ITセレクト powered by 発注ナビ

クラウド型「SFA」の大きな効果と選定方法|“無料”で始められるSFA 9選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

SFAは、営業部門における情報管理業務プロセスを自動化し、営業活動を促進するための営業支援システムです。近年では規模を問わずに多くの企業が積極的に導入を進めており、効率のよい営業活動を実現しています。

しかし、ちょっと調べたらサービス利用料が高くてコスト効果と見合わず、そこで留まってしまった人も多いようです。そんな人は、「無料プラン」「無料トライアル」のある製品で再度一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

この記事では、営業活動の改善と効率化を目的に、かつ低コストに「SFA」の導入を検討するための基礎知識、得られる効果と製品の選び方、そして「無料」で始められるおすすめ製品を紹介していきます。あなたの会社とビジネスに適するSFAを見つけるための一助となれば幸いです。

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ相談する

SFAの基礎知識

SFAとは、「Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)」の略称であり、日本語では営業支援システムと呼ばれています。従来、企業の営業部門が行っていた顧客情報の管理や営業プロセスをシステムで自動化することで、進捗状況の管理やデータの蓄積、分析ができるようになります。

SFAでできること

SFAは、企業の営業活動を自動化し、効率的に管理するためのツールです。主な目的は、営業プロセスを最適化し、営業担当者が効果的に仕事を進めるのを支援することです。これにより、顧客との関係強化や売上向上が期待されます。

 

SFAの主な機能

SFAの機能としてまず挙げられるのは顧客データの管理と見込み客の発掘です。顧客の情報や履歴を管理し、営業担当者がリアルタイムでアクセスし確認できるようにします。それに合わせて、商談の記録や進ちょくを追跡し、そのデータをもとに予測や分析を自動的に行い、獲得見込みまで管理できます。これにより営業担当者、および営業担当の管理者は営業活動全般のプロセスを「見える化」し、都度正確な情報を把握ながら処理していくことが可能になります。

このほか、目標日やイベント予定なども管理することで営業担当者が「今、何をすべきか」を把握したり、顧客とのコミュニケーションの履歴から「次は、いつ、何時に、どんなアクションを取るべきだ」といった情報を得ることができます。

 

Excelで行う営業管理の限界

「数値」の情報を即・手軽に扱えるソフトウェアとして、Microsoft Excel、あるいはGoogle Spredsheetがあります。すぐ実践できますが、手作業が多く、データの入力や更新、追跡の手間を減らすにはかなりの工夫を要します。大規模なデータや複雑なプロセスでは効率が悪くなり、だんだんと業務に適応できなくなっていきます。

手入力があるならばデータミスが発生しやすく、原則として複数人で共有し、かつ同時に作業するシーンは深く想定されていないために、人的ミスでのファイル破損などによる「データ消失」のリスクも深刻です。昨今はクラウド型共有ドライブやサービスでの利用を軸に「共有」の環境は改善されつつありますが、データ消失でトラブルに発展するリスクは未だ残ります。

また、ファイルの管理が一般業務部門の社員・担当者単位となればなおさら、「悪意ある者に狙われやすい」「セキュリティ面で脆弱」「属人化しやすい」もリスクに挙がります。

営業活動は、企業の最重要資産である「顧客情報」「売上データ」を扱います。セキュリティ面の課題、そして規模や内容によって適応できなくなっていく可能性。これらが改善すべき要素で大きな課題といえます。

 

SFAの導入で期待できる改善ポイント

SFAはExcel、あるいは旧来のデータベース的管理ソフトウェアに比べ、特に以下の5つの機能を軸に営業活動の効率化が期待できます。

 

  1. 顧客情報管理の一元化
  2. セールスプロセスの自動化
  3. リアルタイムレポーティングと分析の実現
  4. 在庫管理の効率化
  5. セールスコラボレーションの実現

(1)顧客情報管理の一元化

SFAは、顧客情報を一元化して管理します。顧客の名前や役職など、交換した名刺の情報をデータ化し、顧客情報として管理します。過去の商談記録や担当者変更の履歴も記録できるため、自社の営業担当者が変わっても以前の情報を引き継いだ営業活動が可能です。

 

(2)セールスプロセスの自動化

SFAでは、タスクのスケジュール設定、リード管理、見込み顧客へのフォローアップなど、営業活動のプロセスを効率的に、そして自動化できる機能の搭載を大きな特徴とします。

 

(3)リアルタイムレポーティングと分析の実現

リアルタイムのデータ分析を通じて、「今、その時」のトレンドを把握し、メンバーの意思決定を支援します。これにより売上の最適化と戦略の改善に貢献します。

 

(4)在庫管理の効率化

製品の中には、営業担当者が売る商品・製品の在庫情報を管理する機能を統合するものもあります。受注と実在庫の各情報をシームレスに把握できることで、成約率を含めた顧客満足度の向上につながります。

 

(5)セールスコラボレーションの実現

セールスコラボレーションは、販売チーム内でのコミュニケーションや情報共有を強化していく機能です。営業活動を属人化せず、情報の透明性を高めていくことで顧客へのアプローチを促進できます。

 

SFA導入によるビジネス成果

 SFAで営業プロセスを最適化することで企業は効果的に顧客との関係を構築できるようになります。総じて、企業の競争力を向上させられるといえます。SFAによる主な導入効果は以下の通りです。

 

  1. 生産性の向上
  2. データドリブン経営の実現/意思決定の高速化
  3. 顧客サービスの向上

生産性の向上

SFAはセールスプロセスの自動化、タスクのスケジュール化、リード管理などを「自動化」する機能を持ちます。営業・販売担当者は日々のルーチン業務の多くからから解放され、その分主業務に集中できるようになります

 

データドリブン経営の意思決定・加速化

リアルタイムで正確なデータに基づいて意思決定、判断していく取り組みを「データドリブン経営」といいます。データドリブン経営は、迅速で効果的な経営を実現する上で昨今重要なアプローチであり、「データの有効活用」は競争優位性の獲得や持続可能な成長に直結すると位置付けられています。

SFAはそんなデータドリブン経営のための判断材料──例えばリアルタイムの売上データ、予実や予測、営業進ちょく、在庫状況などの情報を、即、的確に提供できます。

 

顧客サービスの向上

SFAは顧客情報全般を一元管理することで、「顧客それぞれ」に準じたサービスを提供できるようにもなります。顧客とやり取りした会話や履歴、傾向に基づいて「真のニーズ」を予測できたりもします。顧客の満足度を高め長期的な顧客関係を築けます

 

SFAの選び方と選定ポイント

SFAは、やはり自社のビジネスニーズと目標に合致するツールを選択することが重要です。選定時に多くの企業で挙がる「選定要件」を5つを紹介します。

 

  • 自社の業務、ニーズと適合できるか
  • カスタマイズはどこまでできるか
  • ツールは誰もが使いやすいか
  • セキュリティとデータプライバシー
  • インテグレーションと拡張性

・自社の業務、ニーズと適合させられるか

SFAツールは、その機能と自社のニーズ/求める要件が合致してはじめて成果を出していけます。セールスプロセス、顧客サービス、在庫管理などの課題や改善事項を関連する部門すべてを巻きこんで洗い出し、重要度で順位付けした自社独自の「要件」をじっくりまとめることからはじめましょう。

 

・カスタマイズはどこまでできるか

SFA製品は、これまでの需要や経験からある程度万能に適合できるよう設計している万能/汎用型パターンと、「業種、業態に特化」して作り込んだ設計としている特化型パターンがあります。

とはいえ、求める機能、優先度は会社ごとに違うため、「吊るし」ですべての要件に適合することは稀です。自社のプロセスに合わせて機能やフィールドを調整できるかどうか、といったカスタマイズ範囲の確認も必要となるでしょう。製品ベンダーには、カスタマイズ対応範囲やメニュー、対応レベルを遠慮なく求めましょう。

 

・ツールは誰もが使いやすいか

SFA製品は、まずセールス担当者が日常的に使用するものになります。データの入力がなければ始まりませんし、彼らが使いこなせなければ成果は上がりません。

「使いやすいか」の観点は、インタフェースやデザインといったことはもちろん、モバイル対応かどうか、ユーザートレーニング体制やサポートメニューはどうかなども含めてチェックしていくとよいでしょう。

 

・セキュリティとデータプライバシー

「顧客データ」企業の最重要資産の1つです。当然、システムへのセキュリティとプライバシー保護観点の対策も必須です。企業向けクラウド型サービスは多くの場合、一定以上のセキュリティ体制をサービス提供者が提供、担保してくれますが、決してすべて人任せにはできません。

製品のセキュリティレベルと自社の要件とが合致するかどうか、どんな環境でどんな対策がなされ、具体的にどんな機能があるのか、どのセキュリティ認証を取得しているか、責任範囲はどこまでか、プラン別にサービスレベルが異なるのか──などを製品選定の候補先に遠慮なく問い合わせて確認しましょう。

 

・インテグレーションと拡張性

SFAは、他のビジネスアプリケーションと連携することでさらなる効果創出が期待できます。統合型基幹業務プラットフォームであるERPを軸に、CRM(顧客管理システム)、会計システム、MA(マーケティング自動化ツール)、在庫管理システム、受発注システム、名刺管理システム、グループウェアやSNSツール……などが挙げられます。

 

既にあるシステムとのデータ連携ができるかどうか、将来の拡張を見据えたデータの統合性はどうかといったことも確実にチェックしておきたい要素です。

 

「無料」で始められるおすすめSFA 9選

SFAには、小規模向けの「無料プラン」あるいは一定期間製品を試用できる「無料トライアル」を用意する製品も多くあります。

無料で使えれば、初期コストも運用コストも多くかからず、コスト面で制約のある小規模企業や部署単位などでのスモールスタート導入のシーンに大きなメリットです。また、無料トライアルで実際に触れ、操作感を「お試し」するのも「自社に合うかどうか、自社に必要な機能を備えているかどうかを見定める」のにとても有益です。(製品名 abcあいうえお順)

 

feels

特徴 クラウド型でWebブラウザで手軽に扱えるシンプルなインタフェースをポイントに、顧客や売り上げ管理、データ分析などのSFAとして必要な機能を搭載。チーム作成が5チーム、案件5件、取引先管理が100社までの小規模シーン向けに、月額無料で使える「Freeプラン」、月550円/1アカウント単位で使える「Experienceプラン」を用意する
ベンダーのWebサイト https://feels.one/

 

GENIEE SFA/CRM

logo

GENIEE SFA/CRM

株式会社ジーニー

3.6

50

  • 低価格で誰でも簡単使えるUIと高い拡張性
  • 導入支援~運用後も手厚いサポート対応
  • 「最先端のAI」 を活用した営業支援

製品詳細を見る

特徴
  • 低価格で誰でも簡単使えるUIと高い拡張性
  • 導入支援~運用後も手厚いサポート対応
  • 「最先端のAI」 を活用した営業支援

 

HubSpot Sales Hub

特徴 メールの管理、営業活動管理、リード追跡、ミーティングの設定、パイプライン管理と、これらに基づく営業活動に関する分析とレポート、売り上げ予測機能を設ける。一部の機能を絞りつつ、コンタクト管理、取引パイプライン、見積もり、Webチャット、ミーティング設定などの機能を利用できる無料プランから、月額5400円からの「Starter」、月額5万4000円の「Professional」、月額18万円の「Enterprise」を用意する
ベンダーのWebサイト https://www.hubspot.jp/

 

InfAjast

特徴 顧客管理、案件管理、日報管理、KPIシートなど営業業務で必要なCRM/SFAの各機能から、自社で使う機能だけを選択して構築できる特徴を持つ。オンプレミス、およびCloudestやECL2.0 Cloudと組み合わせたクラウドベースでの利用が可能。Cloudestとの組み合わせにおいて、30日間無料のお試しプランを用意する
ベンダーのWebサイト https://www1.aspcom.co.jp/infajast/

 

Mazrica Sales

logo

Mazrica Sales

株式会社マツリカ

4

130

  • 直感的な操作性で誰でも簡単にデータ入力/蓄積
  • 標準装備のレポート機能ですぐにデータを活用
  • 正答率92%!AIによる予測機能で案件のリスク分析&類似案件を直接アドバイス

製品詳細を見る

特徴
  • 直感的な操作性で誰でも簡単にデータ入力/蓄積
  • 標準装備のレポート機能ですぐにデータを活用
  • 正答率92%!AIによる予測機能で案件のリスク分析&類似案件を直接アドバイス

企業データの管理、名刺データ管理、商談情報の保存と管理、メール送信やレポーティング業務などの営業活動支援機能を豊富に搭載。5ユーザーまでの「Starter」(月額2万7500円)、10ユーザーまでの「Growth」(月額11万円)、20ユーザー超の「Enterprise」(月額33万円から)プランを用意する

 

Musubu

特徴 営業リスト作成からメール配信、案件管理・顧客管理まで可能な法人営業ツール。100万社+40万事業所の企業データベースを搭載し、法人営業のターゲティングから成約までを支援する機能を設ける。企業情報を30件まで取得できる月額無料の試用シーン向け「無料プラン」から、企業情報3000件までの「3ヶ月スタートプラン」(3カ月16万5000円)、同6000件までの「6ヶ月プラン」(6カ月30万円)などの料金プランを用意する
ベンダーのWebサイト https://musubu.in/

 

Zoho CRM

特徴 顧客データの管理、営業活動の追跡、マーケティングプロセスの最適化の機能を搭載するクラウド型の顧客関係管理(CRM)ツール。一部の高度機能を除く基本機能を15日間無料で試せる「無料お試しプラン」を設ける。この他、利用人数単位で「スタンダード」(2400円/人)、「プロフェッショナル」(4200円/人)、「エンタープライズ」(6000円/人)などの料金プランを用意する
ベンダーのWebサイト https://www.zoho.com/jp/crm/

 

カルティセールス

logo

カルティセールス

株式会社Sapeet

  • ハイパフォーマーの商談をノーコードで再現。漏れのないヒアリングと最適な提案が可能
  • 未熟なスタッフでもナビゲーションに沿って商談することで成約率アップをサポート
  • 紙を超える簡単入力で商談中にあらゆる顧客情報を蓄積。情報管理の工数削減に

製品詳細を見る

特徴
  • ハイパフォーマーの商談をノーコードで再現。漏れのないヒアリングと最適な提案が可能
  • 未熟なスタッフでもナビゲーションに沿って商談することで成約率アップをサポート
  • 紙を超える簡単入力で商談中にあらゆる顧客情報を蓄積。情報管理の工数削減

 

ホットプロファイル

特徴 新規顧客開拓、名刺管理、営業活動支援まで、受注実績向上に向けた営業プロセス効率化のための機能を搭載。30日間の無料トライアルを用意する
ベンダーのWebサイト https://www.hammock.jp/hpr/

 

必要なSFAの見極めに「無料で試せる施策」も大いに活用しよう

SFAは、顧客・案件・商談の情報を一元管理し、営業活動の効率化や業務属人化の解消を可能にすることで、効率化そして営業戦略を強化できるIT製品です。有名製品もありますが「比較的低コスト」の希望を叶えるSFAもあります。まずはハードルの低い、無料プラン/無料トライアルのある製品から導入検討の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

(執筆:合同会社伝心)

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
Ecrea
Ecreaは初めてSFA/CRMを導入する企業にとってピッタリなツールです。

◯「機能が選べる、だから安い」
Ecreaは機能を選べるコーディネート型SFAです。企業の営業課題を解決するために必要な機能のみを選んで導入することが可能です。
費用はもちろん選んだ機能の分だけです。(最小機能ならば月額1,000円からご利用可能)

◯「経験豊富なアドバイザーによる手厚いサポート」
Ecreaご利用企業をサポートするアドバイザーはいずれもサポート実績200社超のスタッフです。
企業が抱える課題とITリテラシーに応じて、導入ステップとご利用方法をご提案いたします。

◯「幅広い拡張性」
顧客情報や案件情報、活動情報という基本的なSFA機能はもちろんのこと、メルマガを使った顧客育成、営業パーソン専用MA、オリジナルダッシュボードの作成など営業課題に応じて幅広い活用が可能です。
2
Kairos3 Sales
トップセールスに頼らない、営業組織に必要な仕組みを「Kairos3 Sales」で実現できます。

マーケティングオートメーションツール「Kairos3 Marketing」と連携して活用すれば、見込み客の獲得から受注までを管理できます。
売上を伸ばすために必要な業務を、デジタルの力で仕組み化します。


1. マーケティングから営業までを一貫支援し、
 トップセールスに頼らない営業組織を実現

「Kairos3 Marketing」と「Kairos3 Sales」を、開発不要で連携できます。
マーケティング活動で見込みが高い顧客を見つけ出すことで、トップセールスに頼らない営業組織をつくれます。


2. 初心者・経験者どちらのニーズも叶える機能設計
ITツールの利用がはじめての人でも安心して使いこなせるように設計しています。
オプション機能を追加することで、あらゆるマーケティング・営業活動にも対応します。


3. 2,000件の支援実績にもとづくサポート体制
創業から10年にわたり、2,000件のお客さまを支援してきました。
初期設定から施策運用のご相談まで、お客さまの成果を後押しするサポートサービスを揃えています。

3
統合型顧客管理システム「F-RevoCRM」
F-RevoCRMは低価格ながらも、マーケティング、営業、サポートなど多くの領域をカバーするオープンソースの顧客管理システムです。
見込み顧客から、営業中顧客、既存顧客までの顧客対応プロセスを一元管理でき顧客接点におけるあらゆる課題を解決できます。
また、どんな業種でも使える柔軟設計により様々な業種・業態・課題に適応可能です。顧客プロセスの見直しF-RevoCRMに定義することによって「顧客満足度の向上」「生産性向上」が実現します。

■リード状態から受注後も管理できる顧客接点のフレームワーク
F-RevoCRMは「将来の顧客(リード)」から「明日の顧客(営業)」、「今の顧客(取引中)」、「過去の顧客(取引終了)」まで一元管理することができます。部署間や担当者間での顧客情報の共有の手間が省けるだけでなく顧客をよりよく知ることができるため、顧客ニーズに合わせたサービス提供と継続的な顧客との関係を構築することも可能です。

■顧客の基本情報から関連情報まで統合的に管理
各部署でバラバラに管理していた顧客情報を一元管理を実現する。

■会社全体での情報共有と脱属人化を実現
顧客を軸に各業務での活動を登録して社内での情報共有を実現する。

■スピーディーな顧客対応で顧客満足度アップ
問合せ対応におけるナレッジのを蓄積と対応案件などの情報共有を実現する。

■顧客ニーズに合わせた接点手段により利便性向上度へ
カスタマーポータルで顧客接点のデジタル化を実現する。

■請求書発行業務の効率化とペーパーレス化
見積書データを軸に請求書業務までワンストップでの対応を実現する。

営業成果を上げたい! 営業効率化ツールの選び方と活用法|おすすめ製品20選

営業担当者は商談だけが仕事ではありません。営業活動のための情報を仕入れ、多くの顧客を管理し、メールの返信や細かいやりとりをし、報告書や見積書の作成なども行います。やるべきタスクが山積みの中、成約の要である顧客との信頼関係が十分に構築できていない……と感じている人も多いことでしょう。 ここで紹介する営業効率化ツールには、忙しい営業担当者をサポートする機能が多数搭載されています。ツールを導入するメリットや特徴、選び方などをまとめました。営業のDX化、営業活動の効率化を進めていきましょう。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはIT […]

thumbnail

    SFAとCRM、自社はどちらを導入すべきか? 機能と役割の違い、導入シーンを簡単に解説

    業績を上げたい、売上を伸ばしたい、あの競合社には負けられない──。それを実現、解決するための手段や手法は何でしょう。中でも大きいと思い付く要素の1つが「営業力」です。事業の成功や躍進には効率的な営業活動が不可欠です。そこで昨今特に注目され、導入企業も増えているのが、“営業活動や顧客関係の強化と効率化”に照準を定めたIT製品「SFA」や「CRM」です。 でも、SFAとCRMは何が違うのでしょう。どちらを導入すべきなのでしょう。それとも両方導入すればいいのでしょうか。この記事では、SFAとCRMの基本的な違い、それぞれの機能と役割とともに、製品選定のヒントを解説します。あなたのビジネスに最適なツー […]

    thumbnail

      SFA導入計画 はじめの一歩 よくある失敗に学ぶおすすめ計画手順、導入事例

      「営業活動が個々の担当者に依存してしまっている」「顧客データが散乱していて、社内でうまく共有できていない」──。多くの企業が直面するこれらの課題は、日々の営業活動において深刻な悩みの種となっています。しかし、SFA(営業支援システム)を活用すれば、その課題を解消できるかもしれません。 本記事では、SFAの導入目的や手順、SFAの導入事例を紹介します。導入を検討している人はぜひ参考にしてください。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する SFA […]

      thumbnail

        SFAの機能を使ってできること|基本機能から便利な機能まで紹介

        SFAは、営業プロセスを管理・効率化できるツールです。「Sales Force Automation」の略語で、日本語に訳すと「営業支援ツール」や「営業支援システム」となります。SFAを導入することで、営業活動に関する案件や顧客情報の共有・可視化・分析が行えます。このページでは、SFAの基本機能や営業活動に与えるメリットについて紹介します。 SFAの基本機能SFA製品によって備わる便利な機能SFAの導入で期待できる成果SFAは営業力を高める機能的なツール SFAの基本機能 SFAには、営業活動を支える基本的な案件・顧客・商談内容・営業活動などを記録して管理する機能があります。 まず、SFAの基 […]

        thumbnail

          「売上を増やす」営業支援システムの基礎知識 クラウド対応ツールの導入メリットと主な機能、検討前の“忘れがち”な注意点

          デジタル化が進む現代において、「いかに営業活動を効率化するか」は企業の競争力を大きく左右する重要な要素であり、また課題として挙がります。事実に基づく“データ”を軸に実践していく「営業支援システム」の導入により、そんな課題を解消できるかもしれません。本記事では、営業支援システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する営業支援システムを見つけるための一助となれば幸いです。 営業支援システムの基礎知識営業支援システムの導入で得られるメリット営業支援システム導入時の主な注意点営業支援システム/SFAは、「目的と得たい効果を明確にする」 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る