ITセレクト powered by 発注ナビ

中小企業向け CRMを導入するメリットとおすすめ製品3選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

CRMとは企業の顧客情報を管理・分析し、顧客との良好な関係性構築経営戦略立案をするためのツールです。名称はCustomer Relationship Managementの頭文字で、日本語では顧客関係管理と訳されます。

受注からその後まで、顧客とコミュニケーションを取ったことをすべて「データ」として集約し、蓄積することで、行動分析、マーケティング活動、カスタマーサポートなどまで活用できるようになります。中小企業が抱える顧客管理に関する問題解決の助けとなるでしょう。今回は中小企業がCRMを導入するメリットと、おすすめの製品3選をご紹介します。

顧客管理をまだアナログで行う中小企業にありがちな課題

業務の進め方やルールが、旧来からの手法や、ある担当者単位の経験やコツ、勘、慣習といった要素に強く左右されることがあります。企業は大切な歴史や独特の習慣などは大切にすべきながら、特定の従業員しか対応できない「属人化」した業務体制はできるだけ解消していくことが求められます。

しかし「顧客管理」においても、紙の帳簿やMicrosoft Excelなどを用いる旧来からのやり方から脱却できず、アナログ的手法ならではの課題が残り続ける企業は少なくありません。これにはどんな弊害があるのでしょうか。

(1)アナログ手法は「データの断片化、不整合が起こりやすい」

かつては顧客情報管理の主流であったMicrosoft Excelなどの表計算オフィスソフトウェアを用いた管理方法は、利用のハードルこそ低いですが、規模や顧客数が増えるに従い課題が増えていき、今や「弊害」「障害」の原因になる管理方法になりつつあります。顧客データが個人個人、個々のファイルやシートで特にルール化されず分散管理してあれば、ファイル間の連携にトラブルが起きやすく、データの整合性が取りにくく、何より「使えない/使われない」情報としてたまり続けます。

またExcelは、バージョンアップによって使える機能や数式に差異が出ます。同じExcelファイルだとしても、データエラーの発生や連携不可といった問題が起きることがあり、「永続的に使えるかどうか」と「セキュリティ体制」の観点でも不安が残ると言われます。

もう1つ、アナログ的手法は「使用者に依存」し、部内に独自ルールが生まれがちです。一部の担当者だけが分かるようなフローや、独特な価値観に基づいたルールが定着してしまうと、それを脱却しにくい「業務の属人化」に陥ります。この脱却を課題に据える管理者、経営者は多いはずです。

 

(2)アナログ手法は「機能が限られ、効率化しにくい」

これまでのアナログ的手法は、最新のデジタルツールに比べると、管理機能は「ベース機能を作る人」の能力に依存します。例えば、集計の自動化、リマインダー、分析、情報共有機能、最新のデジタルツールに備えるような「効率的なマーケティング活動支援機能」や「自動化した売り上げ追跡機能」のような機能をExcelで作るとなるとどうでしょう。それができるスーパーパーソンが社内にいれば別ですが、大抵は顧客情報をリスト化するくらいに留まるのではないでしょうか。

 

(3)アナログ手法は「セキュリティとデータ損失のリスクがある」

Excelファイルは、「ないよりはマシだが……程度」と語られるパスワード保護機能、マクロ機能にはウイルスやマルウェアに感染しやすい傾向、そして多くのオフィスユーザーが使うので「狙われやすい」ことがリスクとして挙がります。

また、単に共有フォルダへ格納されているだけでは、ファイルの削除やデータの上書きなど、人的ミスで貴重な顧客データを失うリスクもあります。そうした人的なミスは取り返しがつかないケースが多いため、従業員がデータを取り扱う際にプレッシャーを感じることにもつながります。

これらのリスクを鑑み、顧客情報管理の効率化と安全性向上のためにCRMシステムの導入や顧客データのデータベース化が望まれます。デジタルツールを活用できるようになれば、大量にある顧客データの統合、高度なデータ分析、作業自動化、セキュリティ性向上といった恩恵を受けられるようになり、業務プロセスの最適化と効率化が望めるでしょう。

 

中小企業がCRMを導入するメリットと注意点

デジタルツールを使用した顧客情報管理は、決して大企業だけの特権ではありません。中小企業だからこそ、CRMを導入することで大きな恩恵を受けられる利点もあります。もちろん、ツールの導入にはいくつかの注意もあります。CRMの導入が自社にとって本当にメリットがあるか、効果を出せるか、この記事を機会にじっくり検討していきましょう。

CRMを導入する主なメリット

CRMの導入には、主に以下のようなメリットがあります。

 

  • 顧客関係の強化
  • 効率の向上
  • データ分析と戦略の改善

顧客関係の強化

CRMはデジタル化した顧客データの一元管理が可能です。それぞれの顧客に対する対応履歴を蓄積し、顧客ごとに最適な形にカスタマイズしたサービスを提供できます。これにより顧客のロイヤリティが向上し、良質なリピーターを獲得しやすくなります。

 

効率の向上

CRMは顧客データの管理、分析、レポート作成といった業務プロセスの自動化が可能です。従来業務に必要だった人的コストを削減しつつ、一定のタイミングに必要なデータを揃えられるため、カスタマーサポートやマーケティング、営業といった各部門が必要なデータにアクセスしやすくなり、それぞれの課題を解決するためにデータを活用できます。

 

データ分析と戦略の改善

CRMは大量に収集した顧客データを管理・分析する機能があります。多角的なユーザーデータの分析結果から、新たな営業戦略やマーケティング戦略の立案が可能となるでしょう。中小企業の弱みともいえるデータの活用が容易となり、データドリブン型の意思決定による企業競争力の向上が期待できます。

 

CRMを導入する際の主な注意点

CRMを有効活用すれば多大なるメリットがある一方、導入する際には注意しなければならないポイントもあります。自社にとって想定されるリスクを理解したうえで導入を検討しましょう。

コストと予算

CRMの導入には一定の費用がかかるだけでなく、利用中にはランニングコストが発生し続けます。システムのライセンス料やカスタマイズ費用、トレーニング費用など、企業の規模によってはコストの負担が経営を圧迫する要因になりかねません。多額のコスト投入に見合った成果が期待できるのか十分に検討し、導入のための現実的な予算を組む必要があります。

 

データの品質とセキュリティ

CRMの導入を成果に繋げるためには、高品質なデータを扱う必要があります。誤ったデータや重複するデータが含まれてしまうと、システムの信頼性を損なうおそれがあります。

また、顧客データというデリケートなデータを扱うシステムであるため、セキュリティには十分に配慮する必要があります。導入したシステムを監視し、適切なセキュリティ強度を担保できるスタッフの雇用や、外部委託するコストの確保も検討課題です。

 

ユーザートレーニング

CRMを効果的に使用するためには、操作する従業員がスキルと知識を習得することが重要であり、そのためには適切なトレーニングプログラムの実施が必要となります。トレーニング委託先や社内体制、トレーニングを受けるメンバーの選定をどうするか、十分に検討しましょう。

 

中小企業がCRMを選ぶ際のポイント

導入のコストに限りがある中小企業は、導入・運用に大きなコストがかかるCRMの選択は慎重になります。導入を検討する際には、CRMを選ぶポイントを押さえ、少ないコストで自社に適切なシステムを導入しましょう。

 

  1. 自社の業務形態と合っているか
  2. 導入後のカスタマイズは可能か
  3. サポート体制は整っているか
  4. 無料トライアル期間があるか

自社の業務形態と合っているか

CRMを選ぶ際には、自社が強化したい要件に適した機能を持った製品を選ぶことが重要です。セールスとマーケティングの要件、カスタマーサポートの要件、データ分析とレポートの要件など、必要な要件に強みを持ったツールを選択しましょう。

 

導入後のカスタマイズは可能か

成長過程にある中小企業では、導入したIT製品の機能が企業規模の拡大や事業活動の変化に追い付かず、適合しなくなる現象がよく発生します。CRMも例外ではなく、事業拡大などに応じてこれまで十分だったはずの機能が不足することもあり得ます。こうした変化を伴うカスタマイズに対応している/対応してくれる製品であるかどうかも重要になります。

導入時点でちょうどいい機能を備えつつ、将来のカスタマイズ余地も見越した製品は、長く使用できる費用対効果の高いツールとして重宝するでしょう。

 

サポート体制は整っているか

CRMはITシステムである以上、予期せぬ不具合が発生する可能性があります。またユーザー側の使い方の問題で事故が起きる場合もあります。こうしたトラブル発生時に受けられるサポート内容も勘案した製品選び/プラン選びも重要なポイントになります。

なお、高度なサポートプランを月額費用とは別にオプションなどとして設定することも多いです。負担できるコストと受けたいサポートのバランスを見ながら検討しましょう。

 

無料トライアル期間があるか

公式サイトなどで製品情報を比較し、「情報」として要件に合うような製品がみつかった、実際に使ってみるまでは使い勝手は分かりません。欲しい機能は「仕様」としてはあるけれど操作しにくいなど、イメージと大きく異なる場合があります。「無料トライアル」を用意する製品であれば、まず積極的に利用しましょう。逆に、優先度が低かったツールが使いやすかったといった発見もあります。複数のツールを無料トライアルで試用しながら製品候補を絞っていくとよいでしょう。

 

中小企業におすすめ 無料プラン、あるいは無料トライアルのあるCRM 6選

ここでは、初めてCRMを導入する中小企業におすすめの、無料プラン、あるいは無料トライアルを用意する製品をご紹介します。

 

F-RevoCRM

logo

統合型顧客管理システム「F-RevoCRM」

シンキングリード株式会社

4.3

6

  • 多様化、デジタル化する顧客接点に対応できる
  • 業務フェーズや担当部署にとらわれず顧客情報を一元管理できる
  • OSSがベースのためお客様のご要望に沿った柔軟な追加開発・改修も対応可能

製品詳細を見る

GENIEE SFA/CRM

logo

GENIEE SFA/CRM

株式会社ジーニー

3.6

50

  • 低価格で誰でも簡単使えるUIと高い拡張性
  • 導入支援~運用後も手厚いサポート対応
  • 「最先端のAI」 を活用した営業支援

製品詳細を見る

SONR

logo

コミュニケーションツール
「SONR」

マーケティングユニット株式会社

4.7

19

  • みんながつかえる!ディスカッションボード
  • 確認ボタンでタスク確認と情報共有がラクラク!
  • 低価格で提供可能なクラウド型コミュニケーションツール

製品詳細を見る

 

HubSpot CRM

初期費用 36万円【Professional】
72万円【Enterprise】
有料プランの月額費用 2399円【Starter】

10万6800円【Professional】

43万2000円【Enterprise】

主な機能 ・顧客情報管理

・Eメールトラッキング・マーケティング

・ウェブチャット

・フォームの自動化

・分析機能

システムの特徴 ・無料から大企業向けEnterpriseプランまで、事業規模に応じたプランが豊富

・無料プランの利用人数制限なし

無料プラン / トライアル 無料プランあり
ポイント HubSpot CRMは完全無料プランを持つCRMです。無料プランでも一通りの基本機能を利用でき、有料プランでは人数や回数制限の解放やツール上のロゴ削除が可能です。無料を含む4つのプランがあり、事業規模の拡大に応じてツール単位でプランを引き上げることができます。
ベンダーのWebサイト https://www.hubspot.jp/products/crm

 

monday sales CRM

初期費用 なし
有料プランの月額費用 1300円 / 1ユーザー【ベーシックCRM】

1700円 / 1ユーザー【スタンダードCRM】

3300円 / 1ユーザー【プロCRM】

要問い合わせ【エンタープライズCRM】

主な機能 ・ダッシュボード

・販売予測

・アクティビティ追跡

・データ統合

・連絡先管理

・リード管理

システムの特徴 ・基本的なCRM機能に加え、リード管理などのSFA機能も利用可

・直感的にカスタマイズ可能

・リアルタイム追跡とレポーティングで迅速な可視化

・mondayのプロジェクト管理「monday work management」、開発管理「monday Dev」と連携しオールインワンの業務管理も可能

無料プラン / トライアル 無料プランあり
ポイント monday sales CRMは直感的なUIでスムーズな操作が可能なCRMツールです。基本的なCRM機能に加え、リード管理などSFA機能も含まれています。mondeyのツールと連携すれば、タスクからプロジェクトまで、オールインワンの業務管理が可能です。
ベンダーのWebサイト https://monday.com/lang/ja/use-cases/sales-crm

 

Insightly

初期費用 なし
月額費用 29ドル / 1ユーザー【Plus】

49ドル / 1ユーザー【Professional】

99ドル / 1ユーザー【Enterprise】

主な機能 ・顧客管理

・コンタクト管理

・マイルストーン管理

・プロジェクト管理

・Eメールマーケティング

システムの特徴 ・閲覧データを自由に選べるダッシュボードカスタマイズ

・マーケティング・アプリコネクト・サービスツールと連携し顧客情報を多角的に管理

無料プラン / トライアル あり ※期間制限なし ※2ユーザーまで
ポイント Insightlyは世界中で2万5000社以上に導入実績があるとするCRMツールです。過去の商談やコミュニケーション、社内メンバーとのつながりなどをマッピング化した状態で確認できるため、顧客情報を視覚的にわかりやすく管理できます。CRM機能だけではなく、カスタマージャーニーの視覚化など、SFAの役割も兼ね備えています。
ベンダーのWebサイト https://www.insightly.com/

 

CRMは自社の課題と成長性を加味して選択しよう

業務効率のアップが課題である中小企業にとって、CRMの導入はビジネスを大きく加速させるきっかけとなり得ます。CRMを選ぶポイントは、自社が抱える課題の解決につながる機能の有無だけでなく、ビジネスが成長しても使い続けられる拡張性と柔軟性が重要です。無料版や無料トライアルで使い勝手を試し、自社にあったCRMを選択しましょう。

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
コミュニケーションツール
「SONR」
SONRは業種・業界問わず中小企業で幅広く利用いただいている社内情報コミュニケーションツールです。
従業員同士の情報共有を簡単・シンプルを実現し業務の効率化をはじめ、共同作業・コミュニケーションの活性化が可能です。

・みんなが使えるディスカッションボード
SONRはテーマや話題ごとにディスカッションできます。
チャットツールにありがちな複数の話題でタイムラインが混乱するようなことがありません。

・確認ボタンでタスク確認と情報共有がラクラク!
SONRはコミュニケーションとタスク管理を同時にできるコミュニケーションツールです。
それぞれのメッセージにある確認ボタンで、終わった仕事を完了させます。

・低価格で提供可能
SONRは1組織3名まで「無料」で利用できます。
より多くの人で利用できる有料プランについても300名まで月額20,000円(税抜)で提供可能。

・取引先など、組織外のSONR利用者とコミュニケーションや情報共有が可能
これにより双方での情報共有が可能となり
住所や電話番号、社員情報など、取引先の情報を登録、管理する事ができます。
2
Ecrea
Ecreaは初めてSFA/CRMを導入する企業にとってピッタリなツールです。

◯「機能が選べる、だから安い」
Ecreaは機能を選べるコーディネート型SFAです。企業の営業課題を解決するために必要な機能のみを選んで導入することが可能です。
費用はもちろん選んだ機能の分だけです。(最小機能ならば月額1,000円からご利用可能)

◯「経験豊富なアドバイザーによる手厚いサポート」
Ecreaご利用企業をサポートするアドバイザーはいずれもサポート実績200社超のスタッフです。
企業が抱える課題とITリテラシーに応じて、導入ステップとご利用方法をご提案いたします。

◯「幅広い拡張性」
顧客情報や案件情報、活動情報という基本的なSFA機能はもちろんのこと、メルマガを使った顧客育成、営業パーソン専用MA、オリジナルダッシュボードの作成など営業課題に応じて幅広い活用が可能です。
3
Kairos3 Sales
トップセールスに頼らない、営業組織に必要な仕組みを「Kairos3 Sales」で実現できます。

マーケティングオートメーションツール「Kairos3 Marketing」と連携して活用すれば、見込み客の獲得から受注までを管理できます。
売上を伸ばすために必要な業務を、デジタルの力で仕組み化します。


1. マーケティングから営業までを一貫支援し、
 トップセールスに頼らない営業組織を実現

「Kairos3 Marketing」と「Kairos3 Sales」を、開発不要で連携できます。
マーケティング活動で見込みが高い顧客を見つけ出すことで、トップセールスに頼らない営業組織をつくれます。


2. 初心者・経験者どちらのニーズも叶える機能設計
ITツールの利用がはじめての人でも安心して使いこなせるように設計しています。
オプション機能を追加することで、あらゆるマーケティング・営業活動にも対応します。


3. 2,000件の支援実績にもとづくサポート体制
創業から10年にわたり、2,000件のお客さまを支援してきました。
初期設定から施策運用のご相談まで、お客さまの成果を後押しするサポートサービスを揃えています。

DWHとは? 情報の一元化で全体企業力を上げる統合データ基盤|併用で相乗効果が期待できるIT製品も紹介

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「DHW(Data Ware House/データウェアハウス)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する DHWの基礎 […]

thumbnail

    CDPとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、CRMとの違い|業績向上に寄与するおすすめIT製品

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「CDP(Customer Data Platform)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する CDPの基礎知識C […]

    thumbnail

      「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

      今まではどの顧客にも同じ手法でアプローチしていく画一的な営業方法が一般的でしたが、市場の成熟化に伴い、それぞれの顧客に合わせて適切な営業活動を行うことの重要性が高まっています。 本記事では、顧客管理を的確に行うことで得られるメリットと必要なツール、顧客管理で失敗しないためのコツについて紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 顧客管理についての基礎知識営業の顧客管理で必要な項目顧客管理を行う際の主なツール顧客管理で失敗しないための […]

      thumbnail

        CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法

        顧客情報の管理を効率化するたにCRMを導入する企業が増えています。CRMに蓄積したデータを分析し、活用することによって、企業と顧客の信頼関係の構築や売り上げの向上につながります。そして、顧客のニーズを把握し、効果的な戦略を立案し、成果を出していくには「CRM分析」の活用も欠かせません。今回は、CRM分析の基礎知識とともに、主な手法と効果的に行うためのポイントを解説します。 CRM分析の基礎知識CRM分析の主な手法CRM分析を効果的に行うためのポイントCRM分析を活用して、自社の売上拡大を目指そう CRM分析の基礎知識 CRM分析を活用するためには、CRM分析について理解することが大切です。ここ […]

        thumbnail

          顧客管理システムとは? 導入メリット・注意点、選定ポイントとおすすめ製品9選

          「営業フローが属人化しがちで困っている」「Excelでの顧客情報管理に限界を感じている」「顧客情報を有効活用して、効率化できないかな」。そんな課題を抱える企業は多いはずです。顧客管理システム/CRMは、自社が顧客と良い関係を築き、維持、発展していくことを目的とするIT製品です。 本記事では、顧客管理システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する顧客管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 顧客管理システムの基礎知識なぜ顧客管理が重要なのか? 顧客管理システムがビジネスに与える影響顧客管理システム/CRM 製品選定の […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る