ITセレクト powered by 発注ナビ

CDPとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、CRMとの違い|業績向上に寄与するおすすめIT製品

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「CDP(Customer Data Platform)」です。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

CDPの基礎知識

CDPとは

CDP(Customer Data Platform)は、顧客データを一元管理し、統合・分析・活用するための基盤(プラットフォーム)のことを指します。自社の「顧客」に関する情報を包括的かつ一元的に蓄積し、マーケティング活動の効率化やサービスレベルの向上に寄与する情報を提供します。

 

CDPの目的

CDPの目的は顧客データの一元化と活用です。事業活動全般、複数のデータソースから収集された顧客情報を統合し、そのデータを分析します。例えば「顧客の行動パターンや好み」を把握できれば、「その人」に対してより適切で、個別に適合した(パーソナライズされた)活動を具体的に行っていけるようになります。

 

CDPの導入・活用シーン

CDPは特に、「顧客との関係性、親密さ」を重視する企業や業態、業務で用いられます。利用例としては、マーケティングキャンペーン、ターゲット顧客を細分化した上で実施する広告活動などが挙げられます。

 

CDPで得られるビジネス効果

マーケティングROIの向上

CDPの導入により、会社は顧客データをより効果的に活用できるようになります。個別に適合した(パーソナライズドされた)訴求によって、顧客の関心を引き付け、購買意欲を高めることができます。

これによって、マーケティング活動の投資収益率(ROI)の向上が大きく期待されます。

 

顧客満足度の向上

CDPで顧客の行動パターンや好みを把握し、それに基づいて設計、工夫したサービスを適切に提供することで、顧客満足度の向上が期待できます。継続的な購買が望めるファン、リピーターになってくれる確率も高められます。

 

CDPの機能が含まれる/連携・関連によって相乗効果が期待されるIT製品

「顧客情報とその関係性」を一元的にかつ効率的に管理するCRMは、特に併用されることが多いIT製品です。CDPとCRMはともに「顧客データを管理し、顧客との関係性を高める」ことを主目的に据えています。

CRM(顧客管理システム)

CRMは、取引先、購入者から、見込み客まで「自社の顧客」に関するあらゆる情報を一元管理して戦略的に活用していくためのIT製品です。DMPはCRMのデータと統合・融合でき、顧客の行動履歴や属性などのデータから「より緻密でピンポイント」な顧客対応力の強化を可能にします。

 無料で資料ダウンロード可能な「CRM」製品一覧

 

参考おすすめ記事 CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法
参考おすすめ記事 「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

CDPとCRMの違い

CDPとCRM(Customer Relationship Management)は、データの用途と管理範囲、アクション先などに少し違いがあります。例えば、CDPは「顧客の情報を集約・統合し、一元管理する」ことに重点を置くのに対して、CRMは主として「既存の顧客との関係性を管理すること」に特化しています。

とはいえ、CDPとCRMは「顧客関係の強化」や「ビジネス成果の向上」に向けたそれぞれの役割と目的は共通しています。また、どちらかの製品へそれぞれの機能を包括していることも多いです。自社が効果的に顧客関係を築き、競争力を高めるために、両方の機能、視点を統合的に活用することが重要といえます。

 

 

CDPはMA(Marketing Automation)ツールとも高い親和性があります。CDPの顧客データを活用して、マーケティング活動を自動化するといった効率化が期待できます。MAツールは、電子メールマーケティング、SNSマーケティング、Webサイトパーソナライゼーションなどの計画を強力に支援できます。

MA(マーケティングオートメーション)ツール

MAツールは、マーケティング活動を「自動化」し、効率化するためのIT製品です。顧客の購買プロセスが変容し続ける時代において「新規の見込み客(リード)獲得から、育成や見込み度別に選別し、成約の見込みが高い顧客を抽出する」といった、これまで属人化しがちで、知識や経験も必要だった高度なマーケティング活動とその行程を、集約したデータともとに自動化できます。

 無料で資料ダウンロード可能な「MAツール」製品一覧

 

参考おすすめ記事 MAツール導入の流れ|よくある失敗とその対策、導入事例3選
参考おすすめ記事 “リードをがっつり取りたい”企業のための「MA」戦略基礎知識|無料で始められるMAツール5選

 ビッグデータ分析ツール

ビッグデータ分析ツールとの親和性も高いです。CDPで収集した大量の顧客データをビッグデータ分析ツールを用いて解析することで、これまで得られなかった傾向やパターンを抽出できる可能性が高まります。自社が競合が知り得ないより深い洞察とともに、より戦略的な意思決定を行うことも可能になるでしょう。

 

「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひITセレクトの専門スタッフにご相談ください

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「どんな製品があるのかを知りたい」「どう選べばいいのか分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

 

今すぐ資料請求できる「SaaS」製品一覧

 目的別カテゴリーと無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

CPM分析とは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、CRM/RFM分析との違い|併用で相乗効果が期待できるIT製品も解説

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「CPM分析」です。 「CPM分析」に向けたおすすめ製品の資料を一括ダウンロードする CPM分析の基礎知識CPM分析で得られるビジネス効果CPM分析と関連する/連携・併用で相乗効果が得られるIT製品「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひITセレクトの専門 […]

thumbnail

    CRMアプリとは? 導入メリットと注意点、おすすめCRM 5選

    ビジネスの世界で競争が激化する中、顧客関係管理(CRM)は重要な存在になっています。顧客管理を行い、コミュニケーションの効率化をサポートするCRM製品は、顧客満足度の向上に欠かせません。しかし、数あるCRMの中から自社に合ったサービスを選ぶことは簡単ではありません。 本記事では、CRMの基礎知識から、導入する際のメリットと注意点、そして評価の高いおすすめのCRM製品まで紹介します。 CRMの基礎知識CRMを導入するメリットと注意点CRM製品を選ぶポイントおすすめCRM 5選CRMアプリで顧客満足度の向上を実現しましょう今すぐ資料請求できる「CRM」製品一覧 CRMの基礎知識 まずは、CRMに関 […]

    thumbnail

      医療・リラクゼーション業の課題を解決するCRMとは|メリットと選び方 おすすめ製品8選を比較

      「待合室はいつも混雑……。患者の予約と情報管理に追われているのでなんとかしたい」。医療機関やクリニックが抱えるこのような課題は、「医療機関のDX(デジタルトランスフォーメーション)」を担うITシステム、例えば「CRM」の導入によって解消できるかもしれません。 効率的な患者管理、予約システムの最適化などとともに、CRMの適切な活用によって医療サービス全般の質の向上にもつながると考えられます。 しかし、数あるIT製品の中から適切な製品を選ぶことは簡単ではありません。本記事では特に医療機関・クリニック・リラクゼーション施設が抱える課題を軸にCRMのメリットを深掘りし、選定時のポイントと選び方をご紹介 […]

      thumbnail

        BIとは? データドリブン型の「経営判断・意思決定」を支援するおすすめIT製品

        昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談す […]

        thumbnail

          コールセンター業務の課題を解決するCRMの選定と活用|おすすめ製品7選

          「コールセンターで収集した顧客情報が分散してしまう」──。 「顧客対応にばらつきが出て時間がかかる、コストも余計にかかる」──。 顧客からの問い合わせにすばやく対応しなければならないコールセンターにおいて、顧客を待たせてしまう対応は致命的です。顧客満足度や信頼に大きく影響するこれらの課題は、CRM、特にクラウド型CRMシステムの導入によってスッと解消できる可能性があります。 本記事では、「コールセンター業務のDX」を実現するCRMシステムの導入効果から主な機能と活用例、おすすめ製品と選定方法まで詳しく解説します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」「す […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る