ITセレクト powered by 発注ナビ

無料で使える顧客管理システムおすすめ10選 有料ソフトとの違い、主な機能と選び方

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

高品質で効果的なサービス提供を実現するためには、顧客情報の一元管理が欠かせません。しかし、「かなりの初期費用がかかるのでは……」と懸念している企業も多いでしょう。実は、無料で始められる顧客管理ツールが存在します。無料版CRMを活用することで、コストを抑えつつ顧客情報の効率化が可能になり、営業活動のメリットを享受できるようになります。

本記事では、無料で利用可能な顧客管理システムのおすすめを紹介し、有料プランとの違いや、顧客管理ツールの主な機能と選び方についても触れます。CRMの導入を検討している人はぜひ参考にしてください。

顧客管理システムとは何か

CRM(Customer Relationship Management)とも呼ばれる顧客管理システムは、企業が顧客情報を効率的に管理し、営業力の向上や業務効率の改善を目指すためのツールです。顧客データの一元管理から分析、マーケティング戦略の策定に至るまで、幅広い機能を提供します。

「顧客管理システム」と「CRM」の違いは?

「顧客管理システム」と「CRM(Customer Relationship Management/顧客関係管理システム)」は、細かく分けると異なる概念で定義されることもあります。しかし昨今の一般的なIT製品、ITツールとしての目的、機能や解決できることは同様といえます。本記事では分かりやすく、「両者は同じもの」として解説していきます。

顧客管理システムの主な機能と利点

顧客管理システムは、顧客情報の収集、整理、分析を通じて、営業支援、営業効率の向上や顧客満足度の向上に寄与します。特に無料で始められる製品もあるクラウド型の顧客管理ツール、管理アプリは、初期費用を抑えつつ、以下のメリットを享受できます。

  • 顧客データの一元管理: 必要な情報に迅速にアクセスでき、営業活動やカスタマーサポートの品質を向上させる
  • 販売の最適化: 顧客のニーズに合った商品やサービスを提供し、営業効率の向上につながる
  • マーケティングの効率化: 顧客情報の活用により、より効果的なマーケティング戦略を立案できる

顧客管理システムで実現するビジネスメリット

顧客管理システムを導入することで得られるメリットをもう少し具体的に解説します。

  1. 顧客データの一元化と効率的なアクセス
  2. カスタマーエンゲージメントの向上
  3. 販売効率の最適化と新たなビジネス機会の発見

(1)顧客データの一元化と効率的なアクセス

CRM(顧客管理システム)を導入することで、顧客情報を1カ所に集約し、管理することができます。このような管理ツール、管理アプリは、顧客の名前、Eメール、購入履歴など、多岐にわたるデータを一元管理し、必要な情報に迅速にアクセスできるようにする機能を提供します。

例えば、営業担当者やセールスマネージャーが、いつでもどこでも顧客データにアクセスし、問い合わせに即座に対応できるようになります。これにより顧客満足度を向上させ、自社の業務効率も大きく改善されることが期待できます。

(2)販売の最適化とカスタマーエンゲージメントの向上

CRMツールの導入により、企業は顧客データの分析を効率的に行い、それぞれの顧客に最適なサービスや製品を提供することが可能になります。無料トライアルを提供するCRMアプリを利用することで、顧客の購入傾向や興味を深く把握し、パーソナライズされたマーケティング活動を展開できます。

これにより、見込み顧客とのエンゲージメントが向上し、販売機会を最大化します。クラウド型製品、無料版のある製品であれば初期費用を抑えつつ、営業効率とカスタマーサービスの質を高めることができます。

(3)販売効率の最適化と新たなビジネス機会の発見

CRMシステムで営業活動の効率化が実現されることで、新たなビジネスチャンスを見つけ出す可能性も高まります。クラウド型の管理ツールを利用することで顧客情報の共有が簡単になり、営業チームがより戦略的なアプローチを取ることができます。さらに、AI搭載の分析機能を持つCRM製品も増えています。AIの知見とともに顧客のニーズや市場の動向をより詳細に分析し、未開拓の市場や新商品の開発ポテンシャルを発見することも可能となるでしょう。これにより、企業は競争優位性を確立し、持続可能な成長を遂げることができます。

無料で始められる顧客管理システム 有料版との違い

無料で始められる顧客管理ツールは、特に小規模企業やスタートアップにとって、コストを抑えつつビジネスの成長をサポートする選択肢です。無料版では基本的な機能が利用可能であり、自社にCRMが合うかどうかを確認することもできます。一方、有料版では、高度なカスタマイズやデータ分析機能、セールスとの連携など、さらに高度な機能が提供されます。

なぜ無料なのか、どこまで無料で使えるのか

IT製品は原則として有料であることは念頭に置きつつ、「無料版」は個人事業主から小規模シーンでの導入に向け、または「選定・検討に向けたお試し/試用のため」に一定の条件とともに用意されます。

「一定の条件」とは、利用できる機能が基本的なものに限られる/利用できるユーザー数に制限がある/保存できるデータ数に制限がある/保存期間に制限がある/広告が表出するなどが挙げられます。

無料プランや無料トライアルでは、ユーザー数や機能に制限があったり、広告が入ることが一般的です。

その一方で、制限を理解した上でその範囲で使えると判断できるならば、あるいは無料トライアルで「無料の範囲で試験的にスモールスタート」し、システムの機能や効果を検証したいといったシーンに無料版は適しています。

有料版・有料プランとの違い

有料版、月額料金/年額料金が発生するの顧客管理システムは無料版に対して、ユーザー数の拡張、高度なデータカスタマイズ、レポート生成、自動化ツール、統合オプションといった「使える機能」や「利用範囲」がグッと増えることが一般的です。

具体的な例としては、高度な顧客データのカスタマイズ、レポート生成と自動化ツール、セグメンテーション機能、カスタマーサポート支援機能、統合/他ツールとの連携オプションなどが挙げられます。このほか、ユーザーサポート、セキュリティ/サービス品質保証(SLA)体制、ユーザートレーニングメニューといった項目に機能差が出てきます。

総じて、自社ビジネスの需要に沿ってカスタマイズする/製品を適合させていくための柔軟性も提供されることが多くなります。これらの機能を把握し、自社の需要とともに効率的に活用していくことで、さらに上の顧客管理と販売戦略の実行が可能となるでしょう。

無料で始められるおすすめCRM 10選

無料プラン、無料トライアルを用意するおすすめCRM製品を紹介します。(製品名 abcあいうえお順/2024年7月時点)

Bitrix24

特徴 チャット機能やビデオ通話、社内掲示板など、CRMだけでなくオンラインワークスペースとしても使えるシステム
無料版で使えるユーザー数 無制限
有料版の価格例 ・Basic:月額$61
・Standard:月額$124
・Professional:月額$249
・Enterprise:月額$499
無料版と有料版の違い ・オンラインストレージ容量が5GB
・ビデオ通話での画面共有や録画、背景ぼかしなどの機能が利用不可
・製品カタログ数や、自動化のルール数に制限がある
ベンダーのWebサイト https://www.bitrix24.jp/

 

F-RevoCRM(無料トライアルあり)

logo

統合型顧客管理システム「F-RevoCRM」

シンキングリード株式会社

4.3

6

  • 多様化、デジタル化する顧客接点に対応できる
  • 業務フェーズや担当部署にとらわれず顧客情報を一元管理できる
  • OSSがベースのためお客様のご要望に沿った柔軟な追加開発・改修も対応可能

製品詳細を見る

特徴
  • 多様化、デジタル化する顧客接点に対応できる
  • 業務フェーズや担当部署にとらわれず顧客情報を一元管理できる
  • OSSがベースのためお客様のご要望に沿った柔軟な追加開発・改修も対応可能
無料トライアル あり
有料版の価格例 ・F-RevoCRMCloud:月額20,000円から
・F-RevoCRMEnterprise:月額30,000円から

 

HubSpot

特徴 マーケティング、営業、カスタマーサービス、コンテンツ管理、オペレーションを一元管理できる多機能CRM
無料版で使えるユーザー数 制限ありの無料ユーザーは無制限
有料版の価格例 ・CRM Suite Starter:月額2160円(税抜)
・CRM Suite Professional:月額19万2000円(税抜)
無料版と有料版の違い ・レポートなど様々な機能が利用不可
・テクニカルサポートが不可
・Salesforceと連携不可
ベンダーのWebサイト https://www.hubspot.jp/

 

monday CRM(無料トライアルあり)

logo

monday CRM

サイバーコム株式会社

  • 営業のDX化を強力に支援(脱Excelを実現)
  • 販売前から販売後までひとつのプラットフォームで管理
  • 迅速なセットアップとシンプルな導入

製品詳細を見る

Pipedrive(無料トライアルあり)

logo

Pipedrive

株式会社Mer

  • 受賞歴のある圧倒的に使いやすいUI / UX
  • AIセールスアシスタント
  • ノーコードでカスタマイズ

製品詳細を見る

Salesforce Sales Cloud(無料トライアルあり)

logo

Salesforce Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ジャパン

3.8

414

  • データドリブンな営業組織へ。ビジネスのためのAIで営業活動をスピードアップ
  • 1つのプラットフォームで効率的な営業を実現。他部門との連携もスムーズに
  • 柔軟性・拡張性に優れ、各種ツールとの連携やカスタマイズも簡単に

製品詳細を見る

sonr(無料プランあり)

logo

コミュニケーションツール
「SONR」

マーケティングユニット株式会社

4.7

19

  • みんながつかえる!ディスカッションボード
  • 確認ボタンでタスク確認と情報共有がラクラク!
  • 低価格で提供可能なクラウド型コミュニケーションツール

製品詳細を見る

Zoho CRM

特徴 業種や規模を問わず使えるCRM、SFAシステム
無料版で使えるユーザー数 3ユーザー
有料版の価格例 ・スタンダード:1ユーザーごとに月額1680円(税抜)
・プロフェッショナル:1ユーザーごとに月額2760円(税抜)
・エンタープライズ:1ユーザーごとに4800円(税抜)
・アルティメット:1ユーザーごとに6240円(税抜)
無料版と有料版の違い ・売上予測機能や分析機能が利用不可
・マクロやプロセス管理など、効率化のための機能が利用不可
・サポートが利用不可
ベンダーのWebサイト https://www.zoho.com/jp/crm/

学会バンク(無料プランあり)

logo

学会バンク

マーカーネット株式会社

  • 学会最新情報の確認や個人情報の更新など、さまざまな機能を一元化したサービスです
  • 学会運用に必要な基本機能はすべて「無料」でご利用いただけるサービスです
  • 一つのアカウントでご所属の複数学会に簡単にアクセスできます

製品詳細を見る

ボイス治療院(無料トライアルあり)

logo

ボイス治療院

株式会社グルーパー

  • 声やカメラで入力するから、らくらくペーパーレス
  • 患者様マイページによりリピート来院につなげます
  • 柔軟なカスタマイズ!貴院の業務にシステムを合わせます

製品詳細を見る

顧客管理システム/CRMの選び方

  1. 自社のニーズに合った機能を確認
  2. データの取り扱いとセキュリティ
  3. 拡張性とカスタマイズ
  4. サポート体制

(1)自社のニーズに合った機能を確認

CRMにはさまざまな機能がありますが、すべての機能が自社にとって必要とは限りません。自社の営業プロセスや顧客管理の課題を洗い出し、最も重要な機能を優先的に確認しましょう。

(2)データの取り扱いとセキュリティ

顧客情報は企業にとって非常に重要な資産です。クラウド型のCRMを選択する際には、データのセキュリティ対策やバックアップ体制が整っているかを確認することが重要です。

(3)拡張性とカスタマイズ

ビジネスの成長や変化に合わせて、CRMシステムも進化させる必要があります。将来的に追加可能な機能やカスタマイズの容易さも選択のポイントになります。

(4)サポート体制

トラブルが発生した際や機能に関する質問がある場合、迅速かつ的確なサポートを受けられるかも重要な検討ポイントです。

CRMの導入は、顧客情報の一元管理と活用を通じて、営業効率の向上や顧客満足度の向上を実現するための重要なステップです。無料で始められるCRMも多く存在し、初期費用を抑えつつ、ビジネスに必要な基本的な機能を試すことができます。そして、企業が成長し、より複雑なニーズが生まれた際には、有料版への移行を検討することでさらに高度な機能やサポートを得られます。

自社に最適なCRMを選択し、顧客管理の効率化と営業活動の強化を実現していきましょう。もし選択に迷う場合は、IT製品・サービスの専門スタッフに相談するのも手段の1つです。正しいCRMの選定は、ビジネス成功への重要な一歩となります。

何から検討すればいいのか分からない、誰に相談したらよいのか分からない……

ITセレクトのコンシェルジュにぜひ相談ください! 貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリの製品をご紹介します。

⇒簡単入力で無料相談する

顧客管理システム/CRM導入後のフォローアップ

CRMを導入した後も、その効果を最大化するためには、定期的な評価と改善が必要です。以下に、CRM導入後に行うべきフォローアップのポイントをいくつか紹介します。

  1. ユーザートレーニングの実施:
  2. データの定期的なクリーニング
  3. 機能の見直しと拡張
  4. フィードバックの収集と反映:

ユーザートレーニングの実施

社内のCRM利用者に対して、適切なトレーニングを行い、CRMの機能を最大限に活用できるようにします。

データの定期的なクリーニング

CRM内の顧客データは定期的に見直しを行い、古い情報の更新や不要なデータの削除を行いましょう。これにより、データの品質を保ち、正確な分析が可能になります。

機能の見直しと拡張

ビジネスの成長や変化に伴い、新たなニーズが生まれることがあります。必要に応じてCRMの機能の見直しや拡張を行い、常に最適な状態を保ちましょう。

フィードバックの収集と反映

CRMを利用するユーザーや顧客からのフィードバックを収集し、システムの改善に活かすことが重要です。ユーザーエクスペリエンスの向上に努めましょう。

顧客管理システムは継続的な深化見据えて計画を 無料版から始めるのも成功への第一歩 

顧客管理システム/CRMの導入と運用は、一度きりの作業ではなく、継続的な努力が求められます。これらの努力により、顧客との関係を深め、企業の成長をより加速させることができます。この上で、まず無料版で「どう使えそうか」「自社に合うシステムなのかどうか」を試してみることは、導入計画を進めていく上で大きな一歩になります。本記事がCRMの選定から導入、そして運用に至るまでの参考情報となり、あなたのビジネスにおける成功への一助となれば幸いです。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトのコンシェルジュサービスまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービスのご紹介や各種資料をご提供します。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

【2024年度版】クラウドCRMのおすすめ製品18選|主な機能と導入メリット、失敗しない選び方を徹底解説

「顧客管理」に頭を悩ませることはありませんか? もしかして「毎日」かもしれません。そんな人に向け、この記事では「CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)」の基本から、現在主流のクラウド型CRMのメリット、おすすめの製品、そして選定のポイントまでを詳しく紹介します。個人事業主から中小規模企業も含めて、あなたの会社とビジネスに適するCRMを見つけるための一助となれば幸いです。では、早速解説していきましょう。 クラウドCRMの基礎知識クラウド型CRMのメリットおすすめのクラウドCRM 6選併せて比較 SFA機能も含むCRM 13選クラウドCRM選定に向 […]

thumbnail

    CRMアプリとは? 導入メリットと顧客管理の注意点、業界別の特徴と選び方|おすすめCRM 15選(無料版あり)

    ビジネスの世界で競争が激化する中、顧客関係管理(CRM)は重要な存在になっています。顧客管理を行い、コミュニケーションの効率化をサポートするCRMアプリは、顧客との関係性を高め、ビジネス成長を図るために欠かせないIT製品として多くの企業が導入を進めています。しかし、数あるCRMアプリの中から自社に合ったサービスを選ぶこともまた簡単ではありません。 本記事では、CRMアプリの基本知識から導入メリット、業界別の特徴と選び方までを網羅的に解説し、ビジネスに最適なCRMアプリの選定をサポートします。 CRMアプリの基礎知識CRMアプリの導入メリットCRMアプリ(顧客管理システム)のタイプと特徴業界別お […]

    thumbnail

      無料で使えるCRMツール11選|顧客管理の基礎と導入メリット、簡単な選び方、無料vs.有料を詳しく解説

      顧客管理を効率的に行っていくためのIT製品が「CRM(顧客関係管理)」です。顧客情報の一元管理やタスクの自動化、コミュニケーション履歴の記録など、CRMツールはビジネスプロセスを円滑にし、生産性を向上させます。無料で提供されるこれらのツールは、中小企業や個人事業主にも手軽に導入でき、即効性があります。 ツールの特徴や利点、使いやすさに焦点を当て、どのCRMツールがあなたのビジネスに最適かを明らかにします。顧客との信頼関係を構築し、業績を伸ばすために、無料で手に入るこれらのCRMツールを活用して、ビジネスの成果を最大化しましょう。 CRMとは何か無料で始められるCRM 無料で始められるおすすめC […]

      thumbnail

        CRMツールの主な機能と選定ポイント|タイプ別おすすめ製品24選

        近年、IT化を推進する企業は増加しており、それに伴って顧客管理システムであるCRMツールを導入する企業も増えています。CRMツールを導入することによって、効率的にマーケティングを行うことが可能となるため、導入を検討している方も多いのではないでしょうか。しかし、自社に適したCRMツールの選定に頭を悩ませている企業担当者の方もいらっしゃるでしょう。 本記事では、CRMの基礎知識や主な機能、選び方などについて徹底解説します。併せて、おすすめのCRMツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 \ITセレクトおすすめCRM製品の資料を一括ダウンロード(無料)/ まとめて資料請求する CRMツール […]

        thumbnail

          CRMのシェア率と市場規模 CRM導入のビジネスメリットとツール選びのポイント

          CRM(Customer Relationship Management)は、自社と顧客の良好な関係を維持・構築するために昨今多くの企業が導入するIT製品です。 本記事では、CRMの市場規模とシェア率から「なぜ多くの企業が導入を進めているのか。どんな製品を撰んでいるのか」を確認し、この上でCRMのビジネスメリットと選定ポイントを解説していきます。あなたの会社とビジネスに適するCRMを見つけるための一助となれば幸いです。 何から検討すればいいのか分からない、誰に相談したらよいのか分からない…… ITセレクトのコンシェルジュにぜひ相談ください! 貴社の課題・目的・予算に合わせてピッタリの製品をご紹 […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            GENIEE MA
            いえらぶCLOUD
            クラウドERP ZAC
            monday  CRM

            製品をもっと見る