ITセレクト powered by 発注ナビ

RPAとは? 主な目的と機能、ビジネスに与える影響、ERPとの違い|人力作業を“ロボット”で自動化し、効率化につなぐおすすめIT製品

author
ITセレクト編集部

更新

SHARE
X
Facebook
LINE
はてなブックマーク

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「RPA」です。

 

「自社に合う製品が分からない」

「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」

\そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/

今すぐ無料相談する

RPAの基礎知識

RPAとは

PRA(Robotic Process Automation/ロボットによるプロセス自動化)とは、人間が行っていた定型的な業務を自動化する技術、またはこの機能のためのプログラム/ソフトウェア/ツールのことを指します。

ここでの「ロボット」とは、物理的な機械ではなくプログラムやソフトウェアのことです。「人間の代わりに作業する」ことをイメージしやすくするために、また効率化を図るコンセプトを端的に伝える意図で用いたとされています。

RPAの目的

RPAの目的は、人間がPCなどを使って行っていた定型的な業務の自動化とそれによる業務の効率化、そこから生まれるコストダウンが挙げられます。

RPAの導入シーン

PRAは「データの入力」「書類の整理、保存」「ファイルの転送」など、人力で行われている単純作業、あるいは反復的な作業を自動化することができます。

 

RPAで得られるビジネス効果

  • 業務効率化と生産性の向上
  • コスト削減
  • 業務の正確さが向上
  • 働き手不足の解消・労働時間の低減

業務効率化と生産性の向上

RPAは、これまで人間が行っていた事務的な作業/定型業務を自動化することで、業務の速度や効率を大きく向上させる目的を持っています。

これにより業務の正確さも向上し、業務の効率化につながります。

また、業務効率化によって浮いた時間ができるので、それまでその業務を行っていた人は、例えば営業活動や事業計画の立案といったクリエイティブな業務へ専念できるようになります。営業支援や他の業務効率化に向けた考察といったことにも時間を割けるようになります。会社にとって、自身にとって、新しい付加価値を生むことに集中できるようになります。

コスト削減

もう1つは「コスト削減」です。これまでであれば多くの人手を使っていた業務をPRAを利用することで自動化できれば、人件費の削減が期待できます。また、紙などに出力して行っていた業務や各種の事務作業にかかっていた費用などの削減できるでしょう。

業務の正確さが向上

RPAは人間が人の手でやってきた作業を代替することで、作業の間違いが起こる可能性を大きく減らせます。RPAはプログラムなので、その前段階の指示さえ誤りがなければ決まった動作を間違えることはありません。

働き手不足の解消・労働時間の低減

RPAを導入することで、これまで定型的な業務に忙殺されていた人材をその業務から開放してあげることができます。より生産的な業務へ割り当てたり、あるいは必要と分かっていつつも手を出せていなかった業務などへ時間と労力を割けるようになります。

 

RPAと関連する/併用で相乗効果が得られるIT製品

●ERP(基幹システム)

ERP(Enterprise Resource Planning/基幹システム)は企業活動に必要不可欠な経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」を一元管理し、属人化させずに有効活用するという考え方、およびそれを実現するためのIT製品です。

PRAはそれに必要なデータなどの正確性を高め、全体的な行程を効率化する機能を提供します。それぞれを連携させることで、業務に関連する必要な情報を「正確に」「迅速に」ERPへ集約することが可能になります。

 無料で資料ダウンロード可能な「ERP」製品一覧

参考おすすめ記事 データドリブンとは? 「2025年の崖問題」とは? その概念と仕組み、“何をやればいいのか”を分かりやすく解説
参考おすすめ記事 ERPのメリットは? 「DX化」を進める企業に導入が広がっている背景と理由、デメリットと注意点

 

●会計システム

会計システムは、「経理業務」をデジタル化、かつ自動化して効率向上につなげるIT製品です。請求書の作成や支払いの管理など、定型的な業務を多く含むため、RPA的機能を標準で備えていることが多いです。RPAとの親和性は特に高いと言えます。

 無料で資料ダウンロード可能な「会計システム」製品一覧

参考おすすめ記事 【電子帳簿保存法とインボイス制度への対応】2024年度版 経理ソフトの選び方
参考おすすめ記事 【個人事業主/小規模企業にも対応】 無料で効率化する会計管理の方法と注意点|無料で始められる会計ソフト5選

 

●経費精算システム

経費精算システムは、企業活動に関わる「経費清算」を効率的にし、同時に管理・連携できるIT製品です。領収書のデータ入力、経費の計算、経費申請フォーマットに準じた入力などの定型的な業務を多く含むため、RPAと高い親和性があります。

 無料で資料ダウンロード可能な「経費精算システム」製品一覧

参考おすすめ記事 エクセルで実践する経費精算管理 無料でできる管理シートの作り方と「エクセル管理の意外な限界」
参考おすすめ記事 クラウド型「経費精算システム」の効果と選定方法|無料で始められる経費精算システム4選

 

 

●受発注システム

受発注システムは「受注、発注業務」を一元管理し、効率化するIT製品です。受注や発注を行う上で必要なさまざまな機能を集約し、受注管理から在庫管理、さらには出荷管理まで、一元化したデータのもとで、正確かつ作業の効率化、迅速化が期待できます。注文の受け付けや発注の管理など、定型的な業務が多くあるので、自動化機能の活用でさらなる高い効果が期待できます。

 無料で資料ダウンロード可能な「受発注システム」製品一覧

参考おすすめ記事 発注ミスの原因と対策|ミスを起こした場合の対処法と予防する方法
参考おすすめ記事 受注管理システムとは? 費用相場と主な種類、導入のメリット・注意点

 

 

●請求書発行システム

請求書発行システムは、会計システムや販売管理システムと連携し「請求書の作成・発行・送付・受領業務を効率化、自動化」できるようにするIT製品です。受発注システムは「受注、発注業務」を一元管理し、効率化するIT製品です。請求書の作成や送付など、定型的な業務を多く含むため自動化機能による大きな効果が期待できます。

 無料で資料ダウンロード可能な「請求書発行システム」製品一覧

参考おすすめ記事 請求漏れが起こる主な原因は? トラブル対処法と事前に防ぐ方法
参考おすすめ記事 請求書発行業務を効率化|「無料」で始められる請求書発行システム5選

 

 

●帳票システム

帳票システムは、請求書や見積書、納品書などの帳票を「電子化」し、一元管理できるようにするIT製品です。見積書や請求書、報告書など、これまで「紙」で行われていた帳票の管理を電子化し、システム上で一元管理できるようにします。帳票の作成や管理など、定型的な業務を多く含むので、自動化による成果が大きく見込めます。

 無料で資料ダウンロード可能な「帳票システム」製品一覧

参考おすすめ記事 「電子帳簿保存法」対応のシステムは必要? まだ間に合う? 気になる疑問、対策手段を分かりやすく解説
参考おすすめ記事 帳票システムとは? 主な機能と導入メリット、失敗しない選定方法|おすすめ製品6選

 

 

●販売管理システム

販売管理システムは「商品の受注から納品まで、お金や商品の一連の流れをシステム上で管理する」ためのIT製品です。小売業や卸売業にとって欠かせない業務フローである「客から代金を受け取り、商品を引き渡すまでの流れ」を電子的に正しく記録し、管理できます。販売データの入力や分析などの定型的な業務を多く含むので、RPAの自動化機能も大きく関連します。

 無料で資料ダウンロード可能な「販売管理システム」製品一覧

参考おすすめ記事 販売管理システムとは? DX対応「販売管理システム」の基礎知識と選び方、おすすめ製品6選
参考おすすめ記事 「Excelではもう限界だ…」 クラウド型「販売管理システム」の効果と選定方法|無料で始められる販売管理システム3選

 

 

●在庫管理システム

在庫管理システムは、保有する「商品や資材の在庫状況をデジタル管理」するためのIT製品のことです。入出庫情報を記録して的確に集計、管理するだけでなく、「余剰在庫や欠品を生み出さない」ための数々な機能を搭載します。在庫の確認や発注など、定型的な業務を多く含むため、RPA/自動化の機能によって効率化と信頼性向上が見込めます。

 無料で資料ダウンロード可能な「在庫管理システム」製品一覧

参考おすすめ記事 在庫管理を「自動化」する方法|時代遅れの「経験やカンだけ」に頼らない在庫管理システムの選び方
参考おすすめ記事 デジタル時代の「在庫管理」システム選定方法 重要チェックポイント、導入のメリットと注意点を解説

 

 

「どの製品がいいのか分からない…」そんなときは、ぜひITセレクトの専門スタッフにご相談ください

「自社に合うIT製品・サービスが分からない」「どんな製品があるのかを知りたい」「どう選べばいいのか分からない」「時間をかけずに効率的にサービスを検討したい」というご担当者様は、ぜひITセレクトの専門スタッフまでお問い合わせください。適切なIT製品・サービス選定を最後までサポートいたします。

 

今すぐ資料請求できる「SaaS」製品一覧

 目的別カテゴリーと無料で資料ダウンロード可能な製品はこちら

専門スタッフへ相談

会社名必須
お名前必須
部署名必須
日中つながる電話番号必須
メールアドレス必須
ご質問・ご要望等任意

専門スタッフへのご要望を記載ください(例:2ヶ月後までに勤怠管理システムを導入したい 等)

ご確認事項

  • ご登録いただいた情報は、共同事業者である発注ナビ株式会社(以下「発注ナビ」といいます)が取得いたします(発注ナビはアイティメディア株式会社(以下「アイティメディア」といいます)の100%子会社です)。また、各種ご連絡のため、アイティメディアにお客さまのお名前とメールアドレスほかの登録情報を電子ファイル等で提供します(アイティメディアにおける個人情報の取扱いについては「個人情報の取り扱いについて」ページをご確認ください)。
  • 案件の詳細をお伺いするため、発注ナビよりご連絡差し上げる場合があります。

お申込みには、発注ナビ株式会社の「利用規約」「個人情報の取り扱い」及び発注ナビからのメール受信への同意が必要です。

MESとは? ビジネスに与える影響とERPとの違い|製造現場の生産管理効率化とDX化に寄与するIT製品

昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「MES(Manufacturing Execution System)」です。 \このカテゴリーに沿ったITセレクトおすすめ製品の資料を一括ダウンロード(無料)/ まとめて資料請求する MESの基礎知識MESで得られるビジネス効果MESの機能が含まれる/連携・併用・関連によって相 […]

thumbnail

    BIとは? データドリブン型の「経営判断・意思決定」を支援するおすすめIT製品

    昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス)」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談す […]

    thumbnail

      データドリブンとは? 「2025年の崖問題」とは? その概念と仕組み、“何をやればいいのか”を分かりやすく解説

      ビジネスシーンにおける「長年の経験に基づく勘や自信」は大切な感覚であり財産です。しかし、重要な場面になればなるほど、直感よりも「正確なデータ、客観的なデータを求められる」ことが増えてきます。「それってあなたの感想ですよね」──。そう言われる前に「データ」で客観的に示し、相手を納得させ、信頼を勝ち取る。これがデータドリブンの考え方の基礎です。データドリブンの考え方を取り入れることで、デジタルデータに基づく客観的な根拠を提示できます。 この記事では、データドリブンの概要、その重要性、実践手順などを解説します。データドリブンについて知りたい方や活動のの説得力を高めたい企業や担当者はぜひ参考にしてくだ […]

      thumbnail

        IBPとは? ビジネスに与える影響とERPとの違い|併用によって相乗効果が期待できるIT製品

        昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「IBP」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する IBPの基礎知識IBPの主な要素と機能IBPがビジネスに与える影響IBPとの併用 […]

        thumbnail

          EPMとは? 目的とビジネスに与える影響、自社の業績向上に貢献するおすすめIT製品を紹介

          昨今、早期の対応や実践が叫ばれる「企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)」。このDXを実践、検討していく中でよく登場する「聞き慣れない単語/略語」から、IT製品の活用において「実はあまり理解していなかったかもしれない用語/略語」「これから使っていくかもしれない言葉」をピックアップし、サクッと解説します。今回は「EPM」です。 「自社に合う製品が分からない」 「時間をかけず効率的にサービスを検討したい」 \そんなときはITセレクトの相談専門スタッフが、ニーズに合った製品をご紹介します/ ⇒今すぐ無料相談する EPMの基礎知識EPMが自社のビジネス、業績に与える影響EPMが含まれる/連携・ […]

          thumbnail

            カテゴリー関連記事

            関連記事をもっと見る

            この記事と同じカテゴリーの製品

            MA-EYES
            案件収支管理システム
            Aladdin Office
            RobotERPツバイソ

            製品をもっと見る