ITセレクト powered by 発注ナビ

DWHとは? 情報の一元化で全体企業力を上げる統合データ基盤|併用で相乗効果が期待できるIT製品も紹介

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「DHW(Data Ware House/データウェアハウス)」です。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

DHWの基礎知識

DHWとは

DWH(Data Ware House/データウェアハウス)は、自社のビジネス活動、複数の情報源から収集されたデータを統合し、分析するためのデータベースです。貯めた膨大な情報から、企業の意思決定や戦略策定に必要な情報を「使いやすく整理した形で利用」するために用います。

 

DWHの目的

DWHの主目的は「ビジネスの意思決定を支援すること」です。膨大にあるデータを整理し、分析することで、ビジネス傾向や戦略パターンの発見に導きます。

 

DWHの導入・活用シーン

DWHで得られる情報はさまざまな、業務全般で活用できるものですが、特に「顧客行動の分析」「市場動向の把握」「財務データの収集」などのシーンで使われることが多いです。「将来の展望予測」などにも用いられます。

 

DWHで得られるビジネス効果

データの統合と一元化

DWHの導入により、自社にある、あらゆる/異なる/散らばっていたデータソースからのデータも統合され、一元化できます。これにより情報の整合性が高まり、より信頼性の高い分析が可能になります。

 

リアルタイムのデータ分析

DWHへ情報が集約されることで、常に最新の正しいデータで、そしてリアルタイムでのデータ分析が可能になります。市場動向の把握や競合情報などのデータも踏まえながら、迅速な意思決定を強力に支援します。

 

DWHの機能が含まれる/連携・併用・関連によって相乗効果が期待されるIT製品

DWHとCRM(顧客管理システム)は、「データ管理と一元化、活用」の面で似た機能を持ちますが役割は少し異なります。DWHは複数の情報原から得たデータを一元化し、「自社全体/ビジネス全体のデータを管理する」役割を持つのに対して、CRMは主に「顧客情報と関係性」のデータを管理し、販売やマーケティングの最適化を図ることを目的にします。

CRMとDWHが連携することで、顧客データをより包括的に分析し、顧客満足度や顧客忠誠度をさらに高める成果が期待できるといえます。

CRM(顧客管理システム)

CRMは、取引先、購入者から、見込み客まで「自社の顧客」に関するあらゆる情報を一元管理して戦略的に活用していくためのIT製品です。DMPはCRMのデータと統合・融合でき、顧客の行動履歴や属性などのデータから「より緻密でピンポイント」な顧客対応力の強化を可能にします。

 無料で資料ダウンロード可能な「CRM」製品一覧

 

参考おすすめ記事 CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法
参考おすすめ記事 「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

DWHはMA(マーケティングオートメーション)ツールと親和性が高いです。DWHとMAツールを連携して顧客行動データを収集し、分析し、得られた新しい知見を活用することで、さらなるマーケティング活動やマーケティング戦略の成果を見込めます。

MA(マーケティングオートメーション)ツール

MAツールは、マーケティング活動を「自動化」し、効率化するためのIT製品です。顧客の購買プロセスが変容し続ける時代において「新規の見込み客(リード)獲得から、育成や見込み度別に選別し、成約の見込みが高い顧客を抽出する」といった、これまで属人化しがちで、知識や経験も必要だった高度なマーケティング活動とその行程を、集約したデータともとに自動化できます。

 無料で資料ダウンロード可能な「MAツール」製品一覧

 

参考おすすめ記事 MAツール導入の流れ|よくある失敗とその対策、導入事例3選
参考おすすめ記事 “リードをがっつり取りたい”企業のための「MA」戦略基礎知識|無料で始められるMAツール5選

DWHとERP(基幹システム)も「企業全体」のデータ管理と活用の面で似ています。DWHは「データの統合と活用」が主軸であるのに対し、ERPはデータの統合も含めて企業全体の「業務プロセス」を統合し、管理し、効率化することを主目的とする製品です。DWHの機能はERPへ自然に融合、含まれていることもあります。

ERP(基幹システム)

ERP(Enterprise Resource Planning)は、企業活動に必要不可欠な経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」を一元管理し「自社全体」の業務プロセスの効率化や経営判断を強力に支援する統合基幹業務パッケージ/IT製品群です。財務、人事、製造、供給チェーン管理、営業活動や顧客管理など、企業のあらゆる業務を統合し、効率化を図ります。

 無料で資料ダウンロード可能な「ERP」製品一覧

 

おすすめ参考記事:ERPのメリットは? 「DX化」を進める企業に導入が広がっている背景と理由、デメリットと注意点

おすすめ参考記事:SaaS型ERPとは? メリットと選定時の注意点、導入すべき企業

BIツール

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールは、DWHから収集されたデータを分析し、ビジネス上の洞察を提供します。DWHとの連携により、より正確かつ包括的な分析が可能になります。

 

 ビッグデータ分析ツール

ビッグデータ分析ツールとの親和性も高いといえます。DWHで管理する大量のデータをビッグデータ分析ツールを用いて解析することで、これまで得られなかった傾向やパターンを抽出できる可能性が高まります。自社が競合が知り得ないより深い洞察とともに、より戦略的な意思決定を行うことも可能になるでしょう。

 

「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひITセレクトの専門スタッフにご相談ください

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「どんな製品があるのかを知りたい」「どう選べばいいのか分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

 

今すぐ資料請求できる「SaaS」製品一覧

 目的別カテゴリーと無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社の100%子会社です)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

ユーザーレビューランキング

順位製品名概要
1
コミュニケーションツール
「SONR」
SONRは業種・業界問わず中小企業で幅広く利用いただいている社内情報コミュニケーションツールです。
従業員同士の情報共有を簡単・シンプルを実現し業務の効率化をはじめ、共同作業・コミュニケーションの活性化が可能です。

・みんなが使えるディスカッションボード
SONRはテーマや話題ごとにディスカッションできます。
チャットツールにありがちな複数の話題でタイムラインが混乱するようなことがありません。

・確認ボタンでタスク確認と情報共有がラクラク!
SONRはコミュニケーションとタスク管理を同時にできるコミュニケーションツールです。
それぞれのメッセージにある確認ボタンで、終わった仕事を完了させます。

・低価格で提供可能
SONRは1組織3名まで「無料」で利用できます。
より多くの人で利用できる有料プランについても300名まで月額20,000円(税抜)で提供可能。

・取引先など、組織外のSONR利用者とコミュニケーションや情報共有が可能
これにより双方での情報共有が可能となり
住所や電話番号、社員情報など、取引先の情報を登録、管理する事ができます。
2
Ecrea
Ecreaは初めてSFA/CRMを導入する企業にとってピッタリなツールです。

◯「機能が選べる、だから安い」
Ecreaは機能を選べるコーディネート型SFAです。企業の営業課題を解決するために必要な機能のみを選んで導入することが可能です。
費用はもちろん選んだ機能の分だけです。(最小機能ならば月額1,000円からご利用可能)

◯「経験豊富なアドバイザーによる手厚いサポート」
Ecreaご利用企業をサポートするアドバイザーはいずれもサポート実績200社超のスタッフです。
企業が抱える課題とITリテラシーに応じて、導入ステップとご利用方法をご提案いたします。

◯「幅広い拡張性」
顧客情報や案件情報、活動情報という基本的なSFA機能はもちろんのこと、メルマガを使った顧客育成、営業パーソン専用MA、オリジナルダッシュボードの作成など営業課題に応じて幅広い活用が可能です。
3
Kairos3 Sales
トップセールスに頼らない、営業組織に必要な仕組みを「Kairos3 Sales」で実現できます。

マーケティングオートメーションツール「Kairos3 Marketing」と連携して活用すれば、見込み客の獲得から受注までを管理できます。
売上を伸ばすために必要な業務を、デジタルの力で仕組み化します。


1. マーケティングから営業までを一貫支援し、
 トップセールスに頼らない営業組織を実現

「Kairos3 Marketing」と「Kairos3 Sales」を、開発不要で連携できます。
マーケティング活動で見込みが高い顧客を見つけ出すことで、トップセールスに頼らない営業組織をつくれます。


2. 初心者・経験者どちらのニーズも叶える機能設計
ITツールの利用がはじめての人でも安心して使いこなせるように設計しています。
オプション機能を追加することで、あらゆるマーケティング・営業活動にも対応します。


3. 2,000件の支援実績にもとづくサポート体制
創業から10年にわたり、2,000件のお客さまを支援してきました。
初期設定から施策運用のご相談まで、お客さまの成果を後押しするサポートサービスを揃えています。

CDPとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、CRMとの違い|業績向上に寄与するおすすめIT製品

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「CDP(Customer Data Platform)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する CDPの基礎知識C […]

thumbnail

    「顧客管理」はなぜ営業活動に重要なのか? 顧客管理成功への秘訣、失敗しないためのコツ

    今まではどの顧客にも同じ手法でアプローチしていく画一的な営業方法が一般的でしたが、市場の成熟化に伴い、それぞれの顧客に合わせて適切な営業活動を行うことの重要性が高まっています。 本記事では、顧客管理を的確に行うことで得られるメリットと必要なツール、顧客管理で失敗しないためのコツについて紹介します。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ相談する 顧客管理についての基礎知識営業の顧客管理で必要な項目顧客管理を行う際の主なツール顧客管理で失敗しないための […]

    thumbnail

      CRM分析とは? 分析手法の基礎の基礎、成果を“すぐに”出す効果的な方法

      顧客情報の管理を効率化するたにCRMを導入する企業が増えています。CRMに蓄積したデータを分析し、活用することによって、企業と顧客の信頼関係の構築や売り上げの向上につながります。そして、顧客のニーズを把握し、効果的な戦略を立案し、成果を出していくには「CRM分析」の活用も欠かせません。今回は、CRM分析の基礎知識とともに、主な手法と効果的に行うためのポイントを解説します。 CRM分析の基礎知識CRM分析の主な手法CRM分析を効果的に行うためのポイントCRM分析を活用して、自社の売上拡大を目指そう CRM分析の基礎知識 CRM分析を活用するためには、CRM分析について理解することが大切です。ここ […]

      thumbnail

        顧客管理システムとは? 導入メリット・注意点、選定ポイントとおすすめ製品9選

        「営業フローが属人化しがちで困っている」「Excelでの顧客情報管理に限界を感じている」「顧客情報を有効活用して、効率化できないかな」。そんな課題を抱える企業は多いはずです。顧客管理システム/CRMは、自社が顧客と良い関係を築き、維持、発展していくことを目的とするIT製品です。 本記事では、顧客管理システムで実現する効果、導入メリットと主な機能、そして検討ポイントを詳しく解説します。あなたの会社とビジネスに適する顧客管理システムを見つけるための一助となれば幸いです。 顧客管理システムの基礎知識なぜ顧客管理が重要なのか? 顧客管理システムがビジネスに与える影響顧客管理システム/CRM 製品選定の […]

        thumbnail

          【2024年度版】クラウド型CRMの選定基準 おすすめ製品5選

          「顧客管理」に頭を悩ませることはありませんか? もしかして「毎日」かもしれません。そんな人に向け、この記事では「CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)」の基本から、現在主流のクラウド型CRMのメリット、おすすめの製品、そして選定のポイントまでを詳しく紹介します。個人事業主から中小規模企業も含めて、あなたの会社とビジネスに適するCRMを見つけるための一助となれば幸いです。では、早速解説していきましょう。 CRMの基礎知識「クラウド型」CRMのメリットおすすめのクラウドCRM 5選【個人事業主~中小規模企業向け】クラウドCRM選定に向けたチェックポ […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            Kairos3 Sales
            戦略箱ADVANCED
            Salesforce Sales Cloud
            営業DXサービス「Sansan」

            製品をもっと見る