ITセレクト powered by 発注ナビ

CRMアプリとは? 導入メリットと注意点、おすすめCRM 5選

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

ビジネスの世界で競争が激化する中、顧客関係管理(CRM)は重要な存在になっています。顧客情報を管理し、コミュニケーションの効率化をサポートするCRM製品は、顧客満足度の向上に欠かせません。しかし、数あるCRMの中から自社に合ったサービスを選ぶことは簡単ではありません。

本記事では、CRMの基礎知識から、導入する際のメリットと注意点、そして評価の高いおすすめのCRM製品まで紹介します。

 

CRMの基礎知識

まずは、CRMに関する基礎的な内容を紹介します。

CRMとは?

CRMは、顧客関係管理(Customer Relationship Management)を目的としたIT製品です。

顧客との関係を強化し、コミュニケーションを最適化するために顧客情報を収集、分析し、より効果的な顧客対応をサポートします。

本記事では、スマートフォンアプリ/マルチデバイス対応とともに業務の効率化や成果創出を図れるCRMをご紹介します。

 

CRMの主な種類

CRMには様々な種類があります。以下に、CRMで行える代表的な機能の種類をご紹介します。

 

機能種類 機能の詳細
顧客データ管理 顧客の基本情報や履歴、取引履歴などを一元管理するツール
営業支援 営業活動をトラッキングし、セールスパイプラインを視覚化する機能など
マーケティング自動化 マーケティングキャンペーンの計画、実行、追跡などを支援する
顧客サービス支援 顧客の問い合わせやサポートリクエストを効果的に管理するための機能
分析とレポート データ分析や報告を通じてビジネスのパフォーマンスを理解し、意思決定をサポートする

 

CRMを導入するメリットと注意点

CRMを導入することは、企業や管理者、従業員にメリットがあります。

しかしその一方で、注意しなければならない点もあります。

ここからは、CRMを導入するメリットと注意点について説明します。

 

CRMを導入するメリット

 

  • 顧客情報を中央管理できる
  • 営業プロセスを最適化できる
  • 営業活動を緻密にパーソナライズ化できる

●顧客情報を中央管理できる

CRMを導入することで、顧客の連絡先情報、購買履歴、対応履歴などの情報を一元管理できます。

これにより、異なる部門や担当者が同じ情報を共有し、顧客へのアプローチ力の最大化と「活動の見える化」を実現できます。

 

●営業プロセスを最適化できる

営業プロセスを管理・トラッキングし、営業活動の効率化も期待できます。

例えば、リードの追跡、見込み客の管理、営業担当者の活動の透明性が向上し、効果的な営業戦略を構築できます。

 

●営業活動を緻密にパーソナライズ化できる

CRMの活用により、顧客個別の行動履歴や好みに基づいてパーソナライズ化したマーケティング活動を実施できるようになります。

ターゲットを絞り込んでメッセージを配信し、顧客の関与を高めるといった戦略をとれます。

専門スタッフに相談する

CRMを導入する際の注意点

CRMを導入しても、従業員が操作に慣れるまで時間がかかる場合や、多機能すぎて機能を使いこなせないケースがあります。

導入目的に沿って、操作方法や機能を比較検討することが重要です。

その他にも、注意する点はいくつかあります。

 

・データのセキュリティとプライバシー保護

CRMには機密性の高い顧客情報が含まれるため、データのセキュリティ対策が重要です。

アクセス制御、データの暗号化、定期的なセキュリティ評価などを導入し、情報漏洩を防ぐ必要があります。

 

・ユーザーのトレーニングと適切な導入

CRMの効果的な利用には、従業員への十分なトレーニングが必要です。

また、システムの適切な導入プロセスを確保し、急な変更に組織が適応できるような管理が必要です。

 

・システムの柔軟性とカスタマイズ

企業ごとの異なるニーズやプロセスに対応するため、CRMは柔軟にカスタマイズ可能であることが望まれます。

あまりにも堅苦しいシステムは適用が難しくなり、ビジネスの変化に適応できない可能性があります。

適切なカスタマイズオプションを検討し、ビジネスの成長に対応できるようにすることが重要です。

 

CRM製品を選ぶポイント

効果的なCRMを選ぶためには、企業のニーズや目標を理解し、機能性、使いやすさ、コストなど複数の要素を検討する必要があります。

ここから、最適なCRMを選択するための重要なポイントを説明します。

 

  1. 適用性とカスタマイズ性
  2. 使いやすさとトレーニング体制
  3. 拡張性と統合性

(1)適用性とカスタマイズ性

CRM製品を選ぶ際、まず最も重要なのは選んだ製品が企業のビジネスニーズに合致していることです。

業種や規模が異なると要件も変わってくるため、特定の業界やビジネスプロセスに適した機能を持っているか確認することが望ましいです。

また、どこまで柔軟にカスタマイズできるかも確認しましょう。

企業独自のプロセスやワークフローに合わせて柔軟にカスタマイズできることは、システムの適用範囲の拡大や、長期的な利用において重要です。

 

(2)使いやすさとトレーニング体制

インタフェースが直感的で使いやすいことは、従業員が迅速にデータを入力し、必要な情報を把握するために不可欠です。

使いやすいインタフェースは生産性の向上に直結します。

また、CRMを効果的に利用するためには、従業員へのトレーニングが必要です。

トレーニング資料やサポート体制を提供しているかどうかを確認し、導入後のサポートが充実しているサービスを検討しましょう。

 

(3)拡張性と統合性

ビジネスの拡張や成長に対応できるかどうかは、企業の将来にとって非常に重要です。

始めに、新しいユーザーや機能の追加が容易であるかどうかを確認しておきましょう。

また、自社で使っている他のビジネスアプリケーションやツールとの統合がスムーズに行えるかどうかもポイントになります。

例えば、電子メール、カレンダー、会計ソフトウェアなどとの連携が円滑であれば、業務全体のシームレスな運用が期待できます。

 

おすすめCRM 5選

Salesforce Sales Cloud

製品概要、特徴 信頼性の高いセールス向けの予測AIと生成AIを使って、営業効率を高められるCRM/SFA
対応業種 営業担当者向け
初期費用 0円から
月額費用 ・Starter:月3000円(税抜)/ユーザー
その他料金プラン ・Professional:月9600円(税抜)/ユーザー
・Enterprise:月1万9800円(税抜)/ユーザー
・Unlimited:月3万9600円(税抜)/ユーザー
・Unlimited+:月6万円(税抜)/ユーザー
無料トライアル期間 30日間
スマホ対応
ベンダーのWebサイト https://www.salesforce.com/jp/products/sales-cloud/

 

kintone

製品概要、特徴 プログラミングの知識なし/ノーコードで業務のシステム化や効率化を実現するアプリを自身でつくれるクラウドサービス
対応業種 営業担当者向け
初期費用 0円から
月額費用 ・ライトコース:月780円(税抜)/ユーザー
(5ユーザーから契約可能)
その他料金プラン ・スタンダードコース:月1500円(税抜)/ユーザー
無料トライアル期間 30日間
スマホ対応
ベンダーのWebサイト https://kintone.cybozu.co.jp/

 

coorum

製品概要、特徴 ロイヤル顧客の育成、蓄積、分析で顧客起点のマーケティングを支援するロイヤル顧客プラットフォーム
対応業種 営業担当者向け
初期費用 要問い合わせ
月額費用 ・ライトプラン:要問い合わせ
その他料金プラン ・スタンダードプラン:要問い合わせ
・エンタープライズプラン:要問い合わせ
無料トライアル期間 公式サイトから無料デモの申し込みが可能
スマホ対応 〇(作成したコミュニティのアプリ作成が可能)
ベンダーのWebサイト https://coorum.jp/

 

GMOおみせアプリ

製品概要、特徴 ポイントカードや会員証のアプリ化が可能なアプリ制作サービス
対応業種 ECサイト向け
初期費用 要問い合わせ
月額費用 ・Lightプラン(3店舗まで):月2万2000円(税込)〜
その他料金プラン ・Standardプラン(9店舗まで):月5万5000円(税込)
・Enterpriseプラン(無制限):要お見積もり
無料トライアル期間 なし(無料導入相談、デモンストレーションが可能)
スマホ対応
ベンダーのWebサイト https://gmo-app.jp/

 

トレタ予約台帳

製品概要、特徴 20以上のグルメサイト、10以上のPOSとシステム連携可能な飲食店、レストラン向けの予約管理システム
対応業種 飲食店向け
初期費用 要問い合わせ
月額費用 要問い合わせ
その他料金プラン 要問い合わせ
無料トライアル期間 なし
スマホ対応
ベンダーのWebサイト https://toreta.in/toreta-daicho/

 

CRMアプリで顧客満足度の向上を実現しましょう

適切なCRMアプリを導入することで、顧客満足度の向上が期待できます。しかし、様々なCRMアプリの中から自社に最適なものを選ぶことは簡単ではありません。

ビジネスニーズの理解、使いやすさ、カスタマイズ性、拡張性を考慮する必要があります。これらをバランスよく検討し、自社の目指すビジネス目標と合致するCRMアプリを選ぶことが重要です。

自社に合うIT製品・サービスが分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
コミュニケーションツール
「SONR」
SONRは業種・業界問わず中小企業で幅広く利用いただいている社内情報コミュニケーションツールです。
従業員同士の情報共有を簡単・シンプルを実現し業務の効率化をはじめ、共同作業・コミュニケーションの活性化が可能です。

・みんなが使えるディスカッションボード
SONRはテーマや話題ごとにディスカッションできます。
チャットツールにありがちな複数の話題でタイムラインが混乱するようなことがありません。

・確認ボタンでタスク確認と情報共有がラクラク!
SONRはコミュニケーションとタスク管理を同時にできるコミュニケーションツールです。
それぞれのメッセージにある確認ボタンで、終わった仕事を完了させます。

・低価格で提供可能
SONRは1組織3名まで「無料」で利用できます。
より多くの人で利用できる有料プランについても300名まで月額20,000円(税抜)で提供可能。

・取引先など、組織外のSONR利用者とコミュニケーションや情報共有が可能
これにより双方での情報共有が可能となり
住所や電話番号、社員情報など、取引先の情報を登録、管理する事ができます。
2
Ecrea
Ecreaは初めてSFA/CRMを導入する企業にとってピッタリなツールです。

◯「機能が選べる、だから安い」
Ecreaは機能を選べるコーディネート型SFAです。企業の営業課題を解決するために必要な機能のみを選んで導入することが可能です。
費用はもちろん選んだ機能の分だけです。(最小機能ならば月額1,000円からご利用可能)

◯「経験豊富なアドバイザーによる手厚いサポート」
Ecreaご利用企業をサポートするアドバイザーはいずれもサポート実績200社超のスタッフです。
企業が抱える課題とITリテラシーに応じて、導入ステップとご利用方法をご提案いたします。

◯「幅広い拡張性」
顧客情報や案件情報、活動情報という基本的なSFA機能はもちろんのこと、メルマガを使った顧客育成、営業パーソン専用MA、オリジナルダッシュボードの作成など営業課題に応じて幅広い活用が可能です。
3
Kairos3 Sales
トップセールスに頼らない、営業組織に必要な仕組みを「Kairos3 Sales」で実現できます。

マーケティングオートメーションツール「Kairos3 Marketing」と連携して活用すれば、見込み客の獲得から受注までを管理できます。
売上を伸ばすために必要な業務を、デジタルの力で仕組み化します。


1. マーケティングから営業までを一貫支援し、
 トップセールスに頼らない営業組織を実現

「Kairos3 Marketing」と「Kairos3 Sales」を、開発不要で連携できます。
マーケティング活動で見込みが高い顧客を見つけ出すことで、トップセールスに頼らない営業組織をつくれます。


2. 初心者・経験者どちらのニーズも叶える機能設計
ITツールの利用がはじめての人でも安心して使いこなせるように設計しています。
オプション機能を追加することで、あらゆるマーケティング・営業活動にも対応します。


3. 2,000件の支援実績にもとづくサポート体制
創業から10年にわたり、2,000件のお客さまを支援してきました。
初期設定から施策運用のご相談まで、お客さまの成果を後押しするサポートサービスを揃えています。

DWHとは? 情報の一元化で全体企業力を上げる統合データ基盤|併用で相乗効果が期待できるIT製品も紹介

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「DHW(Data Ware House/データウェアハウス)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する DHWの基礎 […]

thumbnail

    CDPとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、CRMとの違い|業績向上に寄与するおすすめIT製品

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「CDP(Customer Data Platform)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する CDPの基礎知識C […]

    thumbnail

      「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

      今まではどの顧客にも同じ手法でアプローチしていく画一的な営業方法が一般的でしたが、市場の成熟化に伴い、それぞれの顧客に合わせて適切な営業活動を行うことの重要性が高まっています。 本記事では、顧客管理を的確に行うことで得られるメリットと必要なツール、顧客管理で失敗しないためのコツについて紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 顧客管理についての基礎知識営業の顧客管理で必要な項目顧客管理を行う際の主なツール顧客管理で失敗しないための […]

      thumbnail

        CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法

        顧客情報の管理を効率化するたにCRMを導入する企業が増えています。CRMに蓄積したデータを分析し、活用することによって、企業と顧客の信頼関係の構築や売り上げの向上につながります。そして、顧客のニーズを把握し、効果的な戦略を立案し、成果を出していくには「CRM分析」の活用も欠かせません。今回は、CRM分析の基礎知識とともに、主な手法と効果的に行うためのポイントを解説します。 CRM分析の基礎知識CRM分析の主な手法CRM分析を効果的に行うためのポイントCRM分析を活用して、自社の売上拡大を目指そう CRM分析の基礎知識 CRM分析を活用するためには、CRM分析について理解することが大切です。ここ […]

        thumbnail

          顧客管理システムとは? 導入メリット・注意点、選定ポイントとおすすめ製品9選

          「営業フローが属人化しがちで困っている」「Excelでの顧客情報管理に限界を感じている」「顧客情報を有効活用して、効率化できないかな」。そんな課題を抱える企業は多いはずです。顧客管理システム/CRMは、自社が顧客と良い関係を築き、維持、発展していくことを目的とするIT製品です。 本記事では、顧客管理システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する顧客管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 顧客管理システムの基礎知識なぜ顧客管理が重要なのか? 顧客管理システムがビジネスに与える影響顧客管理システム/CRM 製品選定の […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る