ITセレクト powered by 発注ナビ

クラウド対応「基幹システム」のメリット・デメリット おすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

DX(デジタルトランスフォーメーション)の勢いが増している中、企業の基幹システムをクラウドへ移行する動きが加速しています。この先、この流れはさらに強まっていくことでしょう。クラウド型の基幹システムは「早さ」「効率化」「コスト」の面で企業のDX化戦略に大きな利点があります。

本記事では、クラウド型基幹システムのメリットとデメリット、おすすめの基幹システムをご紹介します。

 

ITセレクトは、貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリのERPシステムをご紹介しています。

⇒簡単入力で無料相談する

基幹システムの基礎知識

まずは、基幹システムの基本的な内容と、主な機能について説明します。

基幹システムとは

基幹システムとは、企業や組織の日常業務を支える中核となる情報システムの総称です。

顧客情報、財務データ、在庫情報などの重要なデータを管理し、組織の中心的な業務や意思決定をサポートします。

 

基幹システムに含まれる主な機能

基幹システムは企業運営に必要な情報を管理するために、様々な機能が備わっています。

主な機能をいくつかご紹介します。

 

機能 詳細
財務会計システム 会計や財務関連の情報を管理し、企業の財務状態を管理する
人事・給与システム 従業員の情報管理や給与計算など、人事関連の業務をサポートする
在庫管理システム 商品や資産の在庫状況を管理し、効率的な物流プロセスをサポートする
生産管理システム 特に製造業において重要で、生産プロセスや製品の品質管理を行う
顧客管理システム 顧客情報や営業活動を管理し、顧客サービスやマーケティングに関するデータを管理する

 

これらの機能が組み合わさることで、組織全体の効率向上が期待できます。

 

基幹システムのクラウド化のメリット・デメリットとは?

ここからは、基幹システムをクラウド化するメリットとデメリットについて説明します。

クラウド化のメリット

基幹システムをクラウド化する上で、特に期待できるメリットは以下の3つです。

 

  1. 柔軟性とスケーラビリティの向上
  2. 多様な働き方のサポート
  3. セキュリティと信頼性の向上

(1)柔軟性とスケーラビリティの向上

クラウド化により、基幹システムは企業の変化に柔軟に対応できるようになります。

まず、需要変動への対応が容易になります。

クラウドの場合、ビジネスの成長や需要の変動に合わせて、リソースを柔軟に拡張、縮小することができます。

また、リソースの利用状況に柔軟に対応できるため、コスト効率の最適化が可能になります。

 

(2)多様な働き方のサポート

クラウド化により、インターネット経由でどこからでもアクセス可能になるため、リモートワークに適応できます。

既にリモートワークを導入している企業には必須ですし、クラウド環境にあることで、柔軟な労働環境の提供が可能になります。

柔軟な労働環境の提供は、働き方の多様性を促進し、生産性向上につながることも期待できます。

 

(3)セキュリティと信頼性の向上

セキュリティと信頼性の観点でもメリットがあります。

多くのクラウドプロバイダーは、セキュリティに力を入れています。

データセンターの物理的なセキュリティやネットワークセキュリティを高度に維持していると同時に、定期的なアップデートとバックアップも行います。

常に最新のセキュリティ対策が維持される上に、定期的なバックアップによってデータの損失リスクも低減されます。

このように、基幹システムのクラウド化には様々なメリットがあり、効果的なビジネス運営や企業の競争力向上への影響に期待できます。

専門スタッフに相談する

 

クラウド化のデメリット

基幹システムのクラウド化には、メリットだけでなく、一部に課題やデメリットも存在します。

 

  • セキュリティ上の懸念
  • 依存度の増加とベンダーロックイン
  • ネットワーク帯域幅とパフォーマンス

×セキュリティ上の懸念

基幹システムのクラウド化は、セキュリティと信頼性の向上というメリットがあると説明しました。

しかし、それはクラウドプロバイダー側で適切な対応がされている前提があってのものです。

クラウド環境を利用する場合、企業の重要なデータはクラウドプロバイダーのサーバーで処理、保存されます。

これは、企業がデータを直接管理できないというリスクになってしまいます。

業種や業態によってはデメリットになり、場合によっては不正アクセスやデータ漏えいのリスクが増加する可能性があります。

そしてこのリスクは、クラウドプロバイダーの信頼性やセキュリティ対策に依存します。

クラウド型の基幹システムを検討する際は、どのようなセキュリティ対策が行われているかを調査した上で導入することが大切です。

 

×依存度の増加とベンダーロックイン

基幹システムのクラウド化を行う際、依存度の増加とベンダーロックインは大きな懸念点です。

クラウドサービスを利用することで、組織のシステムやデータが特定のクラウドプロバイダーのプラットフォームや技術に強く依存する場合があります。

この現象をベンダーロックインと呼び、他のプロバイダーへの移行や切り替えが困難になる問題を引き起こす可能性があります。

また、クラウドサービスの契約条件や料金体系は複雑であることが多く、適切な理解と認識が不可欠です。

契約の詳細を正確に把握していないと、誤った契約条件の適用や予期しない経済的な影響を招く可能性があるため、慎重な検討と確認が必要です。

 

×ネットワーク帯域幅とパフォーマンス

ネットワーク帯域幅とパフォーマンスの問題も考慮する必要があります。

クラウド環境では、基幹システムとクラウドプロバイダー間でデータのやり取りがネットワーク経由で行われるため、ネットワークの帯域幅がパフォーマンスに影響を及ぼします。

特に大量のデータを処理する際や、データ集中型のアプリケーションを使用する際に、影響を与える可能性があります。

また、特定の地域にクラウドプロバイダーのローカルデータセンターが存在しない場合、データの送受信に遅延が生じ、パフォーマンスが低下する可能性があります。

 

併せて基幹システムのクラウド化においては総じて、以下の課題が挙がります。

 

  1. 業務の根幹を支えるシステムを外部に委託するリスク
  2. 自社システムより劣るカスタマイズ性
  3. インターネット障害時の使用トラブル

 

これらの課題を解決するためには、企業のサービス要件を満たしていることが必要不可欠です。

 

クラウド対応 主要基幹システム製品3選

ここからは、クラウドに対応した基幹システムを紹介します。(製品名 abcあいうえお順)

GRANDIT

特徴 10種類の基幹業務を統合する中小企業向けクラウドERP
初期費用 要お問い合わせ
(導入モジュールごとに従業員数単位の料金 + 開発費用)
月額料金 要お問い合わせ
主な機能 ・基幹業務に加えてEDI、EC、BIなどを標準搭載
・完全ウェブ型の基幹業務システム
・グループ企業向けの豊富なグループ管理機能
ベンダーのWebサイト https://www.grandit.jp/

 

Oracle NetSuite

特徴 全世界2万社以上で利用される有名ERP
初期費用 要お問い合わせ
月額料金 要お問い合わせ
主な機能 ・高度な財務会計管理システムとBIを組み合わせて利用可能
・企業の成長に合わせて簡単に機能の追加やカスタマイズが可能
ベンダーのWebサイト https://www.netsuite.co.jp/

 

クラウドERP ZAC

特徴 29万ライセンス以上利用されている定番国産クラウドERP
初期費用 初期設定費用:10万円(税抜)
+
導入支援費用
・導入支援オプション無し:0円
・プロジェクト型オプション:平均450万円
・プレミアムオプション:平均700万円
月額料金 ライセンス価格×利用人数
(ライセンス価格は要お問い合わせ)
+
データセンター利用料:月額6万円(税抜)〜
主な機能 ・案件、プロジェクト型ビジネスに特化した機能が豊富
・情報共有を円滑に行うカレンダー機能、コンタクト管理、文書管理機能
ベンダーのWebサイト https://www.oro.com/zac/

 

クラウド型基幹システムの導入は、「目的」「成果」を見据えた戦略と計画から

基幹システムのクラウド化は、大きなメリットがある一方で、様々な課題や注意すべき点があります。クラウド化を成功させるためには、適切な戦略と計画が必要です。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ相談する

 

今すぐ資料請求できる「ERP」製品一覧

 無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
RobotERPツバイソ
RobotERPツバイソは、標準機能のまま使用することで会社の業務プロセスを最適化できるクラウドERPです。顧客・案件管理、売上プロセス、制作プロセス/個別原価計算、調達プロセス、債権債務管理、財務会計・管理会計をワンプラットフォーム化し、自動化された経営基盤を手に入れることができます。

信頼できるクラウド上の基幹データとオンラインコミュニケーションを統合することで、規模の大きな会社でも管理コストを減らして、低コストで俊敏なオンライン経営が行えるようになります。最適にデザインされた標準の統合基幹業務プラットフォーム上にSalesforceプラットフォームの最先端のノーコード/ローコード開発機能を活用して、柔軟に機能拡張ができ、他社と差別化することも可能です。

詳細は下記の動画をご参考ください。

2
クラウドERPソリューション
アイカタ
パッケージからのシステム導入を行うことにより、低コストで業務システムの導入が実現可能となります。
デフォルト掲載機能は製品資料よりご確認いただけます。

ご要望に沿って独自の機能開発や、運用スタート後の機能改修も可能となります。
インボイス制度にも対応したパッケージとなっております。

お客様のお困りごとやご要望を、ぜひご相談ください。
3
Odoo
Odoo(以前はOpenERPとして知られていました)は、オープンソースの統合型ビジネスアプリケーションスイートであり、さまざまな業務プロセスを効率化し、組織全体の運営を支援するための包括的なソリューションを提供しています。

以下は、Odooの概要です:

1. **モジュール構造:**
   - Odooは、さまざまな機能を持つ独立したモジュールから構成されています。これには、会計、CRM、在庫管理、販売、購買、プロジェクト管理、製造、人事管理などが含まれます。
   - モジュールは必要に応じて組み合わせることができ、組織のニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

2. **オープンソースと柔軟性:**
   - Odooはオープンソースであり、自由にダウンロードして使用することができます。また、コミュニティやパートナーからのコントリビューションにより、機能の拡張や改善が行われています。
   - オープンソースの性質により、組織はソースコードを変更して独自の要件に合わせることができます。

3. **ユーザーフレンドリーなインターフェース:**
   - Odooのインターフェースは直感的で使いやすく、ビジネスユーザーが簡単に操作できます。ダッシュボード、フォーム、リストビューなどの視覚化されたツールを利用して、情報を効果的に管理できます。

4. **クラウドおよびオンプレミス展開:**
   - Odooはクラウドベースのソリューションとして提供されており、組織はクラウド上でOdooを利用することができます。また、オンプレミスでの展開も可能です。
   - クラウド展開では、インフラストラクチャの管理やセキュリティの心配がなく、柔軟性やスケーラビリティが向上します。

5. **統合性と拡張性:**
   - Odooは、様々な機能を統合しており、データの一貫性を確保します。例えば、顧客情報がCRMモジュールから販売モジュールに自動的に転送されます。
   - さらに、OdooはAPIを介して他のシステムやサードパーティ製アプリケーションと統合できるため、組織の成長や特定のニーズに合わせて拡張することができます。

Odooは、中小企業から大企業までさまざまな組織に適した柔軟なビジネスソリューションを提供し、業務プロセスの効率化とビジネス成果の最大化を支援します。

IBPとは? ビジネスに与える影響とERPとの違い|併用によって相乗効果が期待できるIT製品

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「IBP」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する IBPの基礎知識IBPの主な要素と機能IBPがビジネスに与える影響 […]

thumbnail

    EPMとは? 目的とビジネスに与える影響、自社の業績向上に貢献するおすすめIT製品を紹介

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「EPM」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する EPMの基礎知識EPMが自社のビジネス、業績に与える影響EPMが含 […]

    thumbnail

      BPRとは? “業務改善”とは何が違う? 業務プロセスの“改革”に効くおすすめIT製品

      昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「BPR」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する BPRの基礎知識BPRと「業務改善」の違いBPR実践 […]

      thumbnail

        ROICとは? 財務業務と経営戦略の効率化に効くおすすめIT製品

        昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「ROIC」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する ROICの基礎知識ROICのビジネスへの応用ROICを用いる主な […]

        thumbnail

          クラウドシステムとは? あらためて確認する「クラウド型IT製品」のビジネス成果と種類、導入のメリット・注意点

          「クラウド、クラウドとよく耳にするけれど、実は……どんなものなのか実際のところよく分かっていない……」とお悩みの人もいるかもしれません。昨今、特にSaaS型のIT製品は、多くの企業が導入し、「ビジネス成果を出し」ています。しかし、いざ自身が検討する/導入するとなると難しく感じてしまうものです。 本記事では、改めて「クラウドシステムとは何か」を確認するとともに、特にSaaS型製品についての概要、導入成果とメリット、そして導入の仕方について、できるだけシンプルに「第一歩」を踏み出せるよう解説していきます。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            RobotERPツバイソ
            クラウドERPソリューション
            Odoo

            製品をもっと見る