ITセレクト powered by 発注ナビ

会計システムとは? 費用相場と主な種類、導入のメリット・注意点を分かりやすく解説|おすすめ製品6選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

企業経営において、効率的な会計処理は絶対必要な要素です。しかし、どの会計システムを選べばよいのか、どう使えば最大の効果が得られるか、迷うことはありませんか?

会計システムは、企業の財務情報を一元管理し、業務プロセスの効率化を図るためのツールです。これにより経理作業が自動化され、ヒューマンエラーが減少するだけでなく、経営判断のスピードアップにも繋がります。また近年、法制度の変更や国際会計基準の導入により、会計システムの需要は一層高まっています。

本記事では、会計システムの基本概念、種類、費用相場、導入メリット、さらに検討時の注意点について詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する会計システムを見つけるための一助となれば幸いです。

会計システムとは何か?

会計システムとは、企業の財務・会計処理を効率的に管理するためのソフトウェア/IT製品で、現代のビジネス環境において重要な基盤となっています。会計システムは、企業が日々行う財務活動を正確かつ迅速に処理するために、各種取引の記録から財務報告書の作成まで幅広い機能を持ちます。また、業務プロセスを自動化しヒューマンエラーを減少させることで、企業経営の透明性と効率性を高めます。

会計システムとは?

会計システムは、企業が正確かつ効率的に財務データを収集、分析し、適切な財務報告を行うためにあります。主な機能には例えば、売上、経費、税金などのデータを正しく入力し、決算書や税務申告書などの財務諸表を自動、あるいは容易に作成できる機能が挙げられます。このシステムを活用することにより、企業の財務管理が効率化され、経営判断が迅速かつ正確になります。

なお、企業活動における「ヒト、モノ、カネ、情報」を一元管理する統合型基幹業務製品である「ERP(基幹システム)」へ、会計、監理の機能が含まれることも多くなっています。

会計システムと経理システムの違い

会計システムと経理システムは、扱う部門は同じことが多いながら、それぞれ異なる目的と機能を持っています。会計システムは企業全体の財務管理をサポートする役割を果たし、その範囲は広範囲にわたるものです。具体的には、財務会計システムは財務報告書の作成や予算管理をサポートし、経営層向けの戦略的な意思決定を支援します。このシステムを使うことで、企業は財務状況をリアルタイムで把握し、迅速に対応することができます。また、法制度の変更に対する対応も容易に行える点が強みです。

一方の経理システムは日々の会計処理や記録に特化しています。通常、経理担当者が日常的に使用し、請求書の発行や支払い管理、銀行の振込データの入力など、具体的で定期的な業務を効率的に処理します。これにより、手入力や転記ミスを大幅に軽減し、作業の効率を向上させることができます。近年では、レシートのスキャンや自動入力機能が搭載されたシステムも多く、現金出納帳や仕訳伝票の管理がより簡単かつ正確に行えるようになっています。

企業がどのシステムを導入するかは、まず自身の業務ニーズを明確にすることが重要です。中小企業であれば、経理システムだけで十分に業務をカバーできる場合もありますが、規模が大きい企業や複数拠点を持つ企業では、会計システムの導入が不可欠となることが多いです。導入の際は、操作性、セキュリティ対策、データのバックアップ体制など、いくつかの要因も考慮する必要があります。

会計システムと経理システムの違いを理解し、企業のニーズに合ったシステムを選定することで、業務の効率化、コスト削減、そして戦略的な経営判断をサポートすることが可能となります。

会計システムと帳票システムとの連携

帳票システムは、発注、請求書、領収書、注文書、報告書などのビジネス文書をデジタル形式で適切に保存し、管理するためのIT製品/ITシステムです。会計システムと電子帳簿システムの2つを連携させることにより、会社の財務管理はより正確になります。

例えば、電子帳簿システムで保存された請求書データが自動的にかつ正しく会計システムと連携されることで、財務報告・決算書作成の確実性を高めつつ、作業者の手間を軽減できます。

会計システムの費用相場

会計システムの費用相場は、システムの利用形態により異なります。会計システムの主な利用形態は、大きく分けると「クラウド型」と「インストール型/オンプレミス型」があります。

クラウド型は、オンライン上で提供されているシステムを、インターネット経由で使用する形態のことを指します。初期費用で「0円~数万円」から、ランニングコストは月額利用料として「月額3000円/人」程度からが目安です。月額単位もしくは年単位の「サブスクリプション型」の料金形態がほとんどのため、使い続ける限り利用料のランニングコストはかかりますが、自社でサーバとその他周辺機器などのハードウェアを「買わず」に済むので初期費用を大きく抑えられ、導入スピードも早められること、さらにビジネス成長や業態変化時もシステムの規模を自在に調整できる「スケーラビリティ性」が特徴の形態です。

インストール型/オンプレミス型は、パッケージ型の会計ソフトをインストールして使用する形態、あるいはすべて会計アプリケーションを開発し、構築する従来型の形態です。自社のニーズ/要望通りに設計し構築する「設計の自由度/カスタマイズ性」にメリットがあります。その一方で、システム全体の初期費や人件費を含めたコスト面と時間は、クラウド型より「かなり多め」にかかります。初期費用は数百万円、月額費用も十万円以上かかる場合があります。

特に、企業の規模や業種、特定の業務要件に対応した機能が求められる場合には、費用面での考慮が一層重要となります。システム選定時には、コスト対効果を見極めることがポイントとなるでしょう。以下、この記事では「スピード感」「導入の容易性」「コスト面」観点で企業の導入例が増えている「クラウド型」の導入シーンを軸に解説します。

会計システムの主な種類

会計システムには様々な種類があり、それぞれ異なる特徴や目的に応じて選択することが重要です。ここでは、主な会計システムの種類をご紹介します。

  • 財務会計システム
  • 管理会計システム
  • 債務・支払管理システム

会計システムは大きく分けて、財務会計システム、管理会計システム、債務・支払管理システムの3つに分けられます。以下、それぞれのシステムについて詳しく解説していきます。

財務会計システム

財務会計システムは企業の財務管理を効率化するために不可欠です。財務会計システムは、企業の収益、費用、資産、負債などの財務データを一元管理し、正確かつ迅速な財務情報の提供が可能になるためです。例えば、月次決算や年次決算をスムーズに行うための自動仕訳機能や、リアルタイムでの財務状況の可視化が可能になります。また、財務報告書の作成を効率的に行うことができます。

財務会計システムの主な機能は、以下のとおりです。

  • 伝票入力
  • 帳簿作成
  • 自動仕訳
  • 金融機関とのデータ連携
  • 決算書作成
  • 帳票・決算書の出力
  • 固定資産管理

財務会計システムを導入することで、企業は財務管理の効率化と正確性向上を実現できます。財務データの一元管理により、人的ミスの減少やデータの整合性が保たれ、経営判断に必要な情報を迅速に提供できます。財務会計システムは経営層が正確な財務情報をいつでも確認できるようにし、企業の競争力を高める重要なツールです。

管理会計システム

管理会計システムは、企業の意思決定を支援するための重要なツールです。管理会計システムは具体的なデータ分析や業績評価を行い、経営戦略の立案や効果的なリソース配分に不可欠な情報を提供します。

管理会計システムの主な機能は、以下のとおりです。

  • 予実管理
  • セグメント管理
  • 経営分析

例えば、売上データやコスト分析をリアルタイムで把握することで、迅速に経営判断を行うことが可能となります。また、部門ごとの収支を詳細に管理することで、どの部門が利益を生み出しているのかを明確にすることができます。このように具体的な数値をもとにした分析は、経営者にとって非常に価値が高い情報となります。

加えて、管理会計システムは柔軟性があり、企業の特定のニーズに合わせてカスタマイズすることが可能です。これにより、個別のプロジェクトや事業部門ごとに詳細な分析を行い、精密なリソース配分やコスト削減策を講じることができます。

つまり、管理会計システムを導入することで、企業経営の質を向上させることができます。同時に、正確な数値に基づき、迅速かつ効果的な意思決定を行えます。結果として、企業全体の業務効率が改善され、持続的な成長を実現する基盤を築くことができるのです。

債務・支払管理システム

債務・支払管理システムは、企業の支払業務を効率化します。債務・支払管理システムを導入することで、請求書管理や支払業務の自動化が実現され、従業員の手間を大幅に減少させることができます。これにより、時間の節約が可能となり、同時にミスが減り、正確な支払処理が行われるようになります。

債務・支払管理システムの主な機能は以下のとおりです。

  • 支払予定管理
  • 振込データの作成
  • 支払消込
  • 支払分析

具体的な機能には、請求書のスキャン機能が含まれます。これにより、紙の請求書をデジタルデータに変換し、一元管理することができます。また、支払予定日を自動で設定し、リマインダーを従業員に送信する機能もあります。これにより、支払の漏れや遅延を防止し、確実な支払管理が実現されます。

債務・支払管理システムを導入することで、支払業務の効率が大幅に向上し、正確な処理が可能になります。結果的に、企業の業務負担が軽減され、リソースをより効果的に活用することができるようになります。

会計システムの導入で得られる主なメリット

今や企業の経営において、会計システムの導入は不可欠です。導入におけるビジネス成果は以下が挙げられます。

  1. 人的ミス(ヒューマンエラー)の減少につながる
  2. 会計業務の負担軽減につながる
  3. お金に関するバックオフィスの業務効率化に役立つ
  4. 複数の拠点間でデータ共有をしやすくなる
  5. 会計業務をスピーディーに行える
  6. 税制度の変更に素早く対応できる
  7. 経営状況をリアルタイムで把握できる

会計システムの導入には多くのメリットがあります。ここでは、人的ミスの減少や会計業務の負担軽減、バックオフィスの業務効率化、複数拠点間でのデータ共有、会計業務の迅速化、法制度の変更への対応、経営状況のリアルタイム把握の7つのポイントについて詳しく解説します。

(1)人的ミス(ヒューマンエラー)の減少につながる

会計システムの導入により、人的ミスの減少が期待できます。これは、会計システムが自動計算やデータ入力機能を備えており、人間の手作業による誤りを防ぐ効果があるためです。例えば、手作業で行う伝票入力や計算では、数字の入力ミスや計算間違いが発生することがありますが、会計システムを用いることでこのようなミスが大幅に減少します。そのため、会計システムを導入することで、人的ミスの減少による業務効率の向上と信頼性の確保が可能となります。

(2)会計業務の負担軽減につながる

会計システムを導入することで、会計業務の負担を大幅に軽減できます。手作業で行う会計業務は煩雑でミスが発生しやすく、時間もかかるからです。会計システムを活用することで、経費精算や帳簿付けが自動化され、入力作業や確認作業の手間が省けます。また、データの一元管理が可能になるため、重複した作業や行き違いが発生しにくくなります。

例えば、経費精算システムを導入すれば、クレジットカードの明細やレシートのスキャンを通じて自動的に経費データが取り込まれ、仕訳が自動的に行われます。この結果、手入力の負担が大幅に減少し、転記ミスや確認作業が減ります。また、データが一元管理されることで、リアルタイムで経費の状況や未処理項目を把握することができます。これにより、会計担当者が効率的に業務を行えるようになり、不必要な手間を省くことが可能になります。

会計システムを活用して、業務の効率化と従業員の負担軽減を実現しましょう。このように、会計システムの導入によって得られる効率化は、業務のスピードアップだけでなく、正確性の向上と担当者のストレス軽減にも繋がります。現代のビジネス環境において、効率的かつ正確な会計処理は不可欠な要素であり、会計システムの導入はその実現に向けた有力な支援となります。

(3)お金に関するバックオフィスの業務効率化に役立つ

会計システムを導入することで、お金に関するバックオフィス業務が効率化されます。会計システムは手入力や計算ミスを減少させるだけでなく、データの正確性を大幅に向上させます。また、複数のシステム間でデータを自動的に連携させることができるため、重複入力や確認作業の手間を大幅に削減できます。

例えば、請求書の発行や支払い処理、収支の管理などの業務が自動化されることで、ミスのリスクが減少し、業務の正確性が向上します。また、リアルタイムでデータを確認し連携できるため、迅速な意思決定が可能となります。これにより、お金に関するバックオフィス業務の精度と効率が大幅に向上するだけでなく、担当者の業務負担も軽減されます。

このように、会計システムの導入はお金に関するバックオフィス業務を効率化し、企業全体の業務運営をスムーズにする重要なツールとなります。

(4)複数の拠点間でデータを共有しやすくなる

会計システムを導入することで複数の拠点間でデータを容易に共有できるようになります。各拠点で異なるデータ管理方式を採用するとデータの一貫性が失われやすく、情報共有が困難になります。会計システムを導入することで、統一されたプラットフォーム上でデータを共有できるようになります。例えば、全国に店舗展開している企業が一元的に売上データや経費データをリアルタイムで確認することができるようになります。これにより、どの店舗が業績が良いか、経費が高いかなどを瞬時に把握することが可能です。

会計システムの導入により、複数の拠点間でデータをスムーズに共有できるため、業務効率が向上し、迅速な意思決定が可能になります。

(5)会計業務をスピーディーに行える

会計システムを導入することで、会計業務をスピーディーに行うことができます。会計システムは複雑な計算やデータ処理を自動化し、手作業による時間を大幅に短縮するためです。このため、日々の業務や月次決算がスムーズに進みます。

例えば、エクセルを使用した手動の仕訳作業では数時間かかっていたものが、会計システムを使えば数分で完了します。会計システムを活用して、迅速な会計業務が可能となり、業務全体の効率化が実現できるのが大きなメリットです。

(6)法制度の変更に素早く対応できる

会計システムの導入により法制度の変更に迅速に対応できます。法制度は頻繁に改正されるため、手作業での対応はミスや遅れが生じやすいからです。会計システムを使用することで、自動的に最新の法令に適応できる機能が提供されるため素早く対応できるのです。

例えば、消費税率の変更があった際に、会計システムを利用していれば、自動アップデート機能により即座に新しい税率に対応できます。一方、手作業の場合は全ての計算やシステムの更新を自ら行わなければならず、大きな負担になります。そのため、会計システムを導入することで法制度の変更に迅速かつ正確に対応でき、業務継続性の確保に役立ちます。

(7)経営状況をリアルタイムで把握できる

会計システムを導入することで、経営状況をリアルタイムで把握することが可能になります。これは、リアルタイムでデータが更新されるため、経営者は常に最新の財務状況を確認することができ、迅速な意思決定が行えるからです。また、正確なデータに基づいて経営戦略を立てることも容易になります。具体的には、月次決算のデータを待たずして、瞬時に収支を確認できる機能があり、この機能を活用することで売上の急増やコストの異常を即座に把握し、適切な対処を行うことが可能です。

例えば、売上が急激に増加した場合、その理由を迅速に特定し、成功要因を他の部門やプロジェクトにも展開することができます。一方で、予期しないコストの増加が発生した場合も、早期にその原因を分析し、適切な対策を講じることができるため、企業の持続的な成長を支える重要なツールとなります。

会計システムを活用し、経営状況をリアルタイムで把握することで、企業は迅速な対応が可能になり、経営判断の正確性が向上します。これにより、経営の透明性を保ちつつ、効率的な経営管理が実現できるのです。

日本企業に導入例の多い「会計システム」6選

日本企業において多くの企業が会計システムを導入しています。これにより、業務効率化や経営の透明性向上が実現されています。ここでは、特に導入例の多い会計システムを5つ紹介します。(製品名abcあいうえお順/2024年6月時点)

freee会計

logo

freee会計

freee株式会社

4

163

  • クラウド完結の社内申請で紙、エクセル業務から脱却
  • リアルタイムな予実管理により月々の収支を見える化
  • 統合マスタの活用で月次決算の早期化を実現

製品詳細を見る


自動で帳簿を記録し、確定申告もサポート。中小企業、フリーランスに導入例が多い。

SuperStream-NX

SuperStream-NX

キヤノンITソリューションズ株式会社

3.1

13

SuperStream-NXは1995年の誕生以来、累計10,000社を超える企業に導入されている会計および人事・給与システムを中核とするソリューションです。

グループ経営やグローバルでの利用に対応しており、グループ全体の会計・人事情報を包括的に管理し、グループ横断の会計・人事の最適化を実現。会計面では、IFRSや多言語・多通貨に対応し、海外ビジネス展開を強力に支援します。

さらに、“経理部・人事部ファースト”の思想のもと、誰でも簡単に扱える使いやすさやユーザビリティを重視し、財務会計や人事給与などバックオフィス業務の負荷軽減に寄与します。

<便利に利用するための製品ラインアップ>
SuperStream-NXは会計や人事給与の中核機能に加え、より利便性の高い業務を実現する製品ラインアップを備えています。

■経営分析ソリューション
グループ全体での経営状況の把握やKPIに基づく経営分析を促進するダッシュボードやレポーティング機能を搭載。経営に関する意思決定の迅速化に寄与します。

■AIソリューション
請求書と請求明細をAI-OCRで読み取って勘定科目を推論し、伝票の自動生成とシステムの入力処理を自動化することで、入力を行う経理担当者の負担を大幅に軽減できます。

■システム連携ソリューション
システム間の連携をノンプログラミングで構築できるツールを提供することで、システム連携に関する開発やメンテナンスを省力化。システムのデータはWeb出力(動的HTML作成)、Excel出力、メール送信が可能です。

■APIサービス
銀行マスタAPI、取引先マスタAPI、銀行口座APIの3つのAPIサービスを提供。経理担当者の入力業務負荷を低減します。

製品詳細を見る


主に大企業向けに設計された会計・財務システム。国際会計基準にも対応し、複雑な財務プロセスを効率化する機能を持つ。

会計王

会計王

ソリマチ株式会社

4.2

47

会計王はインボイス制度、電子帳簿保存法に対応した個人、中小企業向けの会計ソフトです。1995年から発売されているロングセラー製品であり、インストール型ソフトならではの軽い動作とクラウドの利便性をどちらも兼ね備えている点が特徴です。

会計王では、複数の銀行や信用金庫、クレジットカード、電子マネーなどを登録しておくことで明細を自動で取り込み自動的に仕訳を作成するMoneyLink(マネーリンク)機能を搭載しており、経理担当者の帳簿入力業務の負荷を軽減します。MoneyLinkでは、複数の銀行明細の自動取得、Excelデータ取り込み、明細に記載したメモの仕訳画面上での表示など、かゆいところに手が届く機能も豊富です。

<機能ごとの特徴>
■導入・設定
業種別の勘定科目のテンプレートや、質問に回答するだけで新規データが作成できる機能により簡単に作業を進められます。また、他社の会計データの取り込み機能や自動データバックアップのクラウド機能、項目を選択するだけで簡単に消費税設定できる機能もあります。

■仕訳・入力
上述した自動仕訳のMoneyLink機能のほか、ユーザに合わせた多彩な入力方式や過去の仕訳を検索・コピーして新たな仕訳を作成できる仕訳検索機能や、どう仕訳したらいいのか迷うケースをサポートする2000以上の事例が収録された「仕訳博士」など会計業務の効率化に寄与する機能がそろっています。

■集計・管理
貸借対照表、損益計算書をリアルタイムに把握できるほか、それらの年次推移の可視化など経営分析をサポートする機能を搭載。知りたい状況がすぐに分かる多彩な集計方式にも対応しています。資金繰り管理を便利に行うための各種機能も用意しています。

■決算・印刷
決算書は各種書式から必要なものを選んで印刷できます。また入力した会計データをもとに、税務署提出用の用紙に直接内容を出力することができます。そのほか、青色、白色ともに個人の確定申告に対応。確定申告は無償で配布される確定申告ソフト「みんなの確定申告」との連携で簡単に行うことができます。

製品詳細を見る


中小企業や個人事業主向け。使いやすさを重視した設計が特徴。紙の帳簿からの乗り換えといったDX初期対策シーンにも強み。

財務大将

財務大将

株式会社ミロク情報サービス

4

8

財務大将は、中小企業向けERPであるMJSLINK DXと、中規模向けERPのGalileopt DXにて提供される財務・会計システムです。制度会計への対応はもちろん、管理会計も同一のシステムで管理することができ、高度な財務分析や経営分析などによって「攻めの経営」を促進する機能を搭載しています。

提供元であるミロク情報サービスの他製品はもちろん、他社サービスとの連携機能を備えており、業務効率化や的確な意思決定のためのデータ統合が可能。さらに建設工事業、公益法人、医療法人、宗教法人、社会福祉法人、学校法人等の多様な業種にも対応しています。

<財務大将の特徴>
■AIを活用した伝票入力・データ検証の省力化
仕訳辞書とAIを活用して仕訳を自動生成する機能を搭載しており、手入力が必要な業務を省力化します。そのほか、入力した仕訳や残高の正当性をAIで検証する機能や、充実した検索機能など振替伝票入力を補助する機能などで業務効率化を支援します。

■リアルタイム経営を支援
部門会計、本支店会計に加えて、セグメント管理やプロジェクト管理にも対応し、さまざまな切り口で経営分析を行うことができます。最大30 種類の管理項目を設定でき、事業種類が増えた場合においても対応できる拡張性を備えています。

■フレキシブルなマスタ設計
勘定科目の体系をフレキシブルに設計できます。多段階の階層で集計設定することで、管理会計と制度会計を両立した帳票設計も可能です。

■充実した管理帳票
過年度や予算との比較財務報告書や推移財務報告書、経営分析など標準機能で搭載しドリルダウン機能も充実しています。表計算アドイン機能によりExcelで会社独自の管理表も簡単に作成・更新することができます。

製品詳細を見る


財務分析に特化した機能に強み。中小企業の経営者が財務状態を把握でき、経営判断の迅速さ、確実性の向上を支援。

マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード クラウド会計

株式会社マネーフォワード

4.2

88

マネーフォワード クラウド会計は小規模、中小企業向けのインボイス制度、電子帳簿保存法に対応したクラウド会計ソフトです。経理・会計業務を省力化するさまざまな機能を備えています。

■データ入力の手間を削減する連携機能
インターネットバンキング、クレジットカード、電子マネー、POSレジなど2000以上のサービスとの連携に対応しており、取引明細データを自動で取得できます。

■AIによる自動仕訳で入力業務が便利に
クレジットカードなどの取引明細データ、アップロードした請求書・領収書、デジタルインボイスなどの情報からAIが適切な勘定科目を自動で提案。仕訳作業に要していた時間を大幅に削減できます。自動提案の精度はAIを使えば使うほど向上します。

■インボイスを簡単に区別可能
適格請求書発行事業者かそれ以外の事業者との取引かを仕訳入力画面のチェックボックスのオンオフで区別できます。チェックを外し仕訳登録すると取引日に応じ、経過措置が適用された仕入税額控除の額を自動計算します。

■決算書をワンクリックで作成、経営状況もリアルタイムで可視化
日々の仕訳データをもとにして自動で決算書を作成します。また仕訳帳や試算表などの会計帳簿から決算報告書、キャッシュフローレポート、収益レポートまで幅広い帳票・レポートの作成に対応しているため、経営状況をリアルタイムで見える化でき、経営分析が可能となります。

■税理士とのデータ共有がスムーズに
データはクラウドに自動保存され、最新データがいつでも閲覧・共有できるため、自社の顧問税理士とUSBメモリや紙などでやりとりする必要がなくなります。自社のマネーフォワード クラウド会計の閲覧権限に税理士をメンバー追加することで、オンライン上で会計状況を確認してもらえるようになります。

■1カ月の無料トライアルで実際の画面を体験
クレジットカードの登録なしでマネーフォワード クラウドの複数サービスが試すことができます。また導入や乗り換えを検討している方には無料オンライン相談も実施しています。

製品詳細を見る


レシート撮影で自動入力する機能などに強み。個人事業主から中小企業まで幅広く対応し、必要に応じて別機能の拡張なども同シリーズ内で可能。

弥生会計 オンライン

弥生会計 オンライン

弥生株式会社

4.2

178

弥生会計 オンラインはインボイス制度や電子帳簿保存法に対応した法人向けクラウド会計ソフトです。中小企業、小規模法人に適した簡単な操作性を特徴とし、決算書作成、仕訳・記帳、帳票作成、請求書連携、金融機関連携、税理士・会計事務所連携、店舗効率化・POSレジ連携、経営状況の見える化など、会計業務を1人で完結できる機能がそろっています。

■経理業務が初めての担当者でも簡単に操作可能
簿記の知識がなくても日付や金額を入力するだけで簡単に使用でき、勘定科目に迷った際にも事例から選んで完了することができます。また、決算書の作成機能により、会計知識がなくても決算書を3ステップ(減価償却費の計算、決算整理の実施、決算書の作成)で簡単作成できます。

■経理作業の自動化で時間を大幅に削減
銀行通帳記帳や証憑整理、伝票入力、入力内容のチェックを大幅に省力化するスマート取引取込の機能を提供しています。スマート取引取込では、銀行口座・クレジットカードやレシートなどの取引データは自動で取込・仕訳でき、日々の帳簿付け作業を効率化。勘定科目の提案機能もあるので、確認作業も大幅に削減可能になります。

■専門スタッフによる丁寧なサポート
製品の操作方法だけではなく、決算時期の仕訳・経理業務のやり方までを業界に精通した専門スタッフがサポートします。

■表計算ソフトや他社会計ソフトからの移行が簡単
表計算ソフトで作成していた取引データをcsvまたはテキストファイルで取り込めるため、1から入力し直す手間が省けます。また他社の会計ソフトの仕訳データを簡単に移行することも可能です。

■初年度は全ての機能が無料
初年度から1年間は全ての機能を無料で利用できます。無料期間の間にも専門スタッフによるサポートを受けることが可能です。

製品詳細を見る


クラウドベースで利用可能。初心者/中小企業ユーザーの使いやすさを工夫し、自動仕訳や確定申告サポート機能が充実。

「会計システム」導入検討時の主な注意点

会計システムを導入する際には、いくつかの重要な注意点を考慮する必要があります。これらのポイントを理解しておくことで、自社に最適なシステムを選定し、効果的な導入を行えます。

以下に、会計システムの導入検討時に特に留意すべき主な注意点をいくつか挙げ、各ポイントについて詳しく解説していきます。

クラウド型はオフライン環境では使えない

クラウド型会計システムは、インターネット接続が必須です。これはクラウドサーバ上で動作するためであり、インターネット接続がなければデータアクセスや操作ができません。例えば、ネットワーク障害が発生した場合、クラウド型会計システムにアクセスできなくなり、業務が一時的にストップする可能性があります。このため、クラウド型会計システムは、常時インターネット環境が必要であり、オフライン環境では機能しないため注意が必要です。

本当に「自社の業務に合う」機能を持っているか

会計システムを選ぶ際には、自社の業務フローや特有のニーズに合った機能を持っているか確認する必要があります。汎用的なシステムでは一部の業務をカバーできない場合があり、追加のカスタマイズが必要になる可能性があります。例えば、製造業では原価管理や在庫管理が重要ですが、一般的な会計システムにはこれらの機能が含まれていないことが多いです。このため、自社の業務フローに合致する機能を備えた会計システムを選ぶことで、業務の効率化と精度向上を実現できます。

ユーザーが使いやすいか

会計システムを導入する際には、ユーザーが使いやすいかどうかが重要です。システムが使いにくいと、習熟に時間がかかったり、ミスが増えたりする可能性があるためです。ユーザーフレンドリーな会計システムなら、管理業務の効率化と人的ミスの減少が期待できます。例えば、直感的なインターフェースを持つシステムや、充実した使いやすいマニュアル、トレーニングプログラムの有無などが評価ポイントになります。現代の会計システムは、リモートワークでもスムーズに運用できるように設計されているものが多く、これも重要な視点です。

また、具体的な操作性も重要です。例えば仕訳入力や残高管理などの基本的な操作が簡単に行えるシステムは、作業効率を大幅に向上させます。さらに、会計ソフトのメンテナンスや最新バージョンへのアップデートが定期的に行われるか、サポート体制がしっかりしているかといった点も重要です。

ユーザーが使いやすい会計システムを選ぶことで、業務負担の軽減や業務の効率化を実現し、柔軟な経営判断にも寄与することができます。したがって、会計システムの選定時には、ユーザー視点を重視し、システムの操作性、サポート体制、トレーニングプログラムなど、さまざまな観点から慎重に評価することが求められます。

データのバックアップ体制

データのバックアップ体制を整えることは非常に重要です。理由は、重要な会計データが消失した場合、企業の経営に重大な影響を与えるからです。バックアップがなければ、データ復旧が困難で業務停止のリスクが高まります。

具体例として、サイバー攻撃やシステム障害によってデータが消失してしまうケースがあります。バックアップ体制が整っていれば、こうした事態に迅速に対応し、データの復元が可能です。例えば、クラウド上に定期的にデータをバックアップする設定や、物理的な外部ストレージへのバックアップをすることでリスクを分散することが効果的です。

データのバックアップ体制は、企業の会計システムを安定的に運用するために不可欠といえるでしょう。特に、金融機関や重要な取引先とのデータ共有が必要な場合、バックアップ体制の堅固さは信頼性の向上にもつながります。人的ミスやシステム障害が発生しても、データの消失を最小限に抑えることができ、経営状況の把握や法令遵守も確実に行えます。

従業員がリモートワークを行う場面でも、クラウド型のバックアップがあることで、各地からシステムにアクセスしてデータを利用できるため、会計業務の効率化が実現します。また、法改正や制度変更に迅速に対応するためにも、定期的なデータバックアップとその確認が重要です。以上の理由から、会計システムを運用するうえでのデータのバックアップ体制は、企業の経営を安定させる鍵となります。

セキュリティ対策

会計システム導入時には、セキュリティ対策を徹底することが非常に重要です。会計システムには企業の財務データや個人情報など機密性の高い情報が含まれており、外部からの不正アクセスや情報漏えいのリスクが高まるためです。具体的には、データの暗号化、二段階認証の導入、および定期的なセキュリティアップデートが必要です。さらに、従業員に対するセキュリティ教育も欠かせません。セキュリティ対策を強化し、信頼性の高い会計システムを維持しましょう。

自社に適した会計システムを導入し、業務の効率化を目指そう

会計システムを導入することによって、帳簿付けをはじめとする会計業務を自動化でき、作業に要する時間や手間を削減できます。また、入力した取引データを自動で転記、集計することもでき、計算や入力ミス、転記漏れなどのヒューマンエラーを防ぐことにもつながります。会計システムは、種類によって搭載されている機能が異なるため、自社に適した機能を適正に備える会計システムを選定することが重要です。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービス(無料)までお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料を分かりやすくご提供します。

\ITセレクトおすすめ会計システムの資料を一括ダウンロード(無料)/

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

連結会計システムとは? 主な機能とその目的、導入メリット・注意点を解説|おすすめ製品6選

連結会計システムは、親会社とその子会社、関連会社などの複数の企業の財務情報を統合して一元化するためのIT製品/ITシステムです。複雑な企業グループ構造において透明性を確保し、また経営者や投資家へ正確で包括的な財務情報を提供していくにはどうするか。本記事では、連結会計システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する連結会計システムを見つけるための一助となれば幸いです。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフにお任せください! ニーズに合った製品/ […]

thumbnail

    経営管理システムとは? 導入メリットと主な機能、ERPとの違い、選定ポイントを紹介|おすすめ製品9選を比較

    「経営判断の効率化を図りたいが、自社の情報系統はいまだ部門ごとにサイロ化したままだ。得たい情報を思うように得られない……」。経営者や管理者は、経営、事業戦略の意思決定に必要な情報が得られず、業績管理の煩雑さに日々頭を悩ませています。この課題は経営管理システムにより解消できるかもしれません。本記事では、経営管理システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する経営管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 経営管理システムの基礎知識経営管理システムのメリット、導入で得られる効果経営管理システム導入プロジェクトの検討フローと […]

    thumbnail

      財務会計システムとは? 主な機能と役割、導入のメリット・注意点|おすすめクラウド型製品6選

      企業には正確で効率的な財務情報の管理が極めて重要です。しかし、社員数が多くなり企業としての活動が増えれば増えるほど管理しなければならない財務情報も増えていきます。それらは管理だけでも多くのリソースと時間を必要とします。また、処理が多く複雑になれば正確性も損なわれます。 財務会計システムは、そんな企業や自治体の財務情報の管理をより正確に、効率的な管理を実現できる可能性があります。本記事では、そんな財務会計システムの基本的な内容からメリットやデメリット、おすすめの財務会計システムまでご紹介します。導入をご検討の場合はぜひご参考にしてください。 財務会計システムとは 主な機能とビジネスメリット財務会 […]

      thumbnail

        原価管理システムとは? 主な機能と種類、導入のメリット・デメリット|おすすめ製品5選

        製品やサービスの提供にかかる原価(=コスト)を適切に管理し、利益の改善につなげるのが原価管理です。「コストマネジメント」とも呼ばれます。重要な考え方ですが、原価管理の業務は煩雑になりやすく作業負担がかなりかかる課題を抱えている企業も少なくありません。 そうした原価管理の精度を高め、作業を効率化するのに役立つのが原価管理システムです。本記事では原価管理システムの概要をはじめ、導入のメリットとデメリット、選定時や導入時などに考えておきたいポイントをご紹介します。 原価管理システムの基礎知識原価管理システムのメリット、デメリット原価管理システムの導入と選定原価管理システムの基本的な運用方法原価管理シ […]

        thumbnail

          DX時代の「売上管理」とは? 管理項目とスムーズに行うポイント、主な管理方法

          売り上げ管理とは、記録・集計した日々の売り上げや関連する数値を総括的に管理し、最終的な売り上げ目標に対する進捗を確認するための業務です。売り上げ管理を通じて算出された経営状況を表す数値は、経営者のみならず営業やマーケティング部門の施策の効果を判断する重要な指標となります。本記事では、経営状態を適切に把握するための売り上げ管理の方法や必要な項目、スムーズに売り上げ管理を行うためのポイントについてご紹介します。 売上管理の基礎知識売上管理の主な方法売り上げ管理に使うシステムの選び方売上管理をスムーズに行うポイント売上管理の対象となる主な項目売上管理は効率のいいシステム導入で実現しよう 売上管理の基 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            freee会計

            製品をもっと見る