ITセレクト powered by 発注ナビ

BIとは? データドリブン型の「経営判断・意思決定」を支援するおすすめIT製品

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス)」です。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

BIの基礎知識

BIとは

BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス/読み:ビーアイ)は、データドリブン(データ駆動)のビジネス意思決定を行うために、社内外のデータを分析して意思決定を支援する技術や手法、あるいはそれを行うIT製品・アプリケーションのことを指します。これにより、組織はデータドリブン型の意思決定を行うことができ、ビジネスの効率と効果を向上させることが可能になります。

BIの目的

BIの主目的は「ビジネスの意思決定を支援すること」です。膨大にあるデータを整理し、分析することで、ビジネス傾向や戦略パターンの発見に導きます。

会社は市場のトレンドを把握し、競争優位性を維持する情報を得られます。併せて、組織の効率性を向上させ、コスト削減に寄与したり、データを活用して新たなビジネスチャンスを発見したり、業績を向上させたりすることが可能になります。

BIの歴史と進化

BIの考え方は1950年台後半、現代のBIの概念として広く認識されるようになったのは1989年頃とされています。初期(1990年台~2000年台)のBIツールは主にレポート作成とダッシュボードによるビジュアル化した表示に焦点を当てていましたが、2024年現在のBIツールは「予測分析」や「AI・機械学習」などとともに高度な機能を備えるようになっています。

BIの導入・活用シーン

BIで得られる情報は業界や業種、組織、部署によってさまざまですが、特に「経営管理」「マーケティング」「営業」「人事」のシーンで多く使われ、主に経営層、マーケティング部門、BIエンジニア・IT部門の担当者が用いることが多いです。

 

BIで得られるビジネス効果

意思決定の根拠の明確化

BIツールは「データ」に基づいた意思決定を可能にします。経験やカンに頼るのではなく、客観的な根拠に基づいて意思決定ができるようになります。

業務効率の向上

ほとんどのBIツールは、データの収集、整理、そして分析までを自動化する機能を備えます。データ分析業務の効率を大きく高める成果が期待できます。

新たなビジネスチャンスの発見

BIツールは、データの分析によって新たなビジネスチャンスや市場トレンドの発見を支援できます。

競争力の強化

BIツールは、自社の持つデータ、競合他社や市場のデータも含めて分析し、評価することができます。自社の競争力を高める成果が期待できます。

収益拡大とコスト削減

BIツールはデータ分析によって、売上の拡大やコスト削減施策の立案を支援するための情報を提供します。

 

BIの機能が含まれる/連携・併用・関連によって相乗効果が期待されるIT製品

MA(マーケティングオートメーション)ツール

MAツールは、マーケティング活動を「自動化」し、効率化するためのIT製品です。顧客の購買プロセスが変容し続ける時代において「新規の見込み客(リード)獲得から、育成や見込み度別に選別し、成約の見込みが高い顧客を抽出する」といった、これまで属人化しがちで、知識や経験も必要だった高度なマーケティング活動とその行程を、集約したデータともとに自動化できます。

BIとMA(マーケティングオートメーション)はどちらも「データドリブン型によるビジネスの効率化」を目的にするツールですが、それぞれ異なる目的と機能を持ちます。

BIは「さまざまなデータ」の分析を可能とし、データの収集と分析に特化することでビジネス課題やその解決策を得たいシーンで活用されます。

MAは「営業活動やマーケティング業務の自動化や効率化」に特化し、主に営業・マーケティング活動を支援するためのツールとして導入されます。

 

 無料で資料ダウンロード可能な「MAツール」製品一覧

参考おすすめ記事 MAツール導入の流れ|よくある失敗とその対策、導入事例3選
参考おすすめ記事 3C分析とは? 目的と活用例、マーケティング戦略の強化に効くおすすめIT製品

 

CRM(顧客管理システム)

CRMは、取引先、購入者から、見込み客まで「自社の顧客」に関するあらゆる情報を一元管理して戦略的に活用していくためのIT製品です。顧客の情報を集積、管理し、分析して、適切なタイミングで最適なアプローチをかけるような業務を自動化していけます。「顧客管理と営業活動の最適化」に特化し、主に営業活動を支援するためのツールとして導入されます。

BIとCRMが連携することで、顧客データのより包括的な分析、迅速な状況把握、レポートの自動化、営業効率の向上などの期待効果とともに、より早く正確な意思決定を支援することにつながります。

 

 無料で資料ダウンロード可能な「CRM」製品一覧

参考おすすめ記事 CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法
参考おすすめ記事 「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひITセレクトの専門スタッフにご相談ください

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「どんな製品があるのかを知りたい」「どう選べばいいのか分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

 

今すぐ資料請求できる「SaaS」製品一覧

 目的別カテゴリーと無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

RPAとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、ERPとの違い|人力作業を“ロボット”で自動化し、効率化につなぐおすすめIT製品

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「RPA」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する RPAの基礎知識RPAで得られるビジネス効果RPAと関連する/併用 […]

thumbnail

    MESとは? ビジネスに与える影響とERPとの違い|製造現場の生産管理効率化とDX化に寄与するIT製品

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「MES(Manufacturing Execution System)」です。 \このカテゴリーに沿ったITセレクトおすすめ製品の資料を一括ダウンロード(無料)/ まとめて資料請求する MESの基礎知識MESで得られるビジネス効果MESの機能が含まれる/連携・併用・関連によって相 […]

    thumbnail

      データドリブンとは? 「2025年の崖問題」とは? その概念と仕組み、“何をやればいいのか”を分かりやすく解説

      ビジネスシーンにおける「長年の経験に基づく勘や自信」は大切な感覚であり財産です。しかし、重要な場面になればなるほど、直感よりも「正確なデータ、客観的なデータを求められる」ことが増えてきます。「それってあなたの感想ですよね」──。そう言われる前に「データ」で客観的に示し、相手を納得させ、信頼を勝ち取る。これがデータドリブンの考え方の基礎です。データドリブンの考え方を取り入れることで、デジタルデータに基づく客観的な根拠を提示できます。 この記事では、データドリブンの概要、その重要性、実践手順などを解説します。データドリブンについて知りたい方や活動のの説得力を高めたい企業や担当者はぜひ参考にしてくだ […]

      thumbnail

        IBPとは? ビジネスに与える影響とERPとの違い|併用によって相乗効果が期待できるIT製品

        昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「IBP」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する IBPの基礎知識IBPの主な要素と機能IBPがビジネスに与える影響IBPとの併用 […]

        thumbnail

          EPMとは? 目的とビジネスに与える影響、自社の業績向上に貢献するおすすめIT製品を紹介

          昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「EPM」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する EPMの基礎知識EPMが自社のビジネス、業績に与える影響EPMが含まれる/連携・ […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            MA-EYES
            案件収支管理システム
            Aladdin Office
            RobotERPツバイソ

            製品をもっと見る