです。具体的には、以下のような課題が生じがちです。あなたの会社はいかがでしょうか。

 

  • 手動入力によるミスのリスクが常につきまとう
  • 情報漏えいのリスクがある
  • データの紛失・破損・バックアップ不足の不安が拭えない
  • 複数人での同時作業が困難
  • 分析やレポート作成に手間がかかる

×手動入力によるミスのリスクが常につきまとう

販売管理をExcelで行っている場合、手動入力によるミスのリスクがあります。

商品名や価格の誤りは、企業の信用をなくすことにも繋がってしまいます。

また、小さなミスが積み重なると、在庫数や売上数の計算に大きな誤差を生じさせ、結果的にビジネスの意思決定にまで悪影響を及ぼします。

 

×情報漏えいのリスクがある

Excelファイルは情報漏えいしてしまうリスクが高いといわれます。まず、世界中で多くのオフィスユーザーが使うので「狙われやすい」のです。パスワード保護も可能ですが「ないよりはまし」程度といわれ、それだけで万全だとはとても言えません。

また手軽に扱えてしまうだけに、従業員によるメールや共有フォルダでのファイル誤送信や、ウイルス感染などのリスク対策はかなり難しいものになります。

 

×データのバックアップ不足、破損・紛失の不安が拭えない

データの紛失、破損、バックアップ不足などのリスクも大きな課題となります。

ファイルの管理を従業員個人にすべて委ねるとなるといかがでしょう。人的ミスやPCの不具合で破損、紛失する可能性はどうしてもあります。

また、仮にその従業員が退職したら……データのありかから分からなくなる事態にも陥ります。

 

×複数人での同時作業が困難

現代のビジネスでは、オンライン上での共同作業が一般的になっています。

Excelデータもクラウド型サービスやオンライン共有フォルダなどとともに、ある程度同時作業は行えるようになっていますが、データ量や利用人数などに応じて限界も見えてきます。

一般的には、複数の人が同時に編集を行うとデータの競合や重複入力などの問題が発生しやすくなります。データの整合性を損なう原因になります。

 

×分析やレポート作成に手間がかかる

Excelは機能が豊富で、詳しい人ならば「やろうと思えば何でもできてしまう」のですが、従業員全員がそのスキルを持っている……わけではありません。例えば、データ分析はともかく、その「レポートを作成するシーン」は、他のツールも使いこなしながら……などとかなり手間がかかる作業になっているのではないでしょうか。

必要な情報をファイルから抽出し、それをもとに分析を行ったり、報告書を作成したりする業務はそれなりに時間がかかります。データが複雑だったり、大量にあったりする場合には特に労力を要します。

 

中小企業が販売管理ソフトを導入するメリット

ここからは販売管理ソフトの導入が中小企業にもたらす主なメリットは以下の通りです。

 

  • 業務の効率化
  • データの一元管理
  • 経営判断の迅速化

・業務の効率化

販売管理ソフトは、受注管理、在庫管理、売上管理、顧客情報管理などの機能を備えています。

これらの機能で様々な情報を管理することで、業務の効率化や正確性の向上が期待できます。

 

・データの一元管理

販売に関連するすべての情報が一カ所に集約され、アクセスや管理が大幅に容易になります。

結果として、データの重複や漏れを防ぎ、常に正確かつ最新の情報に基づいて業務を進めることができます。

 

・経営判断の迅速化

経営判断の迅速化にも大きく貢献します。

従来のExcelに比べて、必要な情報をリアルタイムに閲覧できるようになります。

分析やレポートの作成までできるため、迅速な経営判断をサポートしてくれます。

専門スタッフに相談する

小規模企業向け 販売管理ソフトの選定ポイント

販売管理ソフトには、様々な機能が備わります。しかしそれらの機能と、自社の業務フローやニーズと合っていないならば、それらの効果や成果を最大限には引き出せません。

導入する際は、まず自社の業務フローを分析し、必要な機能を洗い出すことが重要です。以下に準備・選定ポイントを挙げて説明します。

 

  • 自社の業務形態に適しているか
  • 導入コストとランニングコストを見積もる
  • セキュリティ対策の再確認
  • 導入後のカスタマイズは可能か
  • サポート体制は整っているか
  • 無料プラン、無料トライアル期間があるか
  • 従業員および管理者、総じて自社にとって使いやすいか

○自社の業務形態に適しているか

導入に先立ち、導入する理由と必要な機能を明確にしましょう。

「営業効率の改善」や「社内の情報共有強化」など、なぜコストを掛けて販売管理ソフトを導入するのか、どのような課題を解決したいのかを明確にすれば、以降のプロセスを進める際にも方針に迷いにくくなるでしょう。

 

○導入コストとランニングコストの見積もり

自社の予算や運用体制を十分に考慮し、費用対効果を検討する必要があります。

また、導入後にかかる保守費用やアップデート費用なども確認しておきましょう。

 

○セキュリティ対策の再確認

販売管理ソフトウェアには、顧客情報や取引履歴などの機密情報が含まれます。

そのため、十分なセキュリティ対策が必要になります。パスワード設定やアクセス制限などの基本的な対策はもちろん、データバックアップや不正アクセス対策なども考慮しましょう。

 

○導入後のカスタマイズは可能か

導入後も「カスタマイズができるかどうか」も企業によっては重要な確認ポイントになります。ビジネスの成長や市場の変化に応じて、機能の調整が必要になる場合があるからです。

カスタマイズをはじめとする導入後の要望にも応えてくれる製品、ベンダーを選定できれば、将来的なニーズの変化にも柔軟に対応でき、長期的な視点での運用も安心できるといえます。

 

○サポート体制は整っているか

サポート体制やメニューが整っているかどうかも必須のポイントです。特に中小企業では、IT部門やIT専任のスタッフを用意できない場合も多いです。システムの導入、運用時に外部/ベンダーの支援を的確に得られることは、今後の運用の安定化、そして成果創出への近道と言えます。

 

○従業員および管理者にとって使いやすいか

従業員や管理者が日常的に使用するツールであるため、使いやすい製品かどうかも重要なポイントです。複雑すぎる操作や分かりにくい設計は、作業の効率を下げ、ストレスを増加させる原因になります。「使われなくなる」のでは意味がありません。

「自社に適した使いやすさ」視点で選定していくことは、今後の業務の効率化と従業員の満足度に直結するでしょう。

 

○無料プラン、無料トライアル期間があるか

販売管理システム/ソフトウェアは製品、ベンダーによって特徴が異なります。クラウド型のIT製品は一般的に、多くの業種や業態を想定してできるだけ多くの需要をカバーできるよう「汎用的」に設計されています。しかし、機能スペック表では「あり」とあっても、実際に使ったら自社の業務フローと合わないことも起こり得ます。

無料プラン、あるいは無料トライアル期間のある製品ならば、まず「無料で試して」機能をを確認できます。また、小規模でテスト運用しつつ、徐々に本格導入に移行していくいった計画にするのも有効です。

 

無料プランあるいは無料トライアルを用意する小規模企業におすすめの販売管理ソフト3選

ここからは、おすすめの販売管理ソフトをご紹介します。(製品名abcあいうえお順)

SmileWorks

特徴 ・必要な機能だけを選択して契約可能

・EDI機能で、取引先と伝票や帳票をブラウザ上でやり取り可能

初期費用 ・標準プラン:3万円(税抜)
・インボイス特別プラン:0円

※ 契約者専用サーバーを構築し、個別カスタマイズするEnterpriseプランもあり
月額料金 ・標準プラン(販売ワークス):1万円(税抜)
・インボイス特別プラン:3000円(税抜)

※ 上記に加え、オプションや会計、給与機能も付けると増加
※ 公式サイトから料金シミュレーションが可能
無料プラン 無料トライアルあり(最大2カ月)
主な機能 ・必要な機能をオプションから選択して利用可能
・EDI(電子データ交換)機能で取引先とやり取り可能
ベンダーのWebサイト https://www.smile-works.co.jp/

 

プロカン

特徴 ・案件やプロジェクトごとのデータを集約し、収支の明確化や数ヶ月先の売上予測が可能

・承認ワークフローを簡単に作成、運用可能

初期費用 ・初期アカウント開設費 :12万5000円(税抜)〜
月額料金 ・スタンダード:月額2万円(税抜)〜
・プロ:月額2万2250円(税抜)〜
無料プラン 無料デモンストレーションあり
主な機能 ・案件やプロジェクトごとにデータを集約して明確化
・承認ワークフローや間接業務の自動化機能
ベンダーのWebサイト https://www.project-shuushikanri.jp/

 

 

楽楽販売

特徴 ・帳票の自動発行や、データのステータス自動変更など、ルーチンワークの自動化が可能

・マウス操作だけで簡単にカスタマイズ可能

初期費用 ・15万円(税抜)
月額料金 ・月額6万円(税抜)〜

※ ユーザー数やデータベース作成数に応じて変動
無料プラン 無料トライアルあり(要問い合わせ)
主な機能 ・自社仕様にカスタマイズ可能
・外部連携が豊富
ベンダーのWebサイト https://www.rakurakuhanbai.jp/

 

 

小規模企業にとって最適な販売管理ソフトを選択しましょう

小規模企業にとって、販売管理ソフトの導入は業務の効率化、データ管理の一元化、そして迅速な経営判断に関わる重要な選択になります。自社の勤務形態や業務フローに合った機能を洗い出し、最適な販売管理ソフトを選択しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
RobotERPツバイソ
RobotERPツバイソは、標準機能のまま使用することで会社の業務プロセスを最適化できるクラウドERPです。顧客・案件管理、売上プロセス、制作プロセス/個別原価計算、調達プロセス、債権債務管理、財務会計・管理会計をワンプラットフォーム化し、自動化された経営基盤を手に入れることができます。

信頼できるクラウド上の基幹データとオンラインコミュニケーションを統合することで、規模の大きな会社でも管理コストを減らして、低コストで俊敏なオンライン経営が行えるようになります。最適にデザインされた標準の統合基幹業務プラットフォーム上にSalesforceプラットフォームの最先端のノーコード/ローコード開発機能を活用して、柔軟に機能拡張ができ、他社と差別化することも可能です。

詳細は下記の動画をご参考ください。

2
スマートなDXプラットフォーム
「Sanka」
Sankaは月額2000円であらゆる業務を効率化できる、スマートなDXプラットフォームです。

現代のビジネス環境では、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要度が増してきていますが、高騰したIT費用や乱雑したツールが原因となり、現場での普及・推進に歯止めをかけています。Sankaでは顧客管理、販売管理、人材管理をはじめとする、すべての業務のデジタル化をスマートに、そしてお求めやすい価格で実現することを目指しています。

*月額2000円ですべての業務をDX
Sankaの最大の特徴は、そのコストパフォーマンスの高さにあります。20以上のビジネスアプリがワンプラットフォームで提供されるので、複数ツールを利用するのに比べ、実質コストも管理コストも節約することができます。

*無制限のワークフロー
Sankaのもう一つの魅力は、その汎用性とカスタマイズ性にあります。外部アプリ連携やワークフローを自由にカスタマイズすることで、企業の特定のニーズに合わせたDXの推進が実現可能となります。

*安心の導入・運用サポート
また、Sankaは導入から運用まで、充実したサポートを提供しております。10年以上の経験を持つプロフェッショナルチームによる導入支援、コンサルティング、サービスで、DXに不慣れな企業でも安心してプラットフォームを導入し、活用することができます。

Sankaで小さいコストで大きな成果を実現するための、DXプラットフォームです。ビジネスの効率化や競争力の向上にお役立てください。
3
注文販売[M2O]
「注文販売[M2O]」は、見積書、発注書の発行、受注から納品の管理、請求書の発行、入金消込、仕入、在庫管理まで一連の機能をすべて含んだ事業用パッケージです。
お客様とのやり取りは、お客様サイトで実施し、発注書の回収、請求書の提出など、販売業務のコストと負荷を大幅に削減します。
オーバルテクノロジーのフルパッケージは、特定の事業を行う企業様が、かならず必要とする機能を一通り揃え、事業全体をカバーできるパッケージです。
すべての機能がフルカスタマイズ可能なので、特殊な注文方法や業績管理方法などにも対応可能、サービスの差別化を図るための機能を実現できます。

●お客様サイトを利用し、受発注業務を根本改善
お客様サイトを介して見積書を提出し、お客様は注文を直接登録することが可能です。見積書、発注書の発行もできます。請求書は自動生成され、お客様サイト上で確認することができます。販売先様、仕入元様の取引を含むすべての受発注を一括管理できます。

●受注から納品までのステータスをいつでもどこでも追跡可能
製造開始日、製造完了日、発送先、発送方法を登録し、発注からの納品までを一貫して管理、追跡します。出先や、出張先からでも受注、発注処理が可能、営業担当の方もお客様先で、納品状態をいつでも確認することができます。

●入金処理、支払処理は一括で自動処理
請求書は、お客様情報の締め日、支払日設定から、全請求書を一括で作成します。ネットバンキングの入金データを取込み、発行済み請求書と自動消込を行うこともできます。ネットバンキング振込用の支払データも生成にも対応しています。支払処理を一括で行えます。

●収支の予測が、リアルタイムに可能に
お客様別、商品別、担当者別の収支をリアルタイムで集計します。納品予定日を登録すれば、今後の予定売上が集計されます。受注と発注を紐づけた受発注形式での注文登録も可能で、受発注の登録をすれば、予定収支も把握することができます。

●組合せ自在、フルカスタマイズ可能
在庫管理が必要なければ、在庫機能を削減、仕入管理が必要なければ仕入機能を削減する「削減カスタマイズ」が可能です。削減した機能の費用は必要ありません。独自機能をもったECサイト、販売データ分析ツールと連携した受発注管理など、企業様で独自に行っている施策に合わせたカスタマイズが可能です。他のOVALパッケージの機能と組み合わせることで、機能を自在に拡張できます。

中小企業でも大丈夫? 「販売管理システム」の導入メリットとその効果、おすすめ製品5選

「販売管理に時間と手間がかかってしまう」「商品の注文情報や顧客データなどに不整合が発生してしまう」。このような販売管理上で発生する課題は、販売管理をアナログ手法で行っていることが原因の場合が多くあります。 販売管理システムを導入すれば、効率的で正確なデータ管理が可能になります。 本記事では、販売管理システムを導入することで得られるメリットと導入時の注意点、そしておすすめの販売管理システムを詳しく解説します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料 […]

thumbnail

    販売管理システムとは? DX対応「販売管理システム」の基礎知識と選び方、おすすめ製品6選

    「この深刻な課題を解消したいがなんとかしてくれ」「来年の世界的イベントに間に合うよう、早く対策したい」「導入を検討しているが、自社の業務に合うツールかどうか、機能をきちんと備えているかどうかに不安がある」「まずはお試しで使ってみたい」……などのように社内からいろいろな声が上がり、販売管理システムの検討をし始めている企業も多いと思います。 この記事では、販売管理システムの導入で何が変わるのか、どんな効果を期待できるのかについて、システムの基礎機能、導入効果、選び方のポイントとともにおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 […]

    thumbnail

      「Excelではもう限界だ…」 クラウド型「販売管理システム」の効果と選定方法|無料で始められる販売管理システム3選

      「できるだけコストをかけず」に在庫・販売管理の効率化したい──。特に中小規模企業や個人事業主にとって、IT製品で業務の改善や効率化が期待できることは知ったものの、ちょっと調べたらサービス利用料が高くてコスト効果と見合わず、そこで留まってしまう人も多いようです。そんな人は、「無料プラン」「無料トライアル」のある製品で再度一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 この記事では、販売管理業務の改善と効率化を目的に、かつ低コストに「販売管理システム」の導入を検討するための基礎知識、期待できる効果と製品の選び方、そして「無料」で始められるおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適する販売 […]

      thumbnail

        販売管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入メリット、おすすめ製品3選

        販売管理システムとは、商品の仕入や製造、売買にともなうお金の流れや在庫の変動を管理するためのシステムです。企業が収益を得るためのお金と消費の動きを一元管理し、マーケティングや財務分析などさまざまな領域で活用できるデータを抽出します。 商品別の在庫管理や売買予測、特定の業種特有の商慣習への対応など、さまざまな管理を行いたい企業のニーズに答える販売管理システムは、どのように導入すればいいのでしょうか。今回は販売管理システムの種類と相場、導入メリット、導入事例、そしておすすめ製品をご紹介します。 販売管理システムの基礎知識販売プロセスを最適化する方法販売管理システムで実現する「顧客満足度を高める」方 […]

        thumbnail

          販売管理システムの基礎知識|主な機能と種類、おすすめ製品8選

          販売管理とは、企業の販売活動に関する商品やお金などの流れ・情報を管理することです。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローのひとつで、お客様からお金を受け取ってから商品を引き渡すまでの流れを管理し、適切な取引を実現します。一部の企業では紙の管理表や表計算ソフトを用いて販売管理を行っていますが、業務量の増加が負担になる企業も少なくありません。 販売管理システムは、販売管理にともなう業務を効率化できるシステムです。他のシステムと連携し業務を効率化できる販売管理システムは、具体的にどのような機能を持っているのでしょうか。 今回は販売管理システムの主な機能と導入のメリット、おすすめの販売管理システム […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            RobotERPツバイソ
            注文販売[M2O]
            スマートなDXプラットフォーム
            GrowOne  販売情報システム

            製品をもっと見る