ITセレクト powered by 発注ナビ

SFAとは? 費用相場と主な種類、導入のメリット・注意点

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

企業の成功には、効率的な営業活動が不可欠です。そこで注目されているのが「SFA」の導入です。

SFAは営業活動を効率化する営業支援ツールです。非常に便利なツールですが、導入には様々なポイントを考慮して、自社に最適なものを選ぶ必要があります。

本記事では、SFAの基本的な内容から、選定のポイント、他社の成功事例やSFAの将来まで、詳しく解説します。SFAの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

SFAの基礎知識

まずは、SFAの基本的な内容と、重要性や利点について説明します。

SFAとは何か?

SFA(Sales Force Automation)は営業活動を効率化し、自動化するための手法、またそのシステムやツールのことです。

具体的には、顧客情報の管理、営業案件の追跡、営業活動の計画、分析、見積もりや提案書の作成など、営業に関連する様々な業務を効率化します。

SFAは、中小企業から大企業まで幅広い規模の組織で利用されており、機能や価格も様々です。

企業が自社の営業プロセスに最適なSFAを選ぶことで、営業成績や顧客満足度の向上が期待できます。

 

SFAの重要性

SFAがビジネスにとって重要な理由は、主にその効率性にあります。

SFAの導入により、営業チームは営業情報をリアルタイムで共有することが可能になります。

また、手作業によるデータ入力や、報告の時間を削減することで、営業担当者はより価値の高い活動に集中できるようになります。

 

SFAの利点

SFAを導入することで得られるビジネス上の利点は様々です。

SFAで実現する「主な成果」は以下の通りです。

 

  1. 営業プロセスの効率化
  2. 顧客情報の一元管理
  3. 精度の高いデータ分析
  4. 営業機会の最適化
  5. レポート作成の自動化

これらが実現すると、営業効率が向上し、精度の高い意思決定ができるようになることで、最終的には顧客満足度の向上につながります。

SFAの導入と選択

ここからは、SFAの導入方法や基本的な機能についてご紹介します。

なお、SFAはサービスによって機能が異なりますので、あくまで参考としてご覧ください。

SFA導入のステップ

自社に最適なSFAを導入し、活用するためには、計画的かつ段階的に進めていく必要があります。

以下に、導入ステップの例をご紹介します。

 

ステップ 実施内容
1. 要件定義 企業がSFAに求める要件を検討する。
顧客管理の改善、営業プロセスの効率化、データ分析の強化など、具体的な目標を設定することが重要。
2. 市場調査と選定 利用可能なSFAツールを調査し、企業のニーズや予算に合ったものを選択する。
3. カスタマイズ 必要な機能の追加や不要な機能の排除など、選択したSFAを企業の要件に合わせてカスタマイズする。
4. 導入と試運用 SFAを実際に導入し、初期の試運用期間を設ける。
5. トレーニング 従業員がシステムを理解し、効率的に使えるようにするためのトレーニングを行う。
6. 評価と改善 定期的にSFAのパフォーマンスを評価し、改善の余地がないかを検討する。

 

SFA選定のポイント

ここからは、SFA選定で重要となる要件/ポイントを紹介します。

 

  1. 機能とカスタマイズ性
  2. ユーザビリティと使いやすさ
  3. 統合性
  4. セキュリティとプライバシー
  5. コストとスケーラビリティ

(1)機能とカスタマイズ性

まず、最も重要なことは、求めている機能が備わっていることです。

各企業の営業プロセスは異なるため、自社のニーズにSFAが応えられるかを確認しましょう。

また、ビジネスの成長や市場の変化に合わせてシステムを柔軟に調整できるカスタマイズ性も重要です。

顧客管理、営業プロセスのカスタマイズや、レポート作成などの機能が必要かどうかを検討しましょう。

 

(2)ユーザビリティと使いやすさ

SFAの選定において、ユーザビリティと使いやすさも重要な要素です。

使いやすいインターフェース、モバイルアクセス、学習のしやすさなどは、利用する従業員の心理的ハードルを下げ、結果として全体の生産性を向上させる効果があります。

ツールの機能性と同様に、使いやすさも重要な選定基準になります。

 

(3)統合性

他のシステムとの統合性も考慮しましょう。

効率的なビジネス運営には、異なるシステム間でのスムーズなデータ連携が不可欠です。

ERP、CRM、電子メール、カスタマーサポートなど、他のシステムとの連携が容易であることが望ましいです。

特に、既に使っているシステムがある場合は、連携が可能か必ず確認しましょう。

 

(4)セキュリティとプライバシー

企業のデータは機密情報のため、SFAには強力なセキュリティと、データ、プライバシーの保護が必要です。

データの暗号化、アクセス制御、セキュリティアップデートなどのセキュリティ対策が適切に行われているかを確認しましょう。

 

(5)コストとスケーラビリティ

コストとスケーラビリティも重要なポイントになります。

できる限りコストのかからないシステムを選択したいものですが、同時に、企業成長に合わせてシステムが拡張可能であることも重要です。

参考として、従業員規模ごとにかかる月額コストは以下の通りです。

  • 小規模企業(従業員数20人以下):月額で約5000円〜1万5000円(税抜)/人
  • 中規模企業(従業員数 数百人):月額で約2万円〜5万円(税抜) /人
  • 大企業(従業員数 数百人以上):月額で5万円超/人、場合によっては数10万円(税抜)超/人

これらは概算です。実際のコストは選択するシステムの機能や業種、求めるサービスレベルによって違ってきます。

 

SFAの導入事例

アドバンステクノロジー株式会社:DPS for salesを導入し、無駄な時間の削減に成功

日々の営業活動をメール形式で共有していましたが、時間がかかったりリアルタイムに共有できなかったりといった問題点がありました。

SFAを導入することで、時間や場所を選ばず情報共有ができるようになり、営業活動が見える化されました。

その結果、会議の頻度が減らせ、さらに営業活動の見通しやパイプラインが分かりやすく可視化されたことで、上司からのコメントやアドバイスもリアルタイムで行えるようになった事例です。

参考 アドバンステクノロジー株式会社 営業活動の情報共有の無駄を省き、在宅ワークにも柔軟に対応(キーマンズネット)

 

三田証券株式会社:Power PlatformでSFA/CRMの構築を3カ月で実現

三田証券の場合、以下の4つの問題点を抱えていました。

  1. 顧客情報を一元的に照会できない
  2. 商品情報も一元管理されておらず、都度担当者への確認が必要
  3. 部門間で情報が共有されていない(各従業員がメモ書きしている)
  4. 部下の活動状況が把握できていない

Microsoft Power Platformを利用することで、日常的に使用するMicrosoft Excelなどのオフィスツールと容易に連携でき、短期間での開発も行えました。

参考 超多忙な三田証券が「Power Platform」でSFA/CRMを爆速開発できたマル秘テク(キーマンズネット)

 

ソフトブレーン株式会社:CRM/SFAを導入し、売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現

ノウハウや進捗管理が個々のスタッフに属人化されてしまっていた状況が、CRM/SFAを導入することで一元管理できるようになりました。

その結果、すべての情報がリアルタイムに全スタッフに共有され、今まで多くの時間を割いていた会議資料作成の手間や状況確認が不要になり、会議時間の短縮にもつながった事例です。

参考 ソフトブレーン株式会社 売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現 CRM/SFAソリューションの導入事例に迫る(ホワイトペーパーダウンロードセンター)

 

SFAの今後のトレンド

ここからは、SFAの将来についてご紹介します。

SFAの将来展望

SFAの分野は、IT技術の発展と市場の需要に応じて進化し続けています。

以下に、SFAの将来に関する主なトレンドを紹介します。

 

  • AI(人工知能)の統合
  • 顧客にパーソナライズしたOne to Oneマーケティング
  • 市場の多様化に伴う、様々な企業規模や業種のニーズに対応

AIと機械学習の活用

AIと機械学習の進化は、SFAにも大きな影響を与えています。

データ分析、意思決定の支援、効率的な営業戦略の立案などに活用され、営業プロセスの自動化と最適化が更に進んでいきます。

例えば、AIで顧客データや市場動向を分析し、将来の販売機会やリスクを予測することが可能です。

SFAはより精度が高くなり、企業の営業効率と成果の大幅な向上が期待されます。

 

セキュリティとプライバシー

SFAのセキュリティとプライバシーは、企業データの保護と顧客信頼の維持において極めて重要です。

近年のデータ保護規制の厳格化とサイバーセキュリティ脅威の増加に伴い、セキュリティ対策が注目されています。

例として、以下のようなセキュリティとプライバシーの対策が注目されています。

 

  • 強化されたデータ暗号化
  • 多要素認証の導入
  • データプライバシー規制への対応
  • 継続的なセキュリティ監視と評価

また、セキュリティ対策には、機能だけではなく、利用者の教育と意識の向上も重要です。

従業員を対象としたセキュリティトレーニングと意識向上プログラムを、セキュリティ対策の一環として取り入れている企業もあります。

 

様々なポイントを考慮し、最適なSFAを探しましょう

SFAは営業効率の向上において欠かせない存在です。しかし、企業がSFAを選定する際は、本記事で紹介した様々な点を考慮し、企業の将来のことも考えた上での判断が求められます。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

 

「SFA」のおすすめ製品はこちらから。

→ SFAの製品一覧

 

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
Ecrea
Ecreaは初めてSFA/CRMを導入する企業にとってピッタリなツールです。

◯「機能が選べる、だから安い」
Ecreaは機能を選べるコーディネート型SFAです。企業の営業課題を解決するために必要な機能のみを選んで導入することが可能です。
費用はもちろん選んだ機能の分だけです。(最小機能ならば月額1,000円からご利用可能)

◯「経験豊富なアドバイザーによる手厚いサポート」
Ecreaご利用企業をサポートするアドバイザーはいずれもサポート実績200社超のスタッフです。
企業が抱える課題とITリテラシーに応じて、導入ステップとご利用方法をご提案いたします。

◯「幅広い拡張性」
顧客情報や案件情報、活動情報という基本的なSFA機能はもちろんのこと、メルマガを使った顧客育成、営業パーソン専用MA、オリジナルダッシュボードの作成など営業課題に応じて幅広い活用が可能です。
2
Kairos3 Sales
トップセールスに頼らない、営業組織に必要な仕組みを「Kairos3 Sales」で実現できます。

マーケティングオートメーションツール「Kairos3 Marketing」と連携して活用すれば、見込み客の獲得から受注までを管理できます。
売上を伸ばすために必要な業務を、デジタルの力で仕組み化します。


1. マーケティングから営業までを一貫支援し、
 トップセールスに頼らない営業組織を実現

「Kairos3 Marketing」と「Kairos3 Sales」を、開発不要で連携できます。
マーケティング活動で見込みが高い顧客を見つけ出すことで、トップセールスに頼らない営業組織をつくれます。


2. 初心者・経験者どちらのニーズも叶える機能設計
ITツールの利用がはじめての人でも安心して使いこなせるように設計しています。
オプション機能を追加することで、あらゆるマーケティング・営業活動にも対応します。


3. 2,000件の支援実績にもとづくサポート体制
創業から10年にわたり、2,000件のお客さまを支援してきました。
初期設定から施策運用のご相談まで、お客さまの成果を後押しするサポートサービスを揃えています。

3
統合型顧客管理システム「F-RevoCRM」
F-RevoCRMは低価格ながらも、マーケティング、営業、サポートなど多くの領域をカバーするオープンソースの顧客管理システムです。
見込み顧客から、営業中顧客、既存顧客までの顧客対応プロセスを一元管理でき顧客接点におけるあらゆる課題を解決できます。
また、どんな業種でも使える柔軟設計により様々な業種・業態・課題に適応可能です。顧客プロセスの見直しF-RevoCRMに定義することによって「顧客満足度の向上」「生産性向上」が実現します。

■リード状態から受注後も管理できる顧客接点のフレームワーク
F-RevoCRMは「将来の顧客(リード)」から「明日の顧客(営業)」、「今の顧客(取引中)」、「過去の顧客(取引終了)」まで一元管理することができます。部署間や担当者間での顧客情報の共有の手間が省けるだけでなく顧客をよりよく知ることができるため、顧客ニーズに合わせたサービス提供と継続的な顧客との関係を構築することも可能です。

■顧客の基本情報から関連情報まで統合的に管理
各部署でバラバラに管理していた顧客情報を一元管理を実現する。

■会社全体での情報共有と脱属人化を実現
顧客を軸に各業務での活動を登録して社内での情報共有を実現する。

■スピーディーな顧客対応で顧客満足度アップ
問合せ対応におけるナレッジのを蓄積と対応案件などの情報共有を実現する。

■顧客ニーズに合わせた接点手段により利便性向上度へ
カスタマーポータルで顧客接点のデジタル化を実現する。

■請求書発行業務の効率化とペーパーレス化
見積書データを軸に請求書業務までワンストップでの対応を実現する。

営業成果を上げたい! 営業効率化ツールの選び方と活用法|おすすめ製品20選

営業担当者は商談だけが仕事ではありません。営業活動のための情報を仕入れ、多くの顧客を管理し、メールの返信や細かいやりとりをし、報告書や見積書の作成なども行います。やるべきタスクが山積みの中、成約の要である顧客との信頼関係が十分に構築できていない……と感じている人も多いことでしょう。 ここで紹介する営業効率化ツールには、忙しい営業担当者をサポートする機能が多数搭載されています。ツールを導入するメリットや特徴、選び方などをまとめました。営業のDX化、営業活動の効率化を進めていきましょう。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはIT […]

thumbnail

    SFAとCRM、自社はどちらを導入すべきか? 機能と役割の違い、導入シーンを簡単に解説

    業績を上げたい、売上を伸ばしたい、あの競合社には負けられない──。それを実現、解決するための手段や手法は何でしょう。中でも大きいと思い付く要素の1つが「営業力」です。事業の成功や躍進には効率的な営業活動が不可欠です。そこで昨今特に注目され、導入企業も増えているのが、“営業活動や顧客関係の強化と効率化”に照準を定めたIT製品「SFA」や「CRM」です。 でも、SFAとCRMは何が違うのでしょう。どちらを導入すべきなのでしょう。それとも両方導入すればいいのでしょうか。この記事では、SFAとCRMの基本的な違い、それぞれの機能と役割とともに、製品選定のヒントを解説します。あなたのビジネスに最適なツー […]

    thumbnail

      SFA導入計画 はじめの一歩 よくある失敗に学ぶおすすめ計画手順、導入事例

      「営業活動が個々の担当者に依存してしまっている」「顧客データが散乱していて、社内でうまく共有できていない」──。多くの企業が直面するこれらの課題は、日々の営業活動において深刻な悩みの種となっています。しかし、SFA(営業支援システム)を活用すれば、その課題を解消できるかもしれません。 本記事では、SFAの導入目的や手順、SFAの導入事例を紹介します。導入を検討している人はぜひ参考にしてください。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する SFA […]

      thumbnail

        SFAの機能を使ってできること|基本機能から便利な機能まで紹介

        SFAは、営業プロセスを管理・効率化できるツールです。「Sales Force Automation」の略語で、日本語に訳すと「営業支援ツール」や「営業支援システム」となります。SFAを導入することで、営業活動に関する案件や顧客情報の共有・可視化・分析が行えます。このページでは、SFAの基本機能や営業活動に与えるメリットについて紹介します。 SFAの基本機能SFA製品によって備わる便利な機能SFAの導入で期待できる成果SFAは営業力を高める機能的なツール SFAの基本機能 SFAには、営業活動を支える基本的な案件・顧客・商談内容・営業活動などを記録して管理する機能があります。 まず、SFAの基 […]

        thumbnail

          「売上を増やす」営業支援システムの基礎知識 クラウド対応ツールの導入メリットと主な機能、検討前の“忘れがち”な注意点

          デジタル化が進む現代において、「いかに営業活動を効率化するか」は企業の競争力を大きく左右する重要な要素であり、また課題として挙がります。事実に基づく“データ”を軸に実践していく「営業支援システム」の導入により、そんな課題を解消できるかもしれません。本記事では、営業支援システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する営業支援システムを見つけるための一助となれば幸いです。 営業支援システムの基礎知識営業支援システムの導入で得られるメリット営業支援システム導入時の主な注意点営業支援システム/SFAは、「目的と得たい効果を明確にする」 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る